旧ネーム (まさじぃ)です!

2018/12/30

蓄電器の故障・・スマートスター  生活

クリックすると元のサイズで表示します

2018.12.11に、以前より連絡していた

蓄電器(充電器)のスマートスターの不調に対しての

修理点検に、取付業者がやってきた。

※時々夜間電力の充電が成されない時がある


しかし、その原因が判らなかった。

インターネット経由で我が家の充・放電の結果を記録している

データをメーカーにて調査する事になった。

その担当者は、蓄電開始時間を弱冠調整して帰っていった。


その後の数日は、放・充電機能は回復したように思えたが

一週間後程度に、メーカー調査した結果

放・充電のデーターが思わしくないのでメーカー対応すると

取付業者から電話連絡が有った。


それと、ほぼ時期を同じくして

スマートスターの放・充電機能が全く実施されなくなった。

2018.12.18日以降、充電ゼロの日々が続く


メーカーの対応・調査はいつされるのかと問い合わせをする。

年末年始休暇に突入してしまったので

2019.1.15日の対応と決定した。

いちばん電気を使う年末年始が

おそらく、充電器の稼働ゼロとなってしまうだろう

安価な深夜電力を活用しようとして購入した

蓄電器だったが、情けないことになった。


被災して停電になられたご家庭と比較すれば

なんという事は無いが・・


※先日、蓄電器の故障と前後して中国電力から手紙が来た

我が家の太陽光発電の電力買取契約が2024年に終了になると

明記してあった。

太陽光発電を導入して、ちょうど10年になる年

それ以降は、電力は全く買い取ってくれないのかと

心配になって工事業者に聞いてみたが、それは無いらしい。

国の電力買取10年制度は終了するが

それ以降は各電力会社との契約となる。

我が家で言えば中国電力となるのだが

今までは38円/Kで買い取って頂いたものが

2024年以降は、おそらく10円/K程度になるだろうという事。


それを先取りして太陽光発電の余った電力を

全て蓄電に回そうと意図して購入したスマートスターだったが

まさか、2024年までに直せばいいと思ってないでしようね

メーカーさん、損害賠償しますよ!
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ