旧ネーム (まさじぃ)です!

2019/8/31

ばあちゃんと孫のお勉強・・  生活

クリックすると元のサイズで表示します

孫が来て、ばあちゃんと一緒に夏休みの宿題を

熱心にお勉強中・・

しかし、苦手の引き算の問題のようです。

クリックすると元のサイズで表示します

おや? ばあちゃんが何か手を拡げました。

クリックすると元のサイズで表示します

指を使っての計算法を教えているようです。

宿題が早く進みだし始めました。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2019/8/29

錦鯉の稚魚・・  ペット

池の防水完了して、浄化層も稼働させて四日目

だいぶ水の透明度も回復してきた。

以前、某ホームセンターで目にしていた

錦鯉の稚魚でも試しに

池に放流してみようかと考えた。

クリックすると元のサイズで表示します

香川県高松市を本社とする

メガホームセンター 西村ジョイ

我が家の近くには、ダイキ、ジュンテンドー、コーナン等の

ホームセンターが有り、結構どの店も重宝に利用させてもらっているが

西村ジョイは、取扱いの品数が多いばかりでなく

ちょっと他店とは違った品ぞろえがあり面白い店だ


この錦鯉の稚魚も、専門的な錦鯉の繁殖業者の一次選別後の

稚魚となるのであろう。

錦鯉の繁殖は数百匹生まれる稚魚を、そのまま育てる訳に

行かないので、早い段階で選別を掛け、川に放流したりする。

しかし、まだほとんど色が出ていない段階なので

この中からでも、たまには優秀な鯉が成長してくる可能性が有る。

それを期待して購入する客もいる訳だ。

10匹で 200円 一匹当たり20円になる計算だ。

クリックすると元のサイズで表示します

実は当初これでも良いかと思っていたが

ふと、隣を見ると、もう少し大きくなった鯉が有る。

色と模様がはっきり見えるので、二次選別に掛かった鯉だろう。

一次選別で色の濃い稚魚を残し、二次選別で更に

色の濃さと模様を判断して残す稚魚を減らしていく。

専門業者のおメガネにはかなわなかったが

素人目にはなかなか良い色を散した鯉がいる。

10匹で 2000円 一匹当たり200円

錦鯉専門店ではなかなか買えない金額だ。

しかも、自分の好みで選べるらしい。

クリックすると元のサイズで表示します

我が家の池に久しぶりに鯉が入った。

我ながら、なかなか良い買い物だった。

クリックすると元のサイズで表示します
2

2019/8/27

サルスベリ農園と雑草・・  花・植物

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

しばらく夏の暑さと池の改修に気を取られていたら

裏のサルスベリ農園が大変なことになっていた。

腰の高さまである雑草の草原になってしまった。

果樹の木も雑草の中に埋まっている。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
1

2019/8/26

池の浄化槽稼働・・  生活

クリックすると元のサイズで表示します

2019年8月26日、昨日浄化槽は完成したが

とりあえず浄化槽内のバクテリア繁殖の目的で

ほぼ24時間体制で水を送り込み浄化槽を稼働する。

水中ポンプが根を挙げてはいけないので

24時間のうち、四回ほど30分休憩するよう

24時間タイマーを設定した。

以前熱帯魚水槽のバクテリア繁殖を目的で購入した

有害物分解光合成細菌を少しづつ混ぜ込みながらの

稼働となる。

しかし、水量が多いのでなかなか、すぐすっきりとはいかない。

時間の勝負だ。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2019/8/26

池の浄化槽 本体の作成・・  生活

池の浄化槽内の層の製作

クリックすると元のサイズで表示します

浄化槽本体容器が大体準備できたので

いよいよ中の浄化層の製作を行う。

まず始めは、バクテリアが繁殖しやすい多孔質の材料として

良く使われる防犯砂利。

ガラスをリサイクルして作られた物で軽くて扱いやすい。

集水パイプを傷めないよう、少しづつ小さなバケツで入れていく

ほぼ、容量の半分くらいまではこの防犯砂利を詰めていく。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

そして、例の人工芝を組み合わせて円形にカットした物を

仕切り層として配置する。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、二層目はバーベキュー用の炭として購入していたが

余ってしまって随分長年倉庫の隅に眠っていた炭を引っ張出し

層の一つにすることにした。

箱を開けてみると結構大きいので入れる時に

トンカチで小割りしながら入れて行き層を作る。

そしてまた、人工芝の仕切り。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

三層目は、購入してきた小粒の砂利と以前の浄化槽で

バクテリアの繁殖に使っていた陶器製のリングや

サンゴを砕いた細砂等の小さ目な層を作成。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

バケツの層は三層で完了し、その上に底に穴を開けたタライ。

ポリ人工芝の円形カット品。

グラスウールと入れて、全ての層が完成。四層となる。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

後は、水中ポンプで水をくみ上げて入れるホースが入るように

穴を開けた蓋を閉じて完成。

バケツ、タライ、フェンスで購入費は \5,850くらいだったが

その他の配管材と人工芝、砂利類は合わせて \3,000円程度かな? 

クリックすると元のサイズで表示します
1

2019/8/25

池の浄化槽 内部加工編・・  生活

クリックすると元のサイズで表示します

池の浄化槽 内側の加工編・・

買って来た穴なしのポリタライに

充電式インパクトドライバーで、直径12mmの穴を穴を無数に開ける。

ちょうど、パリバケツの上にすっぽり収まるサイズになっている。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

市販のポリ製の人工芝グレー(30cm角ジョイント接続可能)を購入

タライの大きさに合わせて円形にカットし、ジョイント接続する。

この上にグラスウールを敷きならべ、一次ろ過糟とする予定。

この一時濾過糟を早めに清掃する事により

下の本浄化糟の汚れを軽減して、総体的に長期的な管理を

容易にする作戦。

過去の経験から、何度も失敗している一次濾過槽の

手入れのし易さをこれで解消しようとするものだが

果たして・・

クリックすると元のサイズで表示します
1

2019/8/25

安佐南区から大芝公園花火・・  ひろしま

クリックすると元のサイズで表示します

昨日の夜八時ごろから、花火が揚がる音がして

自宅の窓から東の夜空を見おろしてみた。

広島市の安佐南区から東区、南区の夜景が美しく見える中

なるほど、打ち上げ花火が美しく見えた。


昨日は宮島で有名な宮島水中花火大会が開催されたが

我が家からは、西の方角で山に隠れて見えない。

先日開催された、宇品の大花火大会でも

自宅からは、上の写真の右端の電柱よりも

右側の山の傾斜面に大玉だけが見える。


しかし今回は、まだ東方面だ。

下の写真の花火があがっている左の二つの高層タワーは

最近建設された広島駅前のシティタワー広島(197.5m)と

グランスクロスタワー広島(167.5m)だ。

その方角をたどってみると・・


今朝の新聞で、昨日「因島水軍まつり」というものが

開催された由、ニュースが載っていた。

大筒花火も800発打ち上げられたという。


方角的には、因島と繋がってくる

みやっちさんから情報が入りました

大芝公園の夏祭り花火のようです。


しかし、我が家からは丁度いい位置で打上げ花火が鑑賞できる。

写真では綺麗に写っていないが肉眼でははっきり

因島大芝公園の花火が、安佐南区から見えるんだ・・

これは毎年楽しみにしなくちゃね。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2019/8/25

池の浄化槽 外側の加工・・  生活

クリックすると元のサイズで表示します

池の浄化糟 外側加工編・・

全く穴の開いていないプラスチックのポリバケツに

排水とオーバーフローの配管を取り付けるため

充電式インパクトドライバーの先に35mmのチップソーを付けて

円形の開口を明け、ねじ込み式のカップジョイントを

内・外からねじ込み、ポリとの接触部分は

シリコンシーリングで固定、水が漏洩しないようにする。

シリコンシーリングは形良く整える事も出来るが

どちらにしても隠してしまうので形より漏水防止を優先し

余計な削り整形作業はしない。

下側の排水管と上側のオーバーフロー管は

下に揃えてくるので、わざと位置を水平にずらしてある。


下の写真はそれを内側から見た様子。

配管径は、両方とも内径25mmのVP配管で設定した。

クリックすると元のサイズで表示します

次に、浄化糟一番下の排水管の集水パイプ処理をする。

内径25mmの穴が開いているだけでは、すぐ詰まってしまうので

所定の長さの穴の開いたビニールパイプを設置して

集水の合理化を図る。


使用するVP管は肉厚が厚いので、一度に大きな穴は開かない。

最初3mm程度で穴を明けておき、再度8mmの錐で穴を拡げると

うまく明ける事が出来る。

集水パイプの出来上がり。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

出来上がった集水パイプを排水管の内側に取り付ける。

後々のメンテナンスを考えて、パイプとカップ部分には

接着剤を付けない。

集水パイプの先端もキャップをかぶせれば綺麗だが

水を通すのが目的の集水パイプなので何も付けない。

クリックすると元のサイズで表示します

ポリバケツ自体を、予定の位置に配置し

排水配管とオーバーフロー配管をエルボを使って接着し

取付する。

浄化槽容器の外側の加工完了。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2019/8/24

池の浄化槽準備・・  生活

いよいよ、浄化槽の製作に取り掛かることにした。

以前の簡易浄化タンクは、庭の景色を損ないたくない為

既製品の雨水貯蔵タンクを購入して中に綿と浄化材料を

落とし込み水を循環していた。

浄化排水とオーバフローは完備していたが

何しろ上側の口が小さすぎて、ヘドロの清掃などできっこない

最後にはポンプで吸い上げた水は、そのほとんどが

オーバーフローからそのまま出て行ってしまって

浄化槽の体を成していなかった。

クリックすると元のサイズで表示します

そこで今回のテーマは「安価で手入れのしやすい手作りの浄化槽」

選んだ資材は、90リットルの普通の蓋付きポリバケツと

そのバケツの上部にちょうど乗っかるタライ。


もちろん、そのバケツを滝の裏側に置いてみると

違和感甚だしい!

家内からも、すぐNGが出てしまった((笑い

安価な屏風式のラチスフェンスを購入してきた。

これでは向こうが透けてしまうので

最終的には裏から竹を切ってきて止め付ける。


ここまでの購入費用

蓋付きバケツ タライ  フェンス
2,900   + 470  + 2,480 = \5,850

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2019/8/24

オタマジャクシが死ぬほど・・  自然

クリックすると元のサイズで表示します

或る朝、家内が嘆きに満ちた声を上げた。

「うわっ オタマジャクシが死ぬほどいる!」


我が家の玄関先に置かれた

アイボリー色と緑色の大小二つの金魚鉢・・

上側のアイボリー色の鉢には、以前オタマジャクシが

10匹くらいは生まれて発生している事は確認していた。


この度は下の緑色のメダカ鉢の方らしい。

声を聞きつけて、見に行ってみると

直径30cmくらいの小さな鉢に

目測で100匹はいるであろう小さな個体が

鉢の周囲にびっしりへばりついている((笑い


アイボリー鉢の上側に

一見関心無さそうに鉢の外側を眺めながら

しかし、実際には心配でたまらない子供達の母親が

卵を産み落としたものだろう。


まっ! いずれ成長すれば、鉢からは

自分から出て行くので良いか((苦笑
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ