旧ネーム (まさじぃ)です!

2019/7/4

池の主・・  ペット

クリックすると元のサイズで表示します

玄関先の庭に造っている小さな池の中で

もう、かれこれ五年くらい飼っていて

体長も70cm位には成長しており

毎日の餌やりを楽しみにしていた

我が家の池の主、二匹が死んでしまった。


毎日タイマーで一定の時間置きに

池の水を循環させていて滝から水を流すと同時に

エアーポンプで池の底からエアーを噴出させ

酸素不足の補給をするようにしていたが

設定した時間が、冬仕様のままで

夏仕様として、時間を短く設定し直す事を

忙しさのあまり怠っていた。

まだ大丈夫だろうと安易に考えていたが

大きく育ち過ぎてしまって

必要酸素の限界点を超えてしまったのだろう。


想い出せば、池の主が死んだのは

広島カープの交流戦が終わり

リーグ戦の後半戦Dena戦が始まる初日の朝だった。


カープがこれからという時に

縁起でもないという人も居るにはいたが・・

広島カープの不調と池の主の死は全く関係ありません。

クリックすると元のサイズで表示します

池の主の続編ですが

二匹の死を確認した夕方

イノシシが入らない様に柵をめぐらせた

畑の隅に丁寧に墓を作って埋めてやった。

しかし、数日後覗いてみると

墓の両側から掘った跡が見つかり

ちょうど主を埋めた辺りの深さがもぬけの殻になってしまっていた。

おそらく、タヌキかテンのような野生の小動物が匂いで嗅ぎつけ

掘り出した上に食べてしまったのだろう。

イノシシの侵入を止めるのには成功したが

以前から何かの小動物は入っている形跡は見つけていたが

やはり、何者かが入っていたのかという感じ・・


見つけた当初は二重のショックだったが

考えてみると、野生で生きるという事はこういう事かも知れない。

死んだ魚も無駄にならず、次の生命体の中で

栄養として生き続ける??

南無阿弥陀仏・・ 南無阿弥陀仏・・

クリックすると元のサイズで表示します
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ