2009/5/29  21:18

ありえない間違い…  お仕事

仕事終わった〜〜!
今回も例に漏れず遅れてしまった……。
編集さんいつも本当にごめんなさい

で、タイトルの件なんですけど。

原稿を渡す予定日が押しに押して一日伸びそうだったので、
そのお知らせとお詫びを編集さんに送ろうと
編集さんからのメールを開いたんですよ。
それには締切日とページ数が書いてありましてですね、
なにげなくそれを確認したら…。
○日〆切(日にちは怖くて書けない)で
ページ数 30P とあるではないですかっっ

え……?
今手元にあるのは、あとは数ページをトーンで仕上げるばっかりの
32P なんですがっっ


そうなんですよ……
ページ数間違えて描いてたんです〜〜〜っ!!

ここの雑誌はわりと、というかかなり自由に描かせてもらえるところなので、
(もちろんテーマはあるけど)基本ネームのチェックはナシなんですよ。
いつも大体32Pなので、今回もそうだと思い込んで描いちゃってた……。

あわてて編集さんにそのことを相談したけど、ページ数を動かすことは
もう出来る段階ではないと。
……〆切だいぶぶっちぎってますしね
もう”代原”か”再録”しかないかもということに。
せっかくテーマに沿って描いたので、それはなんとか避けたい。
編集さんのほうももう写植作って待っていてくれているし。
で、改めて原稿を見直すと……
ありました!
2P削れるところがありました!
しかも見開きの2Pなので、うしろのページにも支障がない!

漫画を描くときには”右ページ・左ページ”を意識して描くのが
基本中の基本なので、飛び飛びのページで削るとページ構成が崩れちゃって
もう見るも無残な状態になるのですよ。
セリフや絵が本の”ノド”に隠れて見えなくなっちゃったりね。

なので、続きで見開きの2Pが削れるところがあって本当によかった〜!

その発見をすぐに編集さんに伝え、前後のページで”辻褄あわせ”のセリフを
追加してなんとか、なんとかなりました〜〜〜!

いや〜……
こんなミス初めてですよ。
やっちゃいけないですよね。
編集さんにも迷惑かけるし、なにより2p分の労力の消費がっっ!

もう本当にこれから気をつけます。

で、これが今回のボツ原稿。
嫁と姑系です。
トーンも途中まで入ってましたよ。
クリックすると元のサイズで表示します

机の上が汚いのと左上の「お笑いポポロ」は気にしないで下さい。

……。
最近、オードリーが気になるんですよ。
なんだろう、若林のこのかわいらしさは。
子犬とかカワウソ的な。
2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ