旧ネーム (まさじぃ)です!
温室ハウスとキウイの想い出・・  花・植物・野菜日記

クリックすると元のサイズで表示します

毎年、洋ランや熱帯性植物の置場に困っていた。

使っていない自宅の部屋を、洋ランの冬越し避難場所として

いたが、子供達が帰省して帰ってきた時には、部屋を移し替え

なければならない。

そこで今年は、遊休地のキウイの棚下を利用して

ビニール温室を創ることにした。

1.4m角の大きさ、これなら洋ランと熱帯植物が全部収まるだろう。


すると家内が、「キウイが実ったら取りにくくなる」という

実は、隣に見えるキウイのツルは、この遊休地を借り受ける

時から、この土地に定着していたもの。

広い範囲で芽を吹きだしていたので1K×4Kのパイプ柵を創って

大事に育てていたが、5~6か所の根から芽を出して2年目

一つぐらいはメス木が有るだろうと花を調べてみると

なんと、全部役立たずの オス木・・


キウイの苗木を買うと、必ず接ぎ木で販売されている。

その接ぎ木の台木は、接ぎ木された木がオス・メスに

関わらず、必ずオス木の木に継がれるという。

オス木の方が根が力強く、活着しやすいからだという。

という事は、キウイを手入れをしないで長年放置していると

台木のオス木が伸び放題になって、メス木はいつしか衰弱して

消滅してしまう・・


まさに、役立たずのオス木ばかりが残ってしまうという訳。

    ↑失礼、いつも家内から言われているもので((笑い

慌てて、メス木を購入して植えても、イノシシに掘りあげられて

しまったりで、なかなか育たない。

メス木が弱いという事を、つくづく痛感してしまった。

でっ! そのキウイは、ツルは大きく伸びているが

遊休地を管理し始めて4年経つが、いまだ、実は実ったことが無い。

『実が収穫しにくいという事は、実が成ってから考えよう』

獲らぬ狸の皮算用をしても仕方ない((笑い


ところで、先日二匹目のイタチを捕まえたが

残念ながら、畑は荒らされ続いている。

イタチの残党か? もしくは、以前「やおう やってぇやあ」

と、ご挨拶に訪れた「タヌキチ君家族か?

獲らぬ狸の、野獣との闘いは続く・・

1




AutoPage最新お知らせ