旧ネーム (まさじぃ)です!

2018/10/2

遊休地石垣の修復・・  生活

クリックすると元のサイズで表示します

今年7月6日の集中豪雨や、先日の台風24号に関連する

大雨で、裏の遊休地の石垣が崩れかけている。


その後発生した25号も、最初は大した規模ではないと

予報では言っていたが、ところがどっこい

どうやら猛烈な規模に成長してしまったらしい。

また、来週にはその猛烈に成長した台風25号が

上陸する可能性が有るらしい。


それまでには、何とかしておかなければ

上の段の土砂が崩壊する危険性が有る。

土地の所有は自分ではないので

その都度、所有者に報告しているが

今は農繁期でとても動けないらしい。


仕方ない!

と、腰を上げることにした。

まず石垣が崩れる原因となった、手前の木の根元を

1時間掛けて手ノコで切る。

クリックすると元のサイズで表示します

崩れの全容が見えてきた。

木の切り株から手前も随分と腹が出てきているが

それは後日の事にして、切り株から向こう1メートル位を

先に修復することにした。

あとは、裏込め砕石を充填し、コンクリートを敷きながら

石を一つ一つ組み上げて行く。

既存の石垣を崩さないように下から固めて行き

上に行けば、そっと石を外して崩れないように

しかも、後ろに隙間が生じないように

その加減が難しい。

しかしやっと、目地詰めを残して、石の組み上げだけは出来た。

1メートル半位ある段差の土はそのままで

よく、土砂崩壊させずに最後まで組み上げられたものだ。


自分に拍手!!

クリックすると元のサイズで表示します

後日、目地詰めまで完了。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2018/10/2

実りの秋・・強欲なものは?  自然

クリックすると元のサイズで表示します

我が家の前庭には、ロウバイ、椿、サザンカ、小でまり、

サンシュ、ザクロ、マンサク等、数々の木が植わっている。

そして実のなる木では柿の木も・・


そこで、普段昼間は誰もいない、我が家の庭は

スズメの社交場と相成っている。

たまに、昼間家に居るとスズメの鳴き声がうるさくてたまらない。

上の写真の左側のロウバイの木と

右の低木サザンカの小さな木には

数十羽のスズメがたむろしながらさえずっている。


いや、一番の被害者は写真の向こうに見える

田んぼの所有者だ。

下の写真の中央部分に黒い点々が見えるのは

スズメが稲穂をついばんでいる所。


我が家の庭木で休憩しながら

時折、団体で飛んで行って稲穂をご馳走になっているようだ。

田んぼの持ち主さん すみません!

我が家でスズメを飼っているようで・・

早く収穫しないと、稲穂全部食べられちゃいますよ。


・・と、言うのは冗談で

野生の鳥たちは本能として、必ず限度というものを

心得ているようだ。

いろいろ観察してみると、自分たちが毎日生きていく

最小限の餌しか摂取しない。

人間のように強欲に“食いだめ”なんてものはしない((笑い


稲穂を食べる場所も、常に場所を変えて稲自体が

本当のダメージを受けないようにしているらしい。

我が家の柿の木もいくつもある柿の実のうち

一番熟した柿一つしか狙わない。

ひまわりが数十本も咲いた裏庭の遊休地の

花後の種を食べるのも、一本の木に集中している。


こうしてみると、一番強欲で厄介な動物は 人間達か?

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ