旧ネーム (まさじぃ)です!

2017/1/4

豊後 岡城・・荒城の月  旅行

大分県 国指定文化財 豊後 岡城(豊後竹田城)

大分県竹田市大字竹田

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

駐車場を降りて徒歩でゆるい山道を上がって行くと

やがて、お城の石垣のような物が見え始める。

近寄ってみると、その石垣の美しさには心を打たれる。


昔、源頼朝に追われた源義経を受け入れる為に

築城を始められたという文献が残っている。

結果的にそれは出来なかったが

小高い所に上がってみると、その外敵からの防御については

完璧な地形であることが判る。

三方が湾曲した川に囲まれて小高い丘になっており

川方面からの侵攻はとても難しい。

その上、この精巧に組み上げられた石垣をもってすれば

難航不落だったはず・・

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

真ん中で誰かが変なポーズを取っているのが

全く目に入らないくらい精巧な構造に目を奪われる。

全ての段差から、排水路が通じ完備されている。

クリックすると元のサイズで表示します

この城跡は、後に滝廉太郎が『荒城の月』を

作曲したことで有名になったが・・

遠方の山々が見渡せるこの場所に立ってみると

自然と詩が湧き上がってくる。




♪ 冬老ろうの じじばばの旅・・

   握る竹杖 かげさして・・

    千代のつまにし こけずっこ・・

     むかしの元気 いまいずこ・・

クリックすると元のサイズで表示します

錬太郎さん 大変失礼しました。

クリックすると元のサイズで表示します

ちなみに、この観光客しか上がってこない

この大地に野菜らしきものが・・

葉をはぐってみると、どうやらカブの野生種らしい。

と言うことは? 国指定文化財となっている史跡を

誰とて種を植えることは出来ないはず

と言うことは1700~1800年頃の城下町として

居住していた頃の名残り??


数百年の間、実っても誰も感謝も感激もしてくれないが

脈々と、子孫を絶やさずに生き延びてきたのか・・

ひょっとして、源の義経の怨霊が??

クリックすると元のサイズで表示します

2016年12月24日 来訪・・
0

2017/1/4

大分県・・震動の滝(雄滝・雌滝)  旅行

九州大分県の滝 その六

大分県玖珠郡九重町

《震動の滝》 雄滝 落差 83m


玖珠川上流の九酔渓にある、雄滝、雌滝の対の滝

九重夢の大吊り橋から二つの滝を見る事が出来る。

特に雄滝は、水量も多く滝壺も大きい、流れ落ちる様は

周囲を震動させるように感じさせる為、その名前が付いた。

滝壺の周辺から38度の温泉が自然に湧き出している。

クリックすると元のサイズで表示します


《震動の滝》 雌滝 落差 93m

九重夢の大吊り橋から雄滝と共に見える雌滝

落差は雄滝より大きいが、水量は少なく

繊細なように見える。

ちなみに、文献では雄滝と雌滝しか記載していないが

正確に言うと小滝も存在する。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2017年12月24日 来訪・・
0

2017/1/4

大分県九重町・・夢の大吊橋  旅行

九州大分県観光 九重町 夢の大吊橋

日本一の高さを誇る大吊橋。

観光客の人数は半端ではなかった。

特に外国の方が多かった。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

大吊橋を渡った側の茶屋に立ててあった川柳!

一番左の写真だけの川柳がよく目についた。

写真が小さくて字が見えづらいが・・

「ねこやなぎ」と書かれた樹種の説明看板の上に

神妙にチョコンと座っている猫に対して・・

『ねこちゃん それは大きな かん違い』

笑った・・

クリックすると元のサイズで表示します

2016年12月24日 来訪・・
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ