旧ネーム (まさじぃ)です!

2016/7/27

本人の覚書・・治療費支払  本人の覚書

昨日、限度額認定書が自宅に郵便で届いていたので

会社を早めに早退して

広島市民病院から来ていた先日の入院治療費を

支払いに行く。



もう少し早く出たかったが

何かと会社の業務をしていると出遅れてしまった。

病院に着いたのが、午後4時半過ぎ・・

会計受付けは5時に閉まりますと書いてあったが

まだその段階ではあせっていなかった・・

30分あれば充分だろうと・・



しかし、慣れない大きな病院は困る。

カウンターの何処に行ったら良いのか判らない。

とりあえず、1階の会計窓口に行ってみたが

「ここではありません、隣です!」と言われる・・

その隣に行ってみると

「これは請求書の書き換えが必要なので、

  この建物の10階事務室に行ってください!」と言われる・・

大きな建物を歩いてEVに行き、そして10階へ・・

長い時間掛かって、請求書の書き換えが済んで・・

そこで支払が完了するものと思っていたら

また、1階に降りて会計窓口に並んでくれと言う・・

たらい回しじゃ 無いか・・((プンプン

しかも、もう5時は直前になっていた。



そこで聞いてみたが

『支払は、時間が過ぎても間に合うんですか?』

事務担当の女の人は冷たく、一言・・

「5時過ぎたら会計窓口は閉まりますから、急いでください!」



あわててEVを降りて、何とか支払が完了した。

やれやれ、下手をすれば、また再度支払いに来ないといけない所だった。

しかし、20万を超える入院治療費が約1/4になったのだから

感謝すべきか?



しかし、本当はまだ関門が続いていた・・

駐車場に車を停めて行ったのだが・・

外来の患者や付き添いは24時間停められるらしいが

見舞いやその他の用件については30分しかサービスがない・・

入院治療した結果、大金を払いに来たのに

なんというサービスだ・・



しかし、怒っている暇はない・・

急いで駐車場を出なければ・・
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ