旧ネーム (まさじぃ)です!

2019/3/2

アストラムライン 初軌乗・・  生活

クリックすると元のサイズで表示します

1994年8月20日に開業した「広島高速交通広島新交通1号線」

・・・・と、言えば判りにくいが

アストラムラインと言えば判らない人はいないだろう。

本通駅〜広域公園駅18.4kmを走る新交通システムとしては

現在、日本一の総延長を誇り、地下を走る新交通システム

としては当時日本唯一であった。

(現在はリニアモーターカーも一部区間地下走行)


先日、関西大学の試験でも「広島には地下鉄は無い」という

認識のもとに出題ミスが報じられ大きな話題となった。

実際はアストラムラインの本通駅から新白島駅の先までの1.9kmが

鉄道事業法でいう地下鉄の扱いとなる。


その25年前に開通したアストラムラインに

実は、恥ずかしながら、今日初めて乗る用事が出来た。

クリックすると元のサイズで表示します

いつも乗っているJR可部線の大町駅で降り

アストラムラインの大町駅から大原駅まで・・


初めて乗ってみて、乗り心地が非常に良いのに感心した。

JRのようなレールの継ぎ目の騒音とレールを交差する時や

カープする時の揺れが全くと言っていいほどない。

又、バスのようなエアークッションの大きな揺れもない。

微細な振動のみで乗っていて全く安定している。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、大町駅から周囲を眺めてみると

高層マンションやビルが立ち並び、すっかり都会に様変わりしたね。

交通網によって町は、街に変わるという見本みたいなものだね。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ