旧ネーム (まさじぃ)です!

2016/5/1

墓地傍のシャガ・・  花・植物

クリックすると元のサイズで表示します

ゴールデンウイークの初日

家内の母親の一周忌を行うという事で

出掛けた東広島市河内町の山中の墓地のそばに

ひっそりと咲いていた“シャガ”



文献によると、アヤメ科アヤメ属の多年草であるが

中国原産の帰化植物で三倍体である為に

種子を発生しないのだという

だから、繁殖は全て人為的に行われなければ

ここに花が咲くことは無いという・・



誰かが、墓地に似つかわしいからと

球根を植えたのか・・



しかし、話はこの墓地に来る前に遡る・・

三人姉妹の母親が、昨年100歳で亡くなった・・

そこで、その三人姉妹の家族だけで

一周忌をしようと集まった。

三姉妹の孫まですべて集まってしまうと

40人近くになってしまうので

それでは、大変だという事で

身近な家族だけを呼ぶ事にしたらしい。



しかし、それでも最後まで面倒を見た長女は

二人の子と孫まで連れてきていた。

10歳と5歳と10ヶ月の子だ。

合わせて12人・・



さて、それぞれが実家に集結し

仏壇の前でみんなでお経をあげた後に

墓地にお参りしようと、お経を始め

それも終わり、墓地に移動しようした、その時・・



霊は小さな子供にしか見えないと言うが・・

5歳の女の子が横を見ながらいきなり叫んだ。

「あれ! お墓には一緒に行かないの?」



お経が始まった頃、白い服を着た老婆が現れ

みんなと一緒にお経をあげていたが

お経が終わり、墓地に行こうとした時

すーと消えていったので

思わず、その子が声に出したらしい。

もちろん、大人の者達には見えるはずもない。

シャガの咲いた墓地では、やはりその老婆は見えなかったという・・



そういえば去年の8月には、長女の三歳児亜子ちゃんが

その同じ墓地でキョロキョロ周囲を見回すしぐさをして

我が家に帰って、実際に霊を見たという

その投稿 →☆

シャガという花は、お釈迦様に呼び方が似ているが

何か、通じている所が有るのだろうか・・・

↓クリックをお願いします。
広島ブログ
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ