旧ネーム (まさじぃ)です!

2013/12/12

これが最後!・・  母親の覚書

薬の空袋を手に持って『これが最後!』と、言ったのが始まりだった。



その日は母親の事で、ケアマネージャーさんに来てもらって

今後の介護の方針を確認していた。

時間は夕方の17時半、話し合いは1時間掛かった。

それから、家内が食事の準備を始めて30分後に

母親の食事を始める。

普段母親は、デイサービスで夕食を食べて帰ってもらうので、この時間は家にはいないが

その日はケアマネさんとのミーティングが有ったので特別に早く家に送ってもらった。



嚥下(食事が喉を通りにくい)を持っている母親は食事の時間が長い。

食事と薬の服用が終わったのが2時間後の21時・・

トイレに連れて行こうとして母親のそばに近寄った時

母親が冒頭の言葉を発した。



テーブルには母親一人で、空の食器が目の前に並んでいる。

母親が目を上げると続き間の和室にテレビがついていて

関東大震災で3人の子供を失ったという夫婦の嘆きのドキュメントをやっている。

食事をしながらテレビを見ていたらしい。



私が近寄っていくと『これが最後!』と空の薬袋を大切に押さえて母親が言った。

私は、食事も終わり薬も服用して、テーブルでの作業が全て終わった事の“最後”と解釈して母親の寝る支度をする為に、食器やら薬の空ビニール袋等を片付け始めた。

母親が相変わらず『これが最後!テレビに現れる』と繰り返して言っているのを気にせずに・・・



突然、温和な母親の語気が強くなった!

『あの薬袋どうした? あれがないと出て来れない!』と言う・・・

「薬袋はゴミ箱に捨てたよ」と、私が答えると

『あれが最後! あれがないとテレビに出て来れない』『せっかくテレビを見ながら待っているのに・・』



脳拘束を患ってしまって、母親が訳の判らない事を言うのにはもう慣れきっている筈だったが、あまりに突拍子で夜も遅くなっている為、私は少し頭にきて言い返した。

「薬のビニール袋は空になっていたから捨てた、テレビでやっている事は東北の事だから母さんには関係ないだろ・・」



母親は、また繰り返す『あれが最後! ゴミ箱からすぐに戻してくれ、あれがないと出て来れない、せっかくテレビを見て待っているのに・・』

私は仕方なく薬の空袋をゴミ箱から出してきて、母親の目の前に置いた。

母親は『これが最後! これが最後!』と薬袋を押さえながら繰り返している。



そして、やっと納得したのか、トイレに行っておしめを替えて、洗面で入れ歯を外して洗浄し寝る準備に応じた。

しかし、トイレの中や洗面台の前でも『あれが最後だった・・』を繰り返す・・・



自分がやる事を終えたから、東北大震災で無くなった子供達が生き返ってテレビに出てくるとか??

それとも、普段はデイサービスで夕食を食べているので、薬を飲んだのを合図に帰る支度をするのを、何かと勘違いしてしまったのか??

こういう事があった夜は、とことん疲れるよねぇ〜〜〜

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ