2014/1/24  0:53

聖地訪問!「はやしや」  雑記

行こう行こうと思っていたのになかなか行けなかった聖地に
やっと行けました〜!
そう!
春日のごひいき、阿佐ヶ谷の「はやしや」です〜!
今更過ぎる訪問ですね
しかも行ったのは先週というね…
また間が空いちゃいました。

お付き合い下さったのは、「まんたの」レポでもおなじみ、
浦和のコアサポのkeiさんです。
直接お会いしたのは「たりないふたり」以来かな〜。

クリックすると元のサイズで表示します

これは阿佐ヶ谷駅の南口。
はやしやは北口にあります。

北口を出てすぐ右の横断歩道を渡り、ガード下沿いの
たこ焼き屋さんがある道をしばらく歩くと…

クリックすると元のサイズで表示します

ありました!
TVで見たとおりの店構えです。
かなり早めに着いてしまったのでまだ準備中でした。

待ち合わせの時間まで阿佐ヶ谷の商店街をブラブラ。
「春日がドッキリ壊しをしてしまった漫画喫茶(シャワー付)はこれかな?」
「コーヒーショップがいっぱいでいいな〜」
「商店街、長っ!」
などと思いながらお散歩しましたよ。
商店街はいろんな店が充実していて見ていて面白かった〜。
価格も安めみたいです。
そりゃ春日も気に入って引っ越さないよな〜と思いましたよ。

keiさんと合流していざ「はやしや」へ!

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは店内。
奥が入口です。
時間が早かったのでしばらくは貸切でしたよ。
でも日によっては予約も取れないくらい混むことがあるみたいで、
ご注意です。
ちなみに私たちは「ぐるナビ」経由で予約を取りましたが、
急いでいる方は直接お店に電話した方が早く予約確定できますよ。

でもってこっち側(厨房近く)は…

クリックすると元のサイズで表示します

見覚えある半個室です。
そうです!
よく収録でみかけるところです〜!!
春日はここに座って食べてるのか〜と感慨深かったです。

まずお通し。
クリックすると元のサイズで表示します
画像ボケててごめんなさい。
お豆腐の熱々の野菜あんかけ。
しょうががきいてて体が暖まるやさしい味でした。

他に食べたのは…
クリックすると元のサイズで表示します
鯵のお刺身

クリックすると元のサイズで表示します
オニオンフライ
濃厚なトマトサワークリームがついていましたが、
テーブルにあった藻塩で食べたら美味しかったです。

クリックすると元のサイズで表示します
チーズとトマトの炊き込みご飯
これもボケボケ
2人で一合を頼みましたが、けっこうお腹一杯になりましたよ。

クリックすると元のサイズで表示します
野菜鍋

2人とも酒飲みなので、酒ばっかり飲んでて
思ったより食べてないな〜。
そして会話はやっぱりレッズのことばかり。

春日JAPANメニューで頼むつもりだったけど、
うっかりメニュー復習を忘れてて、結局好きなものを頼んじゃいました。
自分でブログに書いていたのにね…orz
どれもやさしい味で美味しかったです〜。

途中で店主さんが店内にでてきて常連さんとお話をしていたので、
その去り際に私たちも話しかけちゃいました!
そこで話したことは…

・やはりオードリーファンの方の来訪が多い
・だいたい春日JAPANを頼む
・オードリー関係のイベントがあると予約で満席になる
(特に中野近辺でのイベント)
・春日は年末にも来てくれた
・連れは想像通りサトミツや水口D
・意外にみんなに気付かれないらしい
・多いときは月に2〜3回は来てくれる
・春日がTV収録で買ってくれたプリンが大好評で
 今度柏の高島屋の催事に出店する

そんなお話をしてくれました〜。

トイレでははやしやが出た「おどおど」や
「お願いランキング」などのDVDが小さな画面で流れてて、
もう、オードリーの聖地といって過言ではないです!
そしてもちろんお店の中にも春日コーナーが!

クリックすると元のサイズで表示します
一番下の右に映っていらっしゃる方はもしかして…
う〜ん、似てるねぇ。

本当に今更すぎる来訪だったけど、やっと行けてよかった〜。
今度行く機会があったら、自分のブログで復習していかないと!
ごちそうさまでした!


************************

そろそろ切羽詰ってきたのでまたまた潜ります〜。

いつも見に来ていただいてありがとうございます!
拍手コメントやメッセージもありがたく拝見してます〜。
お返事かけなくてすみません〜。
いつも書いてくださる常連さま、本当にありがとうございます!

18



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ