旧ネーム (まさじぃ)です!

2019/7/14

ルーブル美術館 民衆を導く自由の女神・・  イタリア・フランス旅行

クリックすると元のサイズで表示します

ルーブル美術館収蔵

アングル作の「グランド・オダリスク」

実際の人間では有りえない

背中が長すぎる肖像画、脊椎が3個分多いと言われていますが

女性の曲線美を強調するために、あえて長く書いたと

言われています。

クリックすると元のサイズで表示します

撮影するカメラの角度が違うよ!

と、言っているのではありません((笑い

レオナルド・ダ・ピンチの「洗礼者ヨハネ」

クリックすると元のサイズで表示します

出ました! 

ドラクロア作 「民衆を導く自由の女神」

中央の旗を持って民衆を先導している女性は

自由の女神 マリアンヌで

その左後ろに立っているのは

作者のドラクロア自身ではないかと言われています。

フランス革命は何度か起きており

いわゆるべル・バラの革命ではなく

その後のナポレオンが台頭して王政が復活した際の

7月革命で、わずか3日間で革命を完了したという速さ!

その旗手として象徴される自由の女神・・


いや、何処の国にも勇敢で強い女性がいらっしゃる!

私の身近にも、もちろん最強の女性がいらっしゃいますが・・


一級建築士が行く フランス パリの旅

広島ブログ
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ