旧ネーム (まさじぃ)です!

2018/10/26

良く働く水たち・・太田川発電所  可部

クリックすると元のサイズで表示します

可部街道国道54号線の中島方面から八木方面へと抜ける

太田川橋の西詰河岸付近をよく観察してみると

かなりの水量の黒ずんだ水が常に流れているのを目にする。

上の写真の下半分の太田川上流から流れてくる

水の色や下の写真の川の水の色と比べてみれば

一目瞭然で違いが判る。


おびただしい水の量とこの色の違いから推測して

ルートは判らないが、太田川橋の少し上流にある施設

太田川(水力)発電所の“働いた水“の放流に間違いないで有ろう。

高さ39mから毎秒50㎥の水が落下して、水力発電のタービンを廻す。


10km上流の間の平ダムで一度タービンを廻した後

再度この太田川発電所でタービンを廻し

よく仕事をした後に、やっと太田川に無罪放免となる水達・・

思わず「お疲れさま!」と声を掛けたくなる。

ゆっくり休んでください。


この太田川発電所で仕事をした水の一部が

近くを流れる八木用水にも、一部合流して放流されている。

クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ