旧ネーム (まさじぃ)です!

2019/6/20

ベルサイユ宮殿  鏡の間・・  イタリア・フランス旅行

クリックすると元のサイズで表示します

ベルサイユ宮殿で一番輝かしい間が

この鏡の間

天井には、これでもかと言わんばかりに天井絵が飾り付けられ

左側のアーチ状の部分には全て鏡が嵌められている。

当時は、まだ現在のように美しい鏡を作る技術が国内には無かったので

外国から職人を集めて、当時としては考えられない

全面ガラスの大きな枠を造り上げた。


この間は、ベルサイユ宮殿を訪ねて来た賓客に見せる

貴賓の間として造られた云う事だ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

一方、その隣のシンプルなデザインの部屋は

奥方の間

そのデザインも奥方自身が考えたという

シンプルで繊細なデザインだ。

真ん中の飛び出した所は、寝所(ベッドルーム)

女王は、何人もの侍女に見守られながら

お休みになったようだ。

クリックすると元のサイズで表示します


一級建築士が行く フランス パリの旅

広島ブログ
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ