旧ネーム (まさじぃ)です!
防災対策日記 溝堀・・無理なさらないで!  防災日記

クリックすると元のサイズで表示します

新型コロナウイルスの、第三派感染者拡大の影響で

小池百合子 東京都知事さんがおっしゃった

「お年寄りは無理をされないでください」

「無理な外出はなさらないでください!」

と、外出自粛要請がされる中、仕方なく

三連休も畑の手入れと、防災対策の溝堀りに費やすことになった。

連休最終日に溝堀り

準備作業として、溝の中に十数メートル伸びあがった

生竹を二本切り倒し、枝払いして整頓。

切り倒すと言っても相当重量の有る生竹、非常に怪我をし易い

危険な作業だ。

倒した竹は細切れにして、一人で持てる重さにしていく。

枝笹も払っていくと結構な量になる。


それをこなしておいて、溝堀の再開をする。

平均6~7本溝に沿って伸びている竹の地下茎を切断するのが

難儀だ。

真ん中辺りは、ツルハシの平刃で2~3回ぶったたけば

切れてくれることも有るが、溝の両端に沿って伸びた地下茎は

ツルハシでは無理だ。

電動ソーを使って時間を掛けて切っていく。

ましてや、四角い溝の一番底両端に伸びている根は一番厄介だ。

電動ソーが稼働しない。

溝の中央部分をツルハシのぶったたきで切断、排除の上

スコップでコンクリート底・側壁から引きはがしておき

電動ソーを入れるしかない。

一か所でも地下茎の全切断をすれば、後は作業が楽になる。

地下茎の切断に 全集中? ((笑い


やみくもに、ツルハシと電動ソーを使いながら溝堀をしてきた結果

得た、唯一の作業マニュアルと言えるか?

今回は生竹の切断と整理という、余分な仕事が有ったが

丸一日掛けて2m程度しか掘削が進まない。

ここからは、6本の生竹毎に、地下茎の全切断をしないと

いけないので、気が遠くなる作業が残る。

クリックすると元のサイズで表示します

残った、この生竹の根の処理も大変だ。

立ち上がった竹を根元近くで切り直し、溝の根も何とかして

もう少し短くして、竹の幹に穴を開けて除草剤の原液を流し込む。

時間を掛けて竹が勢力を弱めるのを待つしかないかな?


小池百合子 知事は、お年寄りは無理なさらないでくださいと

言われたが、のんびり外出するよりも

かえって無理をしてしまった((笑い

いつまで、元気で居られるか判らないので

我が家の自伝作業マニュアルを残しておこう・・
1




AutoPage最新お知らせ