旧ネーム (まさじぃ)です!

2015/10/11

広島庄原 吾妻山・・中腹編  

クリックすると元のサイズで表示します

さて、広島と島根の県境にある吾妻山の

山頂に向けて吾妻山ロッジから

徐々に歩き出すが、最初から調子がおかしい・・

ロッジ自体が、すでに標高1000m程度あるせいか

ふもとの平地でさえ、歩くのが妙に息苦しい・・



そういう中で、徐々に山頂を目指して歩き出すが

10mくらい歩いただけで、ぜいぜい言いながら

大きく息を吸い込み

休憩して歩き出す事の連続・・

10m歩くのが

まるで平地で3kmくらい走りきった後のような感じ



完全に体調が貧血状態を起こしている。

高地の酸素の薄い空気を吸って

しかも、貧血状態であれば

酸素が体中に廻りきらないのは当然・・



少し休んで、酸素が廻ってから

また、歩き出すのだが

時間がどれくらいかかるか全く判らない。

今まで見せたことのない醜態を心配そうに見ている

家内には、「先に行ってくれ」と別れを告げて

1人で、ぼちぼち・・

クリックすると元のサイズで表示します

いくらにも先は見えないが

少し休めば歩く元気は出てくる

中途半端な状態にイラつきながら進んでいると

山頂まであと300mという立て札が見えた。

平地で300mなら、なんとはないが

山頂での残り300mはきついし

体力も限界に近くなっていた。



もう、ここから断念して降りるかどうか迷いながら

山道の石に腰を降ろし休憩していると

後から追いついた家族ずれの

登山グループの年長さんから声が掛かった・・

「ここの角を曲がると頂上まであと少しですよ

    ここまで来たのなら頂上まで登りましょう!」



あと少しでは、無いのは判っていたが

ありがたい言葉に

迷惑やら・・困惑やら・・

しかし、その場ですぐ降りることは

出来ない状態になったのは、確かなようだ((笑い

仕方なく、また牛歩状態が始まった・・



もうすでに、登り始めて1時間半は経過していた・・

こんな事で、頂上までたどり着けるのか!

つづく・・・

クリックすると元のサイズで表示します

登り始めた時は

曇り空で霧もひどかったが

途中から晴れ間が見え始め

広島県側は稜線がかすんで見え

島根県側は青空が見え始め

どちらの景色も美しかった・・
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ