旧ネーム (まさじぃ)です!

2013/12/15

吉祥吉日・・  生活

クリックすると元のサイズで表示します

東京に住まいしている知人から

関西では手に入らない珍しい物を頂きました。

新潟県長岡市のお福酒造産の

純米吟醸 吉祥吉日

酒造メーカーさんの商品一覧に入っていません。

東急百貨店の吉祥寺店特別吟醸として販売されているらしい。

新潟のお福酒造はおろか、他の地域でも販売されていないという

地域限定酒・・・



滋賀県大津市の 叶 匠壽庵の あも・・

自称“いい”かげんに創ったという・・((笑い

一番人気の銘菓

包装紙に干支の裏文字が掛かれています。



馬の貯金箱・・・

干支に関連した気の利いた贈り物を頂きました。



写真に撮るのを忘れた((笑い

他にストライプタオルハンカチ・・・

色々とお送り頂き有難うございました。
0

2013/12/15

映画 武士の献立・・  映画

クリックすると元のサイズで表示します

今日は、急きょ映画を観てきました。

武士の献立

やはり大きいスクリーンと音響のいい映画館での鑑賞はいいものですね。




〜上戸彩扮する 春は

幼い頃、料亭の娘として生まれた為、物心がついたころから、母親の見よう見まねで、料理を教わり才能・味覚とも天性のものを持っていた。

しかし、幼い頃火事が基で両親と死に別れ、いい婚家を世話してもらいながら、朗らかな明るい性格が基で、婚家からうるさいと一喝され、一年で離婚されて帰って来るという、恵まれない生活を送っていた。

将軍家の側室の世話女中をやっていた彼女はそれでも、お貞の方のお世話ができる事が幸せだった。

或る時、春は将軍の前で料理の味と素材をぴったりと当てた才能を見込まれて、加賀藩の代々「包丁侍」をしている、由緒ある舟木家の嫁に・・と依頼された。

はっきりした性格の春は、きっぱり断ったのだが・・

春の厨房に、ふらりと現れた包丁侍の舟木伝内に、再度その才能を惚れられて、ぜひ息子の嫁にと土下座をして頼み込まれる。

仕方なく、嫁になることを決意した春だったが、その相手舟木安信は剣術ばかりにのぼせてしまって、料理には全く興味を示さなかった。

人間的には真面目な安信だったので、もちろんそれには理由が有ったのだが・・・

しかし、春の献身的なサポートで安信の名声はどんどん上がっていく。

しかし、春にとって最大の危機がやってきた・・・

クリックすると元のサイズで表示します

西田敏行の舟木伝内がいい味を出しています。

上戸彩も、胸のすく活躍や、笑いあり涙ありの演技を見せてくれます。

上戸彩 ・・・ 舟木春
高良健吾 ・・・ 舟木安信
西田敏行 ・・・ 舟木伝内
余貴美子 ・・・ 舟木満
夏川結衣 ・・・ お貞の方(真如院)
緒形直人 ・・・ 大槻伝蔵
成海璃子 ・・・ 今井佐代
柄本佑 ・・・ 今井定之進
鹿賀丈史 ・・・ 前田土佐守直躬

クリックすると元のサイズで表示します
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ