旧ネーム (まさじぃ)です!

2016/1/31

家内へのラブレター・・  

日曜日に家のコタツでゆっくりしていると

家内がいつもの事ながら、家の中を、片付け、片付け・・

と、うるさく言いながら、古い書類をドサッと

コタツの上に投げて行ってしまった。

何処かの引き出しの中に有った物を持ってきたものだろう。



仕方なく、捨てるものをより分けていると

その中に、まだ結婚する前、独身時代の

私が家内へ宛てたラブレターと

家内がその返信を書いた郵便が数通見つかった。

家内が大事に何処かの引き出しに入れておいたものだろう。



いったい、独身時代はどんな事を書いていたのかと

少しばかり目を通したが・・・

うわっ! いかん!!

こんな、甘い事を書いて・・

家内にモーションを掛けていたのか((苦笑



しかし、自分の書いた手紙を家内が残しているのは判るが

その手紙に返信した、家内の手紙が残っているのは、いかに??

自分が残していたのを、家内が見つけて一緒に保管していた???

うわっ! やばっ!!



何はともあれ「これは捨てんじゃろ?」

と聞けば『一生大事に保管しといてくれ』との返事・・・

何か、企んでいるような気がするが・・・

まぁ いいか((笑い



その甘すぎるレターは、ここにはとても載せられないが

私が、小学生か中学生の頃、遊びで創作した

短編小説を、これも遊びのつもりで、家内に送った便箋が

数通見つかったので、原文のまま載せてみる事にした。





―― まえがき ――

 今世紀最大の鬼才が放つ、今年の直木賞が確実視されている作品。

 動物の目から見た人間の裏表を、鋭い観察と、正確な描写で描く、超小作。

 なお、昔から模倣された題名の小説が出ているので、ご注意ください。


  『わがはいは 猫である』


                     筆者   いとう 文龍


  続く・・・
1

2016/1/31

浅野拓磨のジャガーポーズ・・  サンフレッチェ広島

クリックすると元のサイズで表示します

U23アジア選手権 決勝はサンフレッチェ所属の

浅野拓磨選手の今大会初めての2点ゴールと

ジャガーポーズによって

優勝という嬉しい結果になったが・・



新聞の朝刊にはニュースが間に合ってなくて

載っておらず、静かな朝になってますね。



しかし、私自身が韓国に2点を取られた時点であきらめて寝てしまって

朝起きてみたら、ニュースで優勝という結果を聞いただけとなってしまった((苦笑

一通り、日本の後半の得点ゴールシーンは見させてもらったが・・・



しかし、これまでの戦いと決勝前半の日本の戦いを見ての思いだが・・

いくら、アジア選手権で優勝したと言っても

オリンピックという世界の舞台まで出て行く為には

日本代表は課題が沢山ありますね。



攻撃面で言えば

ゴール前でのパス回しが真ん中に寄り過ぎている。

ゴールに近づくにつれ、中に 中に切り込んで行っている。

フォワードの中央でのスタンドプレーに

頼り過ぎているのではないか?

これでは分厚い相手バックにボールを奪ってくれと言わんばかりだ。

もっと両サイドバックを利用して

サイドからのセンタリングという

スタンダードな戦術も織り交ぜるべきだ。



最も、浅野が出てきた時には、長い縦パスによって

この相手パックの裏スペースを突くという

戦術が有効になって来るが・・

それなら、最初から浅野を出しておかなければならない。



先発イレブンメンバーを決めないという

スタミナを温存するという戦術が

今回はピッタリ嵌ったように思うが

それだけに毎試合のメンバーが変わる事によって

選手同士のコミュニケーションがとりにくく

単調な中央に集めてくるという攻撃主体になってしまったか?



まあ、アジア選手権優勝という結果に

ケチをつけるつもりは、これっぽっちもないが

オリンピックまでには

色んなアイデアの攻撃スタイルを駆使できる

一段と成長した姿を見たいが為の

あえての辛口と、お許し願いたい!!

クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/1/29

甘利氏・・辞任会見  

クリックすると元のサイズで表示します

昨日は、昼から雨が降り出した為

夕方の戸外でのウオーキングは出来ないので

早めの時間にスポーツジムに飛び込んだ。



ウオーキングマシンで歩きながら

ふと、目を上げるとあることに気がついた。

五台並んでいる他チャンネルのテレビの

RCCの水戸黄門以外の放送局

四チャンネルに全て

甘利大臣の顔が同時に映し出されている。

いや・・元大臣というべきか・・・



水戸黄門も番組が終了すると共に

甘利氏のニュースを始めたので

一時は五台全ての画面に同時に

甘利氏の顔が映し出された。



スポーツジムのテレビ画面は音声が消されている。

イヤホンを付けて聴くという方法も有るが

いつも、歩きに集中する為

音声は聞かないようにしている。

始めは事前に公約されていた

国民への説明をしているのかと思った。

きちんとした説明をして国民の理解を得て

大臣を続けるという・・



しかし、それにしては顔が暗い・・

ふと、テレビ画面に映し出されている

テロップに気がついた。

辞任表明の記者会見という・・

えっ? なんと!!



もうすでに、一部の金銭授受の

詳細が明らかになってきており

それに基づいての細かな解説はしたくないが

彼の日本経済の立て直しの実績と実力と

これからの期待も含めると

悲しい出来事ですね。


注:冒頭の写真は、いま通っているジムとは関係有りません。
  写真を借用しました。
1

2016/1/28

東方神起 密着ドキュメント放映・・  ミュージック

クリックすると元のサイズで表示します

つい先日まで、日本の人気グループ“スマップ”の解散か?

報道に大揺れをしてきた日本だが・・



同じく、海の向こうで・・

韓国K−POP界のトップを、長らくひた走って

日本でも、コンサート会場を常に超満員にしてきた

  東方神起

昨年の2015年7月に ユノ・ユンホが陸軍に入隊し

同じく、2015年11月には チェガン・チャンミンも義務警察に入隊し

本年(2016年)は、二人の生コンサートは見ることが出来ませんが

昨年の春に日本中を沸かせたコンサートの密着取材を

“日テレ プラス”が放映する。

放送日は、平成28年1月30日のアンコール放送を皮切りに

2月6日と2月18日

詳しくは “日テレプラス” のお知らせを参照。



なお、ユンホの除隊予定日は、2017年4月で

チャンミンの除隊予定日は、2017年8月頃の予定

二人揃ってのコンサート活動は2017年の11月頃になる予定。
3

2016/1/28

梅の開花と朝焼け・・  花・植物

クリックすると元のサイズで表示します

今年の冬の寒気・・第二派も通り過ぎ

季節は、徐々に春に向かっていくのでしょうね。

玄関先の梅が一輪ほど蕾を大きく開いていました。



そういえば、昨年暮れは

毎年シルバー人材センターさんにお願いしていた

庭木の剪定が出来なかった・・



早めに剪定をお願いしていたはずだったが

事情を聞いてみると

安佐北・安佐南地区の

毎年我が家の担当をして頂いていた

シルバーさんをはじめ、五人もの職人さんが

一斉にシルバーを離れたという・・



もう全く、仕事をやめてしまったのか・・

はたまた、シルバーを離れて現役の仕事に復帰したのか・・

深く詮索はしなかったが



現役を引退して、シルバーの仕事をやっている筈の職人さんも

人手不足か・・((苦笑



新しく、担当をしてくださる方から連絡が入って

仕事の方を調整して頂いて

明日から、二人で剪定に入って頂くらしい。

剪定をおえての気持ちを新たにした

正月は迎えられなかったが

新春のうちに庭木がさっぱりするのは気持ちいい。

我が家の庭木も、新しい感性の職人さんで

どのように綺麗になるか期待しておこう・・



今日も、東の空の日の出前の

朝焼けが、綺麗だった。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2016/1/27

ドーハの悲劇から・・ドーハの歓喜へ  

クリックすると元のサイズで表示します

五輪最終予選

サッカーU-23日本代表

リオデジャネイロオリンピック出場決定おめでとうございます。



ドーハの歓喜



メディアはいつもうまいタイトルを考えますね。

今回、U-23の日本代表が戦っている選手権の開催地

ドーハといえば、1993年の日本代表がワールドカップ初出場を逃した場所

相手は同じくイラク代表でロスタイムに入ってイラクの同点ゴールが生まれ

それまで勝っていたその試合は、引き分けとなってしまい

しり上がりに調子を出してきていた日本代表だったが、その相手の同点ゴールにより

日本はワールドカップ予選敗退となってしまい、悲劇の代名詞となっており

“ドーハの悲劇”と呼ばれていた。

その歴史の中に今度は“ドーハの歓喜”が誕生したと言う訳・・

相手も同じイラクで、今度はロスタイムに日本側が勝利を決めるゴールが生まれた。



もっとも、1993年頃は日本のサッカーは世界には全く通用しないものだったが

ドーハの悲劇以来、その悔しさをバネに飛躍的に成長して今がある。

現在のU-23世代は過去の履歴から世界には通用しない世代と

言われつづけて来たが・・

「強い信念を持って挑めば、奇跡が生まれる」という事を証明した訳だ。



とにもかくにも、おめでとうございます。

ここまでくれば、もう一戦の決勝をものにして

優勝して、オリンピックに備えてもらいたい。



ついでに、宮島の“城たいが地蔵”のもう一体にも登場してもらいましょう。

 弱いから 強くなれる

   持ってないから 何でも持てる

クリックすると元のサイズで表示します

もう一つ いっちゃいますか・・


  試練には 必ず 宝がある

クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/1/26

その時は・・  生活

クリックすると元のサイズで表示します

その時は
 
  その時です。

 
 その時も

   その時です。




・・・あの時も

     あの時です?


    そういう時も

      そういう時です??

       

 じゃあ こういう時も

       こういう時ですか!!! 



最近、寒さが続いて

  やけになってるかなぁ〜((笑い


別に へ理屈をこねるつもりはないですが

  城たいが 地蔵さん ごめんなさいね!

    非常に判りやすくて いいや・・・

1

2016/1/25

広島市街地道路も真っ白・・  ひろしま

クリックすると元のサイズで表示します

昨日は、都道府県広島駅伝が無事開催されて良かったが・・



一夜、明けても広島市内の道路はこの通り・・

車に積もった10cmの雪を払い落として

渋滞で動かない道路を、やっと旧市内まで出てきても

道路はこの通りの状態・・



八時半まで掛かって渋滞の中

やっと市内電車の白島線沿いに出て来ても

道路は真っ白・・凍結の盛り・・

それもそうですね・・

車の表示の左端にかろうじて見える

外気温は氷点下3度・・

雪が解けるはずは有りません。



信号で止まって発進する時に

少しでもアクセルを踏めば

ガリガリ・・とタイヤが滑ってしまう。

ブレーキを離してアクセルを踏まず

自然に発進するしかない。



その上、各地の高架道路は一様に通行止め状態・・

海田大橋の通行止めが痛いですね。

昨日の都道府県駅伝で塩カリを使い切ってしまって

海田大橋に撒く分が残らなかったかね?

海田大正交差点付近から回り込まないといけない。

交差点付近は車が一斉に集まるので、ラジオでは8キロの渋滞と言っている。

ナビでもあちこちに渋滞の赤い帯が伸びています。

クリックすると元のサイズで表示します

3時間かかってやっと呉にたどり着いたが・・

部屋の温度計を見ると3.3度・・

ジャンバーを着たまま・・

部屋の温度が上がるまで・・

当分、動けねぇ・・・・

クリックすると元のサイズで表示します
1

2016/1/24

雪梅・・  花・植物

クリックすると元のサイズで表示します

今年二度目の寒波が訪れ

周囲の景色が白一色に染まり始めていますが



我が家の梅の木は

着々と蕾を開く準備がされています。

中には、もうすでに花を開いている

蕾も・・・

クリックすると元のサイズで表示します
1

2016/1/23

呉駅裏レクレ・・お好み焼きの五エ門  グルメ

クリックすると元のサイズで表示します

外は肌寒いながら、昼時間の日光を浴びたくて

今日は、昼の昼食を呉駅裏のレクレの方まで足を伸ばしてみた。



呉駅裏レクレの3階にある

お好み焼の五エ門さん。



ちょうど昼時で、入った時はそんなにお客さんは居なかったが

しばらくすると、どんどん人が入って来て、ほぼ満席状態になった。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

さすがは、広島お好み焼きの老舗、五エ門さんだ。

呉の街中でお好み焼きを頼むと呉焼きという

広島風のお好み焼きながら、ちょっと違った焼き方をする店も有るが・・

注:呉焼き・・最初に鉄板の上に薄い生地を作る処までは一緒だが、その後具材を焼きそばのように作って生地の上に載せる作り方。



カウンターに座って、作り方を注意深く見ていたが、広島焼そのものの作り方をしている。

しかも、長いL字型の鉄板で、常に30以上の生地を切らすことなく作り続けている様は壮観の風景だ。

クリックすると元のサイズで表示します

長い鉄板のカウンターで、どのお客さんのものか判らない

お好み焼が出来るのを見ながら、ずらっと並んで鉄板で食べるのが

広島お好み焼の醍醐味では有るが・・

考えてみると、こんな食べ方をする料理って、世界中探しても

日本の、しかも広島風お好み焼きしかないでしょうね。



目の前で作られている料理は誰のものかも判らない・・

しかも、ずらっとカウンターに並んだお客さんは、見ず知らずの人がほとんど・・

それが、お好み焼が出来てくると、隣とくっつく位に並べられて、ヘラで切って食べる・・

ヘラで切るうちには、それが変な方向に飛んで隣の方に飛んでいったり・・

お店の人が作っている食材の破片が飛んできたりもする・・

ちょっと神経質な人は気になって仕方ないでしょうね。



でも、それが世界で唯一の、広島風お込み焼のカウンターでの召し上がり方です。

頂きます・・・おいしかった・・・

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ