2021/3/17  16:58

仮面ライダービルド完走!  推し活

推し作品を語ります!長いです!
仮面ライダービルド、本編完走しました!

戦兎の言葉を借りれば「最高だ!」です!
最高のバディものじゃないですか!
もう、これ以上ないエンディングですよ。
私は大好き!!

ああもう、なんでリアルタイムで観てなかったのか!
リアルタイムで見て、SNSなんかで盛り上がりたかったよ、語りたかったよ!

早いうちからパンドラボックスや敵について謎解きが始まって、
味方が裏切り敵が寝返り、本当に一話ごとに振り回される物語の面白さ!
キャラもしっかりしていたので、
それぞれの退場の時は本当に悲しく寂しく思いましたよ。

そして最初から一貫して変わらないのが戦兎と万丈の相棒関係。
それは最後の最後まで変わらない。
戦兎が消滅寸前の万丈を救い、
あの世界で孤独で消え入りそうな戦兎を今度は万丈が救った。
ネタバレになるから書けないけど、もうここらで涙ダバーッですよ。

犬飼くんのスンとした感じと、
赤楚くんのクルクル変わる表情の対比が実に良かったなぁ。
これは… 薄い本もいっぱい出ただろうな…


スピンオフも劇場版も一気に完走!
一応見る順番はあるらしいけど、適当にみちゃいました。

・劇場版仮面ライダービルド Be The One

まだ最終回前の話。 
第45話と第46話の話らしいです。  
ブラック万丈が楽しめる作品!
そして物理的な「Be The One」が見られて歓喜でした。
万丈の「ダメです!」がかわいらしくてそこだけ何度もリピートしましたよ。
兎と龍は最初からニコイチだということはここでも描かれてましたね。


・劇場版仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL
 ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー

これはまだグリスが登場する前の話。
時系列上ではテレビシリーズの第14話と第15話だそうです。
お話を短くまとめれば
「戦いの意味について悩む万丈を、仮面ライダーが総動員で説得する」です!
意外と万丈が目立ってました。

”並行世界”にいる仮面ライダー達が
(ビルド・エグゼイド・ゴースト・鎧武・フォーゼ、・オーズ) 
勢ぞろいで戦闘シーンも豪華だった〜。
特にオートバイで集団走行は圧巻!  

この中で私が見ていたのは 鎧武だけでした… 
鎧武は 「まどかマギカ」の虚淵玄さんが脚本だったので見てました。

並行世界って、もうここで最終回のネタバレしてたじゃん!
あわわわとなりながら見てましたよ。


・スピンオフ 
「ビルドNEW WORLD 仮面ライダークローズ」

これは最終回あとの話。
ぺこぱ風に言えば「時を戻そう」、
そして「お前生きとったんか〜い」なお話。
そしてなんと相棒が戦兎じゃなくて××!

これは当時賛否両論あったんじゃないかなぁ。
あんなにきれいに終わったのにって。
最終回があまりにもホロ苦エンドだったからキャラの救済もあったのかな。
とにかく赤楚くんの万丈のビジュアルは最高です。

ただ!本編には全く出てこなかったキャラとのチューは…
あれは認めたくない〜!


・スピンオフ 
「ビルドNEW WORLD 仮面ライダーグリス」

これはクローズ編のあとのお話。
戦兎(オシャレパーマ)と万丈(黒髪)の髪形が変わっていたのは
時間経過を表しているのかな?
ま、実際は撮影時期の問題なんだろうけど。
これはもう文句なしに楽しめました。

とにかく「カズミン、良かったね!」なお話。
ついでに幻徳と紗羽さんもおめでとう!
三羽ガラスの活躍や
葛城先生・葛城巧もでてきて、キャラ総出演で満足感いっぱい!
葛城巧と佐藤太郎が並んで話してるシーンはキタ━━!!って感じでした。

最後は主役のグリスはもちろん
ビルド・クローズ・ローグそしてマッドローグまででてきて
本当に最終章って感じです。
満足でした〜。



あとひとつ、「ジェネレーションズ FOREVER」はまだ未視聴。
おいおい見ていきます!

TELASAは日割りで済む期間内に解約しようと思っていたけど、
ビルドをもう一周いや2周くらいしたいので、
公開期限が切れる31日まで延長するか〜。

そのあとはAmazonプライムで赤楚くんがでている「仮面ライダーアマゾン」を見るのだ。
いや先にTVerの「わたし旦那をシェアしてた」を見よう。


 クリックすると元のサイズで表示します

今月買った雑誌の一部。
ビルドのクロニクルは未公開写真や別角度写真が載ってて
実にお買い得な一冊でしたよ!

あ〜はいはい、沼、沼!

2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ