旧ネーム (まさじぃ)です!

2016/2/20

おさるのジョージ  ベビー

広島ブログ

「おさるのジョージ」  

NHK Eテレで 毎週土曜日午前8時35分から放送中

クリックすると元のサイズで表示します

ドイツ生まれでアメリカに移住した

絵本作家のレイ夫妻が1954年に制作した

「ひとまねこざる」が約半世紀を隔てた1999年

アメリカの絵本作家ヴァイパーによって

「おさるのジョージ」として編集・改編され

現在、日本でも幼児達の人気の的になっている。



日本でも以前からアニメは多くの物が制作されて

幼児達の人気を集めてきたが

日本で放映される「アンパンマン」や「ドラえもん」とは

少し、異種の感が有るようだ。



バイキンマンが特殊な技量によって

色んな邪魔や悪事を行いながら

最後には「アンパンチ」一発で片付けるドラマ構成の

アンパンマンは、色んなキャラクターを登場させる奇抜さは有るが

ヒーローが絶対の強さを持つ痛快系のアニメである。



ドラえもんは、ご存知のようにドラえもんのお腹の中から

色んな道具を即座に出してみせて

ひ弱な、のび太を助けるという

こちらも、ドラえもん頼りの

どちらかと言えば痛快系のアニメである。



両方のドラマや最近日本で他に人気を博している

アニメに共通して言えるのは

現実では有りえない事や現象を起こして

事件を解決するというもの・・・



その点「おさるのジョージ」の登場人物は

普通のこざるのジョージと、人間の黄色い帽子をかぶったおじさん

主人公のジョージは何の特殊技量も技能も持っていないが

とにかく、知りたがりで何事にも興味を持つサル・・



何事にも興味深々で、ひとまねをするので失敗をしやすいが

チャレンジ精神旺盛で、ひるむことなく色んな行動をして

最後には周囲の人間を感心させてしまうというストーリー



まさに幼児の子を持つ人の親からすれば

自分の子供にそうなって欲しいと願う

身の丈ストーリーと言えるでしょう。



「おさるのジョージ」が一番好きな

我が家の孫の女の子が、いつの間にか

おさるのジョージ、そのものに見えてきた・・・
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ