旧ネーム (まさじぃ)です!

2015/5/19

ボホール島・・チョコレートヒルズ  セブ島旅行

クリックすると元のサイズで表示します

ボホール島の最後の観光はチョコレートヒルズ

黄色いバスから降りると

なぜか周囲の景色とは合わない

けばけばしいモニュメントが・・

まるで妖怪屋敷の入り口のように・・

それが、チョコレートヒルズ展望広場の入り口。

クリックすると元のサイズで表示します

バスから降りて延々と階段を上っていくと

クリックすると元のサイズで表示します

チョコレートヒルズの一番高い山の山頂広場に到達する。

クリックすると元のサイズで表示します

360度パノラマのように延々と

ぽこぽことした山が続く見事な光景である。



このフィリピン諸島は

大昔は海の底だった所

それが海底の隆起で大陸となり

今でもどうしてこのような

お椀形の山々が連なるようになったのか

判っていないと言うが

現実にお椀状になった山々は海底の塩を含んだ地質なので

何も手を振れなくても高木は育たない。

自然と草程度のものしか育たないので

雨季には緑色になるが

乾期には草が枯れて

見事なチョコレート色となるという・・

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

0

2015/5/19

メガネザル「ターシャ」  セブ島旅行

クリックすると元のサイズで表示します

ボホール島のロボック川リバークルーズを降りると

次は世界一小さいサル

大人でも手のひらにすっぽり収まってしまうくらい

小さいサル?

メガネザルの「ターシャ」の見学です。

我々が見学に行ったの時間は昼過ぎで

メガネザルのターシャは夜行性なので

昼夜が逆転その時間は熟睡の真っ最中らしい

  

でっ、どこにいるのか判りますか?

クリックすると元のサイズで表示します

ピントが合わない茂みの木の陰に

真ん丸く開いた目が見える。

クリックすると元のサイズで表示します

バスから降りて小高い山の傾斜を歩くのですが

我々素人が何も案内無く歩くと順路を上がって

そのまま何も見えずに降りてくるのが精一杯・・



途中現地の方がいて「ここにいます!」と教えてくれなければ

全く判らないほど小さくて目立たない。


わっ! このサル目つき悪る!!

ターシャは目を全開すると真ん丸くなるが

このサルは薄目を開けた位だから

眼付きが悪く見えるんでしょうね。

睡眠の時間だから仕方ないか・・・

クリックすると元のサイズで表示します

おまけの映像

メガネザルならぬメガネ犬・・

メガネザルの保護区の駐車場で寝そべっていた犬。

なんとなくメガネを掛けたように見えませんか?

クリックすると元のサイズで表示します

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ