2019/3/3  0:19

オードリーのANN10周年全国ツアーin武道館  お笑いライブ

面白かったーーーーー!
ただただ面白かったです!

本当に簡単レポ!

クリックすると元のサイズで表示します

今原稿を抱えていて時間が取れないので、
早く行かなきゃ買えない物販はハナから諦めてました…
それでも開演にはちょっと時間があったので。
久々に靖国神社にお参りしてきました。
軍用犬の銅像のわんこも撫でてきましたよ。

リトルトゥースグッズを身に着けて人たちも
ちょいちょい見受けられました。
私と違って前日や朝早く来て物販に並んだのだろうねぇ…
リトルトゥースの鏡だわ…


でもって靖国のすぐ横の武道館に移動〜。
この時点でグッズは完売してました。

正面にドーン!
クリックすると元のサイズで表示します


お花はパノラマ仕様にしてみました。
こちらは会社系。
クリックすると元のサイズで表示します

こちらは芸人さんからのお花〜。
クリックすると元のサイズで表示します
まだまだいっぱいありましたよ。


横のテントでは実物大カンバンとの写真コーナーも。
こちらも大行列でした。
クリックすると元のサイズで表示します


観客の男女比は半々くらいでしたよ。
どちらもアラサーからアラフィフくらいが一番多い感じ。
ラスタカラーTシャツを着用している人多し!

本当に武道館の全部にギッシリ人が入っていました!
12000人ですって!
私の席は2階のほぼ真後ろに近い席だったけど、
全方向にビジョンが設置されていたので、
特に問題はありませんでした。

関係者席にマスクをした若い女の子達がずらっと座っていたけど、
たぶん日向坂ちゃんたちだな。


そして待望の開演!
ざっと箇条書き。

・客席から登場。

・普段のラジオのように机をはさんで座りトーク

・若林のフリートークは
 「フリースのイタコ」「小笠原のイタコ」

・春日のフリートークは
 「狙女(そじょ)と伊豆旅行×4」
「狙女親族と春日親族との会食(椿山荘)」

・チェ・ヒロシのコーナーで狙女登場
 (春日は狙女が会場に来る(出演する)のを
 まったく知らなかったらしく大変動揺してました)
 会場ももちろん悲鳴に近いどよめきがおきました
 

・休憩15分
 (合間にANNにかかわりのあるゲストさんのコメントが流れる)

・バー秀登場 
 いつものカセットテープ芸とYMCA

・ビトさん登場
 アウトレイジものまねと「浅草キッド」熱唱

・松本明子登場
 アイドル時代のワンピースを復元した衣装で
「オス・メス・キス」の生歌披露 
 おねーさん、普通に歌がうまい
 会場を手押し車で回ったあと、最後に春日と熱いキス

そして! 
シークレットゲストに梅沢富美男が登場!
梅さま登場がわかった時の歓声がすごかった
・「夢芝居」を熱唱、後半は若林のラップ(梅さまの武勇伝)とのコラボ
・ケツバットの再現
・なぜか松本明子に唇を舐められる

・下ネタだらけの「死んでもやめんじゃねーぞ」

・ラジオ形式はここで終了 いったん舞台からはける

・そして!最後は30分近いオードリ−の漫才!
若林のフリートークを基にした、春日のイタコ芸(顔芸)
 時々お互いがアドリブをぶっこんできて、
 それがまた面白かった!

いや〜もう〜、盛りだくさんすぎ! 楽しすぎ!
4時間近く座りっぱなしでおしりが辛かったけど、
それを忘れるくらい楽しい時間でした。


まさかね〜、
梅沢富美男の生歌が聞けるとは思わなかったよ!
これは本当に嬉しかった。
今TVに出ずっぱりで忙しいだろうに、よくぞ出てくれたよなぁ。
梅さまも「武道館で歌えて嬉しい」というコメントを
してくれてましたよ。

そして!
まさかの”春日の狙女”ことK美さんが登壇するとは!
マスクで顔は隠していたけど、
全然ポッチャリしてないじゃん!

こうやって表に出てくるということは…
まあ…結婚が近いってことだろうな、うん。
春日ファンはちょっとショックだったかも。
やっぱり、実物見ちゃうとねぇ…

帰りには、ニチレイさんが来場者全員にプレゼントをくれましたよ。
ふかひれスープのレトルト、12000人分!
太っ腹! ありがとうございます!


は〜… 楽しかった… 楽しさしかなかった。


真裏(?)の時間でやってた札幌戦はひどい負け方をしたようなので、
こっちに来て本当に良かったよ


さあ、1時からのANNを聞いて原稿がんばろう!

武道館参戦組のみなさん、お疲れ様でした!
8



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ