旧ネーム (まさじぃ)です!

2019/7/30

池の改修に着手・・  生活

クリックすると元のサイズで表示します

金魚のランチュウの難は何とか逃れたようだが

もう一方の酸欠で死んでしまった池の鯉については

そのまま、新しい鯉を放流しようかと思ったが思いとどまり

池の排水の故障や防水、浄化設備等を整備することにした。


まず、池の底の排水管が詰まってしまい

水中ポンプでしか水替えが出来なかった事の改善。

何処にでもは売っていない排水管工事のつまり掃除の器具

細いバネ製のワイヤー掃除道具を

ホームセンター4軒駆け回ってやっと見つけた。

祇園ホームセンターコーナンは、だだっ広いだけで

いままで、あまり重要視していなかったが

よく店内を見てみると、他店には無い品揃えも有る。


その器具を買ってきて、20年ぶりくらいに

池の排水のつまりが解消した。

クリックすると元のサイズで表示します

次は防水!

もう築30年くらいの池は至るところに

クラックが出来たり、石との隙間が空いている所が有る。

住宅新築から間もなく、自分自身が土を掘って形を決め

ベースのコンクリートからブロックを積んでの周囲の立ち上がりを

造り、モルタルを塗った。

その後に造園屋さんに入ってもらって石や滝等の飾りを創ってもらった。

自分にとっては、とても愛着の有る池なので

防水も自分で取り組むことにした。

クリックすると元のサイズで表示します

他に雨水タンクを利用して作っていた浄化装置・・

上側の口が大変小さいという欠点

(浄化の層が造りにくく、掃除がしにくい)

から、浄化装置の用を足していなかった

浄化槽もこの度何とか考えなければならない。

問題が山積みだ・・

クリックすると元のサイズで表示します
0

2019/7/28

水槽の中のカープ女子・・  ペット

クリックすると元のサイズで表示します

宮島水族館からもらってきたランチュウの一匹の顔が

変わってきました。


実は、一か月前くらいに大惨事寸前の出来事が有った。

いつも、水槽の掃除をしているゲキ落ちスポンジを

家内が洗剤を付けて洗面台を掃除するという事をしたらしい。

当時、知らなかった為、そのスポンジで

いつも通り水槽のガラス面のコケ取りをやった。


異変に気付いたのは30分後くらいだった。

水槽の上面にいつになく泡がびっしりと溜まっている。

金魚の様子もおかしい。

家内に事情を聴き、洗剤の付いたスポンジを

そのまま使用した為と判り

大急ぎで金魚を他のバケツに移し、水槽を全面洗浄した。


洗剤の混じった水槽の中では、大ぶりなランチュウの方は

逆立ち泳ぎをしているようだったが、綺麗な水のバケツに

入れ替えるとすぐ安定して泳ぎだした。

しかし、小ぶりな方は完全に腹を上にする重症だった。

顔の模様から、勝手に「切られの与三郎」と名付けた

ランチュウだったが、綺麗な水のバケツに入れ替えても

一晩中、腹を上にして時々ふらふら泳ぐ様子は

変わらなかった為、一時はもうダメかと思った。

ただ、翌朝起きてみると普通の泳ぎをしていて

胸をなでおろしたものだった。


しかし、その時のせいかどうかは判らないが

顔の模様が少しずつ変わってきた。

下の写真は今年4月2日に撮影したもの。

頭も真っ赤で口に斜めに緋が入り

「切られの与三郎」と名付けた当時だが

今では、赤いヘルメットを被り口紅を付けた

「カープ女子」になってしまった。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2019/7/27

体協卓球部に夫婦で加盟・・  自治会

クリックすると元のサイズで表示します

2ヶ月前に数十年ぶりに地区の卓球大会に出たが

待ってましたとばかりに、体協卓球会員のお誘いが来たようだ

特に女子の会員が少ないので、家内が強引に誘われ

私も一緒にお願いしますとのこと。


家内は、体重の減少(ダイエット)を目的に

参加に踏み切ったらしいが

そのとばっちりがこちらにもやってきた。


家内は、週一回の練習で、ダイエットの目的が

達成できるかどうか・・

おそらく少し練習すれば技術的には

体協卓球部としてやっていけるだけの基本は

学生時代総体に出場した経験が有るらしいので

出来ていると思うが・・


物持ちが非常に良く

学生時代に使っていたペンホルダーのラケットを

いまだに使っているが

50年ぶりに新調すると張り切ってスポーツショップに行った。

しかし、現在ではペンホルダーのラケットは

在庫があまり有りませんと店員に言われてがっかりしていた。

今では、購入される方々の主流はシェークハンドホルダーです

とのこと、カタログを見ながら特別発注してもらったらしいが

体協の卓球部員のラケットを見てもそれが判る。

ペンホルダーのラケットを使っている部員はほとんどいない。


ちなみに、私もペンホルダーのラケットを使っている。

昔の人間なんだなぁ〜

クリックすると元のサイズで表示します

追記:ペンホルダー  ラケットの使用面が片側一面しかなくペンを持つように握る。

シェークハンドホルダー  ラケットの使用面が両面使用可能でテニスのラケットを持つように握る。
0

2019/7/25

富士山の絶景・・  イタリア・フランス旅行

パリのシャルルドゴール空港を出発したのが午後の13時30分

日本からの行きはオランダのアムステルダムを経由して

乗換え、フランス到着だったが、帰りは成田まで直行便

フライト時間は約12時間となるので、成田の到着は真夜中と

なる所だが、時差のマジックで成田に到着した日本時間は

朝の8時30分となっていた。

本当は、飛行機の中で寝ないといけないんだけど

エアコン設定が寒すぎて全く寝る事が出来なかった。

クリックすると元のサイズで表示します

そのまま、高速バスに乗って羽田空港へ

羽田でちょうど昼時間になったので、懐かしの日本食を頂くことに

して山菜そばを頂く、ついでに買った練りトウモロコシは

ちょっと新鮮さが無くて頂けなかったが・・

おそばは美味しかった。

クリックすると元のサイズで表示します

今まで、ちょっと勘違いしていた所が有った。

飛行機の飛行中は、カメラを使ってはいけないと思っていた。

しかし、エールフランスの説明を聞いていて、間違いに気が付いた。

「飛行中に、電波を受発信する電子機器の使用をしてはいけない」

という、説明を受けた。

という事は、専用カメラは電波は発信しないので使用可能。

携帯電話も、機内モードにして電波の受発信をしない状態であれば

カメラ機能は使えるという事だ。

クリックすると元のサイズで表示します

と、いう事で携帯電話を機内モードにして大手を振って

写真を撮った。

富士山の絶景の写真も撮る事が出来た。

この度も、良い想い出に残る旅行だった。

クリックすると元のサイズで表示します

イタリア・フランス旅行記 完


一級建築士が行く フランス パリの旅

広島ブログ
0

2019/7/25

パリ滞在最後の日・・  イタリア・フランス旅行

クリックすると元のサイズで表示します

今回のイタリア・フランス旅行の最終日を迎えた。

今回の旅で初めてのAランクホテル4星ホテル。

パリ郊外に有る コートヤード アルクイユで

朝食を摂り、空港へのバスに乗った。


Aランクホテルと言っても、夜遅くタクシーで帰ってきて

朝早く出て行くのでは良さがあまり判らない((苦笑

ゆっくりと宿泊するのであれば、地中海料理のレストランや

フイットジム等の設備が有るらしいが・・

しかし、朝食はゆったりととる事が出来た。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

空港に着くとお手洗いの洗面所が

しゃれたデザインで設置してあったので感心した。

さすがパリはおしゃれの街だ。

クリックすると元のサイズで表示します

空港の待合には、白いピアノが置いて有り

見ているとひっきりなしに弾き手が替わり演奏されている。

皆さん上手な人ばかりだ。

そういえば、ジュネーブ音楽祭で日本人として初めて優勝された

萩原麻未さんもフランスのパリに住んでらっしゃるんだった。

このシャルル・ドゴール空港に立ち寄った際には

この人達と同じように演奏してらっしゃるんだろうか?

等と物思いにふけっていたら、飛行機への搭乗時間がやってきた。

イタリアのトレビの泉でコインは一枚しか投げなかったので

イタリアには再度訪れる機会が有るかもしれない。

果たしてフランスには? 名残は尽きないが

エールフランス機へ搭乗した。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


一級建築士が行く フランス パリの旅

広島ブログ
0

2019/7/24

夜のパリ市内・・  イタリア・フランス旅行

クリックすると元のサイズで表示します

パリのオペラ座の近く カフェ・ド・ラ・ぺで夕食をとった後

パリの夜の街に出掛けることにした。

クリックすると元のサイズで表示します

オペラ座からルーブル美術館への道を歩き

コンコルド広場に到着。

添乗員さんが前もって教えてくれた

エッフェル塔が夜の八時からキラキラ光るという。

なるほど、ただ照明のライトアップをするだけではなく

瞬くようなきらめきを放つ・・

クリックすると元のサイズで表示します

それを見ながら、ルーブル博物館の方へと歩く

ルーブルピラミッドが見えてきた。

クリックすると元のサイズで表示します

そのルーブルピラミッドとチュルイリー広場の間に有るのが

カルーゼル凱旋門と言われる、ミニ凱旋門

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

そのカルーゼル凱旋門の所から、先程のエッフェル塔の

キラキラ照明が遠目に見える。

クリックすると元のサイズで表示します

ルーブル博物館の方角を見ると、少し左にズレた位置に

ルーブルピラミッドが見える。

本当は、ピラミッドとカルーゼルミニ凱旋門とエトワール凱旋門は

一直線に並んでいる。

クリックすると元のサイズで表示します

その反対側に回ってみると、なるほどミニ凱旋門の真ん中空間から

エトワール凱旋門が、両側の並木街路樹の真ん中にかすかに見える。

家内が勝利を確信したように両手を挙げる!

何の勝利?((笑い

クリックすると元のサイズで表示します



一級建築士が行く フランス パリの旅

広島ブログ
0

2019/7/24

パリ市内 円形ブームのクレーン車・・  イタリア・フランス旅行

クリックすると元のサイズで表示します

バスに乗っていて、偶然パリ市内の土木工事らしい

現場に出くわした。

地盤改良か補強工事のように見えたが

珍しかったのはクレーン車

クレーン車の伸縮するブームが円形で出来ている。

日本では、円形ブームの移動式クレーン車は見たことないね。

クリックすると元のサイズで表示します
一級建築士が行く フランス パリの旅

広島ブログ
0

2019/7/23

パリ CAFE de la PAIX(カフェ・ド・ラ・ぺ)・・  イタリア・フランス旅行

クリックすると元のサイズで表示します

フランス滞在三日目

モンサンミッシェルからバスに乗って再びパリ市内に戻って来た。

或る街角では、パンがカウンターに並び

店員さんが笑顔で町ゆく人達に声を掛けている。


そんな光景を見ながら、バスはパリのオペラ座に到着した。

オペラ座の観光ではなく、夕食のレストランに向かう為。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

パリ市内での夕食会場は

CAFE de la PAIX

カフェ・ド・ラ・ぺ と読むらしい。

豪華な内装で、まるで博物館や美術館のような雰囲気・・

クリックすると元のサイズで表示します

・・・と、気楽な気持ちでいたのは、ここまで

いままで、常に添乗員さん他のみんなと団体行動をとっていたが

なぜかテーブルに案内されたのは我々夫婦二人だけ

7組くらいのカップルが一緒に来たはずだが

テーブルは離ればなれで近くに顔も見えない。


・・・で! テーブルに案内してくれた店員さんは

日本語が全く通じない。

全く、こういう事態になる事を想定していなかった。


そうだ! と、この時気が付いた

言葉が通じない時の為に、あらかじめポケトーク(外国語翻訳機)を

購入していたんだと・・

ポケットからごそごそ出したが・・

日本を出発する時、フルに充電しておいたはずだが

全く今までの7日間用事が無かったので、補足充電をしていなかった。

肝心な時に全放電の電源不足でスイッチが入らない・・

万事窮す・・


しかし、我が奥さんはさすがに肝が据わっている。

動じることなく、手ぶり身振りで・・

やっと、スープと前菜の野菜サラダが出てきた((笑い

※皆さんポケトークを持っておられる方は

放電が通常の電化製品より激しいので気を付けましょう!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


メイン料理 二種
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

デザート二種
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

食事が終わるとさすがに日も沈みかけて来た。

また、何組かのカップルと合流し、夜のパリ市内を

散策することにした。

クリックすると元のサイズで表示します

後から聞いた話だが、この旅行は、我々は普通の観光旅行として

申し込んだが、旅行社が企画するハネムーン旅行との

カップリング商品として実施されたらしい。

どうりで同行した24カップルのうち、年配者は3組くらいだった

途中、イタリアで動画撮影が有ったり・・

パリでは、二人だけのパリ市内での優雅な夕食・・

をハネムーン企画として取り入れていたらしい。



聞いていなかったので、準備不足だった((笑い

しかし、失敗が有ってこそ記憶に残る旅行となった。



一級建築士が行く フランス パリの旅

広島ブログ
0

2019/7/23

フランスでクボタが活躍・・  イタリア・フランス旅行

モンサンミッシェルを離れ、バスは一路パリ市内へと引き返す。

途中、日本でいう道の駅のようなトイレ休憩所で

おばさまたちはお土産を買いあさる・・

外に出てみると広い芝生の広場をオレンジの機械が走り回っている。

クボタの芝刈り機らしい。

フランスでも日本の機械が大活躍しているらしい。

クリックすると元のサイズで表示します

また、バスに乗ってひた走り始めたが

何やら、道路と道路の真ん中に緑地帯が・・

しかも、四本の筋が見える。

クリックすると元のサイズで表示します

しばらくして気が付いた、ここは路面電車が走っているのだ。

しかも、色といい形といい広島で走っている

超低床電車とそっくり、中の座席の形も一緒だから

同じところから輸入してるんでしょうね。

芝生の上を路面電車が走るのは四国の松山で見て以来だね。

広島は、固い石畳になっているから。

クリックすると元のサイズで表示します


一級建築士が行く フランス パリの旅

広島ブログ
1

2019/7/23

ルルレ サン ミッシェル  オムレット モンサンミッシェル・・  イタリア・フランス旅行

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

モンサンミッシェルを離れ、みんな無料の送迎バスに乗って

引き上げる中、なぜか二人だけ老夫婦が3キロの道を歩く・・

目指すは、レストラン ル ルレ サン ミッシェルのバーテラス

Le Relais Saint Michl Bar Terras

もちろん、プラールおばさんの

オムレット モンサンミッシェルを頂く為だ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

上の写真が前菜のオムレット モンサンミッシェルだ。

貧しい修道者にお腹いっぱいのオムレツを食べてもらいたいと

プラールおばさんが考案したオムレツ・・

卵を良くかき混ぜてふわふわにしたもの。

薄い卵の皮の中に泡立てたクリームが入っているような食感だが

奥様は、クローネンブルグ1664ビールと一緒に食す

昼食はご機嫌のようだった。

さすがは、延々と木橋の上を歩いて帰った甲斐が有った。


このフランスで一番人気のビールは

プラッセリーズ・クローネンブルグ社がビールの醸造を始めた

西暦1664年にちなんで、ブランド名として使われている。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

メイン料理は、パスタのキノコ炒め

平麺状のパスタにキノコの香りが漂って美味しかった。

その後、デザートが出た筈だが

あまりに浮かれすぎてしまって写真を撮るのを忘れたらしい((苦笑

クリックすると元のサイズで表示します


一級建築士が行く フランス パリの旅

広島ブログ
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ