旧ネーム (まさじぃ)です!
ロマンが無い爺さん・・  ペット

クリックすると元のサイズで表示します

みやじマリンで頂いて来たランチュウが大きくなりすぎて

お腹を底に付けて休憩中。

時々、ひょうきんな姿を見せる。

図体がでかくなれば、餌を食べる量も増え

うんちの量も増えてくる。

先日、水槽の水が悪化して、上部濾過槽ごと大掃除をした。

クリックすると元のサイズで表示します

以前、NHKを見ていて、童謡が放映されたのを想い出した。

こんなストーリーだった。


〜或る日、子供が夏祭りで金魚を釣って来た。

小さな水槽で飼っていたが、餌を良く食べてどんどん大きくなった。

とうとう、水槽の中で向きが変えられないくらい成長した。

それを見て、お父さんがこれは金魚ではなく鯉になった。

我が家では飼えないので、隣町のおじいちゃんの大きな池に

放してあげよう!と、子供と家族会議をする。

子供は嫌がったが、結局お父さんが説得して

おじいちゃんに頼むことにした。

大きな池で泳ぐ鯉を見て、最初は渋っていた子供も喜んで

また見に来るからねと声を掛ける〜


ポエム溢れる楽しい童謡だが

『水槽で向きを変えられないくらいになったら

水質が悪化しすぎて、その段階で死んでしまうよ!』

『この童謡創った人は、きっと魚を飼った事が無い人だね』

という、いっちゃんじいさんがいる。


「ロマンが全くない爺さんだね!!」

と、それを聞いた、家内と娘達の批判の的だ・・

自分もそう思うが、水槽の掃除で苦労していると

つい、出てしまうんだよな・・
1

防災日記・・竹の性質に気づく  防災日記

クリックすると元のサイズで表示します

前日、竹の立ち上がり部分を切って回ったが

とうとう、二代目電気ソーが根を上げてしまった。

ノコ刃を支えている軸が破損してしまって

使い物にならなくなった。

初代充電式ソーはノコ刃が折れてしまったり

充電式電池が充電しなくなって廃棄処分となった。

両方ともメイドイン中国・・

初代はそれでも部品を取り寄せて対処しようと思ったが

丁度、新型コロナにより、海外からの入国や物資の輸入が

滞っていた時期で部品が入って来ないのに困った。

中国製は、適度な能力と値段で仕入れられるので

ホームセンターでは扱いやすいんでしょうね。

しかし、何かイレギュラーが起きた時に困る。


今度は、悩んだ末しっかりした国内メーカー品を購入した。

別に購入資金が無いわけではないが、自分の所有地でも

無い場所を、ボランティアで作業してる訳で

そこに、大金を掛けるかどうかが争点だ。

しかし、新規購入した機械が思わぬ事で新たな展開を見せた。

品揃えの多いホームセンターで、一番の能力が高い

電気ソーを購入したが、帰って箱を開けてみると

ノコ刃が金属切断用の物しか付いていなかった。

もちろん、木材切断用の刃も装着可能は検証済みだが

再度、ホームセンターに駆け込むのも時間の無駄なので

試しに、金属刃で竹の地下茎の切断を試みてみたが

これがなんと大ヒット!!


機械の能力と相まって、サクサクと切れる。

樹木の根と違って、非常に緊密性の高い竹の地下茎は

木材というより金属に近いのだという事が判った。

竹=木材切断用ノコ刃としか結び付かない、固い頭が

今となってはうらめしい。

中間点まで、残り少なくなってやっと、要領が良くなっても

遅いよね・・

クリックすると元のサイズで表示します
1

防災日記・・資格有りますか??  防災日記

クリックすると元のサイズで表示します

わずか20mの間に6本も伸びあがっていた、太い生竹

ツルハシも振り切れないので、先に電気ソーで

切って回ることにした。

太い生竹を連続して切っていくと電気ソーが熱を持ってくる

それでもかまわずに切っていると、とうとうソーが壊れてしまった。

アラ ソー?

なんて、ダジャレを言っている場合ではない。

機械を買い替えるしかないが、それは明日考えるとして

今日は、ツルハシの手入れをすることにした。

4年間も柄を変えた事以外は何の手入れもしていなかった。

倉庫を探してみると、ベビーサンダーが有ったので

金属砥石用の刃に取り換えて、ツルハシの先を研ぐ・・


ちょっと待った! あなた資格持ってる?

ベビーサンダーは、それを使用するのには資格など必要ないが

切断刃や砥石を取り換える時には

「自由研削砥石取替等業務」という特別教育の資格が必要。

ハイ! 私は資格をちゃんと持っています。

という事で、砥石を取り換えたが

資格の無いあなた! 不用意に取り換えたりしていませんか?

駄目ですよ!!


しかし、建築の施工管理業務を離れて、早や30年になる。

今日使うベビーサンダーを始め、丸ノコ、ドリル等は、その時に

揃えていたものだが、30年振りに陽の目を見る事になる。

まさか、この年になって再び使うようになるとは

人生のめぐりあわせかもね。
1

スイセンロード・・  花・植物・野菜日記

クリックすると元のサイズで表示します

遊休地で水仙が花を開き始めた。

家内が狭い下の畑に咲いていた水仙を

ウエーブで歩道状にした縁に点々と植え付けた。

秋口に一帯全部を草刈り機で刈り取った時には

その水仙の葉っぱも刈り取ってしまっていたが

それにめげず、葉と茎を伸ばして来たようだ。


家内が「ほら私の言ったとおりでしょ」と自慢する。

「雑草と一緒に刈っても水仙は伸びてくる」

『うんそうだね! ついでに雑草も一緒に伸びているようだが・・』

遠くまで、スイセンロードのウエーブが見えてきた。

スイセンの中でも、一番ノーマルな花なので

二ホンズイセンでしようね。

家内の自慢のロードにしておきましょうか・・

クリックすると元のサイズで表示します
1

防災日記・・枯渇処理の検証  防災日記

クリックすると元のサイズで表示します

溝の中に生えあがった、生きた生竹の撤去作業も

手作業ではこれが限界だ。

両端に伸びた根を叩いたり、切ったりで短くして

溝から外そうとしたが、びくともしない。

立ち上げを短く切って、節に穴を開け、除草剤の原液を

多量に流し込んだ。

これで、どれだけ弱るかの検証だ。

弱った段階で、ツルハシや斧、電気ソーを使って

細切れにしていく。


枯渇処理前の写真
クリックすると元のサイズで表示します
1

尾関山公園 三次市街地の一望・・  自然

クリックすると元のサイズで表示します

紅葉に囲まれた、三次市 尾関山公園の展望台から見下ろすと

三次市市内が一望できる。

目を北東方向の山筋に向けると、同じ高さくらいの山の中腹に

ポツンと大きな建物が見える。

ビハーラ花の里病院だろうと、案内してくれた地元の人が

教えてくれた。

そちらからも、三次市内が一望できる絶好の環境に見える。


そういえば、三次には「霧の海通信・ふるさとの風景」

というブログを発信されている人がいる。

今では、三次の名物となった霧の雲海の紹介者だ。

高谷山と言えば、その病院からは真反対の方向

尾関山公園からは、おそらく南西に向かう方向だろう

この展望台からは、どうやら見えない様だ。

しかし、その病院と同じような山の中腹に

お住まいなのだろうと推測する。

三次のふるさとの風景を継続して発信される事を祈念する。

クリックすると元のサイズで表示します
1

防災対策日記 溝堀・・無理なさらないで!  防災日記

クリックすると元のサイズで表示します

新型コロナウイルスの、第三派感染者拡大の影響で

小池百合子 東京都知事さんがおっしゃった

「お年寄りは無理をされないでください」

「無理な外出はなさらないでください!」

と、外出自粛要請がされる中、仕方なく

三連休も畑の手入れと、防災対策の溝堀りに費やすことになった。

連休最終日に溝堀り

準備作業として、溝の中に十数メートル伸びあがった

生竹を二本切り倒し、枝払いして整頓。

切り倒すと言っても相当重量の有る生竹、非常に怪我をし易い

危険な作業だ。

倒した竹は細切れにして、一人で持てる重さにしていく。

枝笹も払っていくと結構な量になる。


それをこなしておいて、溝堀の再開をする。

平均6~7本溝に沿って伸びている竹の地下茎を切断するのが

難儀だ。

真ん中辺りは、ツルハシの平刃で2~3回ぶったたけば

切れてくれることも有るが、溝の両端に沿って伸びた地下茎は

ツルハシでは無理だ。

電動ソーを使って時間を掛けて切っていく。

ましてや、四角い溝の一番底両端に伸びている根は一番厄介だ。

電動ソーが稼働しない。

溝の中央部分をツルハシのぶったたきで切断、排除の上

スコップでコンクリート底・側壁から引きはがしておき

電動ソーを入れるしかない。

一か所でも地下茎の全切断をすれば、後は作業が楽になる。

地下茎の切断に 全集中? ((笑い


やみくもに、ツルハシと電動ソーを使いながら溝堀をしてきた結果

得た、唯一の作業マニュアルと言えるか?

今回は生竹の切断と整理という、余分な仕事が有ったが

丸一日掛けて2m程度しか掘削が進まない。

ここからは、6本の生竹毎に、地下茎の全切断をしないと

いけないので、気が遠くなる作業が残る。

クリックすると元のサイズで表示します

残った、この生竹の根の処理も大変だ。

立ち上がった竹を根元近くで切り直し、溝の根も何とかして

もう少し短くして、竹の幹に穴を開けて除草剤の原液を流し込む。

時間を掛けて竹が勢力を弱めるのを待つしかないかな?


小池百合子 知事は、お年寄りは無理なさらないでくださいと

言われたが、のんびり外出するよりも

かえって無理をしてしまった((笑い

いつまで、元気で居られるか判らないので

我が家の自伝作業マニュアルを残しておこう・・
1

西区新庄町 河川敷イルミネーション・・  ひろしま

クリックすると元のサイズで表示します

広島市内中区の百米道路では、毎年恒例の

ひろしまドリミネーションが、先日点灯されたらしい。

百米道路の両側緑地帯を使って開催される

ドリミネーションの豪華さには叶わないが

安佐南区長束の隣に位置する、西区新庄町の河川敷道路にも

イルミネーションが飾られている。

閑静な住宅地だけに、余計光の筋が際立って見える。

クリックすると元のサイズで表示します

ばあちゃんと手を繋げてイルミネーションに見とれる

2人の孫も、さぞ冒険心をくすぐられただろう。

クリックすると元のサイズで表示します
1

温室ハウスとキウイの想い出・・  花・植物・野菜日記

クリックすると元のサイズで表示します

毎年、洋ランや熱帯性植物の置場に困っていた。

使っていない自宅の部屋を、洋ランの冬越し避難場所として

いたが、子供達が帰省して帰ってきた時には、部屋を移し替え

なければならない。

そこで今年は、遊休地のキウイの棚下を利用して

ビニール温室を創ることにした。

1.4m角の大きさ、これなら洋ランと熱帯植物が全部収まるだろう。


すると家内が、「キウイが実ったら取りにくくなる」という

実は、隣に見えるキウイのツルは、この遊休地を借り受ける

時から、この土地に定着していたもの。

広い範囲で芽を吹きだしていたので1K×4Kのパイプ柵を創って

大事に育てていたが、5~6か所の根から芽を出して2年目

一つぐらいはメス木が有るだろうと花を調べてみると

なんと、全部役立たずの オス木・・


キウイの苗木を買うと、必ず接ぎ木で販売されている。

その接ぎ木の台木は、接ぎ木された木がオス・メスに

関わらず、必ずオス木の木に継がれるという。

オス木の方が根が力強く、活着しやすいからだという。

という事は、キウイを手入れをしないで長年放置していると

台木のオス木が伸び放題になって、メス木はいつしか衰弱して

消滅してしまう・・


まさに、役立たずのオス木ばかりが残ってしまうという訳。

    ↑失礼、いつも家内から言われているもので((笑い

慌てて、メス木を購入して植えても、イノシシに掘りあげられて

しまったりで、なかなか育たない。

メス木が弱いという事を、つくづく痛感してしまった。

でっ! そのキウイは、ツルは大きく伸びているが

遊休地を管理し始めて4年経つが、いまだ、実は実ったことが無い。

『実が収穫しにくいという事は、実が成ってから考えよう』

獲らぬ狸の皮算用をしても仕方ない((笑い


ところで、先日二匹目のイタチを捕まえたが

残念ながら、畑は荒らされ続いている。

イタチの残党か? もしくは、以前「やおう やってぇやあ」

と、ご挨拶に訪れた「タヌキチ君家族か?

獲らぬ狸の、野獣との闘いは続く・・

1

北海道特産豆 「黒千石」・・  花・植物・野菜日記

クリックすると元のサイズで表示します

せっかくの休日、居間のテーブル付近でゆったりしていると

家内が、目の前のテーブルにバサッと何かを置いた。

小さな豆だという事は判るが、果たして名前は?

知人から貰った少量の種豆を、畑に植えていた物が

収穫できたから、皮をむいて中の豆を出してくれという。

豆の名前は、貰った本人に聞いても、判らないという返事が返ってきた。

という理由で、2時間ぐらい掛って皮をむくことに・・

クリックすると元のサイズで表示します

極小粒の黒い豆がさやの中に納まっている。

全く先の見えない作業が、やっと完了

二時間掛ってこれだけの量か??

という感じ・・ 皮をむく途中、豆が飛び跳ねて

居間の床は黒豆だらけ・・


名前が判らなくちゃ、料理の仕方も判らない。

という事で、ネットで検索してみた。

どうやら、北海道特産の「黒千石」という極小粒の黒豆らしい。

ふやかす事無く、そのまま炊飯器に仕掛ければ豆ごはんが出来る

その他、通常の煮豆料理?? 小さいだけに鍋で炊く時間が

かなり、少なくて済むとか?

早速、家内が一握りの豆を使って、豆ごはんを焚いてくれた。

赤飯のような赤系統のご飯ではなく、青紫系統の神秘的で

美味しそうなご飯に炊きあがった。

手間は全く掛からず、美味しい豆ごはんだ。


しかし、食材等の物余り、飽食時代のこの頃

貴重な、食材の確保の体験をさせてもらって

ありがたや ありがたや・・((嫌み?


いいや、いまCMでしきりに流れている

現代版 おむすびころりん

毎日、全国で1億個のおむすびが捨てられている?

めっそうも無い! 食材は絶対無駄にしません!!

クリックすると元のサイズで表示します
1




AutoPage最新お知らせ