旧ネーム (まさじぃ)です!

2019/8/24

池の浄化槽準備・・  生活

いよいよ、浄化槽の製作に取り掛かることにした。

以前の簡易浄化タンクは、庭の景色を損ないたくない為

既製品の雨水貯蔵タンクを購入して中に綿と浄化材料を

落とし込み水を循環していた。

浄化排水とオーバフローは完備していたが

何しろ上側の口が小さすぎて、ヘドロの清掃などできっこない

最後にはポンプで吸い上げた水は、そのほとんどが

オーバーフローからそのまま出て行ってしまって

浄化槽の体を成していなかった。

クリックすると元のサイズで表示します

そこで今回のテーマは「安価で手入れのしやすい手作りの浄化槽」

選んだ資材は、90リットルの普通の蓋付きポリバケツと

そのバケツの上部にちょうど乗っかるタライ。


もちろん、そのバケツを滝の裏側に置いてみると

違和感甚だしい!

家内からも、すぐNGが出てしまった((笑い

安価な屏風式のラチスフェンスを購入してきた。

これでは向こうが透けてしまうので

最終的には裏から竹を切ってきて止め付ける。


ここまでの購入費用

蓋付きバケツ タライ  フェンス
2,900   + 470  + 2,480 = \5,850

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2019/8/24

オタマジャクシが死ぬほど・・  自然

クリックすると元のサイズで表示します

或る朝、家内が嘆きに満ちた声を上げた。

「うわっ オタマジャクシが死ぬほどいる!」


我が家の玄関先に置かれた

アイボリー色と緑色の大小二つの金魚鉢・・

上側のアイボリー色の鉢には、以前オタマジャクシが

10匹くらいは生まれて発生している事は確認していた。


この度は下の緑色のメダカ鉢の方らしい。

声を聞きつけて、見に行ってみると

直径30cmくらいの小さな鉢に

目測で100匹はいるであろう小さな個体が

鉢の周囲にびっしりへばりついている((笑い


アイボリー鉢の上側に

一見関心無さそうに鉢の外側を眺めながら

しかし、実際には心配でたまらない子供達の母親が

卵を産み落としたものだろう。


まっ! いずれ成長すれば、鉢からは

自分から出て行くので良いか((苦笑
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ