旧ネーム (まさじぃ)です!
第一種銃猟&わな猟の免許更新・・  狩猟日記

クリックすると元のサイズで表示します

第一種銃猟免許と、わな猟免許を取得して早や三年が経った。

狩猟免許の更新時期が来たようだ。

安佐北区総合福祉センターで“免許更新の適性検査”が行われ

家内と二人で行ってきました。

視力、聴力、運動能力の適性検査が行われるとの事で

視力、聴力は何とかなると思ったが、運動能力について

少し足に痛みが走る家内は、整体に通いつめ

先生に、この日までには足を完全に直してくださいと訴えたという・・


かくいう私も、最近新型コロナウイルスのクラスターが多人数発生した

広島駅前のスポーツジム《ゼクシィ広島》以外のスポーツジムに

少しばかり通って、体幹を鍛え直さなければならないかと思ったが

あいにく、その時間の余裕が無かった。


当日、6階の大会議室に案内され・・

だだっ広い、適正検査会場に担当者が待ち構えている・・

ぶっつけ本番で、やるしか仕方ないと腹をくくったが・・・・



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



いゃいゃ!! しっかりと適性検査をしてもらいました!!!!((苦笑

また、今後三年間狩猟免許は継続できるようだ。。。やれやれ
1

スマートウォッチのプレゼント・・  生活

クリックすると元のサイズで表示します

父の日のプレゼントで、子供がスマートウォッチを買ってくれた。

まさか、父の日にこんなプレゼントをもらうなんて思ってなくて

ビックリだ。


早速、スマホにアプリを入れてペアリングをさせ、動かしてみた。

アプリは、Glory Fit

動かしてみるといろんな機能が有るんですね。

腕に付けているだけで、運動機能の体温測定、血圧、心拍数、血中酸素

の測定から、睡眠の確認、天気予報、スマホに掛った電話から

メッセージの転送など便利な機能いっぱいだ。

有難く使わせて頂こう。

機能が全部使いきれるかは、まだ判らないけれど・・
2

土壌改良材・・  花・植物・野菜日記

クリックすると元のサイズで表示します

先日、定例行事となってしまった

安佐北区安佐町筒瀬の剪定枝リサイクルセンターに

無料の土壌改良材を貰いに行った。

廃棄物として搬入された剪定枝をチップ状に切り刻み

肥料分と混ぜて2~3年熟成させた物。

持帰って、土と混ぜ合わせるだけで、土壌の水持ちも良くなるし

適度に土の空積も増し、そのうえ肥料分も効いて作物が

良く育ち、一石三鳥だ。

毎回、何組かの同輩と一緒になるのだが

今回はたった一組で貸し切り状態だった。

これも新型コロナウイルスの影響か?


工場の裏手には、まだまだ熟成中の土壌改良材がゆっくりと

時間を掛けて熟成中だ。

クリックすると元のサイズで表示します
1

南高梅とすもも・・  果樹園芸日記

クリックすると元のサイズで表示します

4年前に植え付けたばかりの、遊休地のまだ幼木の梅の木二本ですが

ぽろぽろと実落ちをし始めたので、収穫する事にした。

ちょうど収穫した直後に、友人からプラム(すもも)を頂いた。

さて、上の写真どちらがプラムか?



答えは小さくて赤い上のザルの中がプラム。

下が我が家の南高梅。

通常はプラムが梅より大きいのが普通ですが

たくさんの身が成り過ぎたんでしょうね。

小さく育ってしまったようだ。

それとも、我が家の梅が大きすぎ?


しかし、大きさだけで勝負しても仕方ない。

まだ幼木とは言えど、梅は数える程度しか実が付いていない((笑い

だから、栄養が回り過ぎて大きく育ったか?


その友人から貰ったプラムの挿し木苗も、遊休地では

すくすくと育っている。

僕は梅よりも大きな実を付けるんだと、見返す日も

いつかは来るだろう。

下の写真は豊後梅。

早速、家内が梅酒として仕込んでいた。

クリックすると元のサイズで表示します

1

寂れたシャレオ食堂街にワクチン接種会場・・  新型コロナウイルス

クリックすると元のサイズで表示します

先日ワクチンを接種しに行った際

久しぶりにシャレオ地下商店街を歩いてみた。

土曜日の昼時間、かつては食堂街で賑わっていた

地下街のシャッターが一斉に軒並み閉ざしたままだ。

クリックすると元のサイズで表示します

そんな閉鎖されたスペースを利用して、ワクチン集団接種会場が

設置されていた。

シャレオ西スペースの空地も受付・待機所に有効利用されている。


広島市では、まだ64歳以下のワクチン接種券は発送されていないが

大阪では、もうすでに全府市民にワクチンの発送がされているらしい。

大阪の息子達夫婦から、接種券をもらったと連絡が有った。

早期のワクチン接種で、以前の家族の交流が

再び出来る事を願う。

クリックすると元のサイズで表示します
1

“一円を大切にする人は、みんなを幸せにする”・・  安佐北区

クリックすると元のサイズで表示します

100円ショップも、有名なダイソーの他にも

Can Do、ワッツと乱立している気配が有るが

その一つにセリア(Ceria)も有る。


安佐北区の可部に有る某スーパーの一角に広いスペースで

営業している。

偶然立ち寄る機会が有って、孫達のおもちゃを少しばかり

仕入れようと思ってレジに向かった。

私の前には相当高齢のご婦人がレジで支払いをしようとしていた。

しかし、なぜかモズモズとして支払いを完了しない。

何か探しているような気配が有る。

それを見ていたレジの店員は「どうなさいましたか?」

と声を掛けているようだが、これも一向に進展なし。

新型コロナウイルスの慣例で、レジでは、間隔を取って

並ぶようになっているので、あまり近寄っても行く事も

出来ない。

5分くらい、そうした悶々とした状態が続く・・・


私は、ずっと待たされて、正直半分嫌気も指していたが

ふと、レジカウンターの下を見ると、何か白く丸い硬貨の

ような物が落ちているのが見えた。

1円玉だ!!

直感がひらめいた私は『一円玉落とされましたか?

ここに落ちていますよ!』と拾ってあげた。


それを受取った老婆は、平身低頭で感謝のお辞儀をされる。

荷物をまとめてその場を立ち去るまで、5回くらい深々と

頭を下げて去って行かれた。

一円玉を拾ってあげて、5回もお辞儀を・・・


もし立場が変わって私が落とした側だったら、こうは出来ないだろうな

と苦笑いだ。

“一円を笑う者は、一円に泣く”という諺が有るが

さしずめ

“一円を大切にする者は、みんなを幸せにする” と、いう事か・・

クリックすると元のサイズで表示します
1

正直者が馬鹿を見る・・大型ごみ!  安佐南区

クリックすると元のサイズで表示します

広島市安佐南工場の大型ごみの自己搬入についてはホームページで

今年の春以降の緊急事態宣言以来、宣言が出る度に

新型コロナウイルスの蔓延防止の為

「処分を急がない大型ごみの自粛をお願いします」と書かれている。

最初は5月8日から5月31日までの期限を切ってお願い文書が有った。

6月になるともう持って行っても大丈夫かと調べてみると

「6月20までは自粛をお願いします」と書き換えられている。

6月20日を過ぎると・・

今度は「7月11日まで自粛をお願いします」

と、これまたいつの間にか書き換えられている。


政府の新型コロナウイルスの、後追い対策と一緒じゃん。

守っても、守っても、次々と書き換えられて延長される。


もう、二ヶ月も大型ごみの搬入をとどまって、家の中が

ゴミ屋敷になっている。

増築工事がどんどん進んできて、不要なゴミを何とか処分

しないと、工事に進障をきたしてしまう。

と、いう事で意を決して車に大型ごみを積込み

家を出発した。


工場に着いてみると、自分だけが肩身の狭い思いをして

ゴミを出さないといけないかと思ったら・・

他にいっぱい車来てるじゃない・・ざっと20台くらい。

大渋滞だ!!

しかも、後から混雑予想カレンダーを見てみると、今日は

全く混雑の予想されていない日だった。


広島市が呼びかける自粛は形だけか??

正直に長期間自粛を守った、正直者が馬鹿を見るのか??

広島市安佐南工場 大型ごみの自己搬入混雑状況
1

ワクチン静養日の後は・・  遊休地日記

クリックすると元のサイズで表示します

先日、新型コロナワクチンを接種して翌日、安静にしていると

「休み過ぎじゃぁ〜〜!!」

「普段の生活に戻れ!」

と、鬼ばばあが、目を三角にする。

もう家内の方は、とっくにワクチン接種の二回目を終えているので

手厳しい事この上ない。

二日後の休みの日、仕方なく、石垣の側面の草取りをすることにした。

先日、自宅下の道路にマムシが出て来て、何処かの車に惹かれて

死んでいた。

そんなマムシが、どんどん出て来られてはたまらん。


石垣の側面から、勢いの良い笹や草が伸びだしているので

簡単そうに見えて時間が掛る。

剪定ばさみとノコを駆使して茎が残らない様に切り取っていく。

根気のいる作業だ。

午前中かけて、やっと1/3が終了した。


立っている下の畑は水はけが悪いので、所々に水が溜まり

湿気が高いうえに、太陽がカンカンと照らし、石垣からは

輻射熱を浴び、まるで石焼ビビンバ状態。

真夏のようだ。

一日では、無理かと思ったが、何とか50m位の石垣の

草取りが完了した。

ワクチン静養日の後は、でぇらい仕打ちを受けてしまった。

クリックすると元のサイズで表示します
2

ゴミ箱の中で元気に育つ里芋・・  花・植物・野菜日記

クリックすると元のサイズで表示します

広大な荒地を耕すと、竹の地下茎が無尽蔵に地中から出てくる。

また、二週間程度で草刈り機を入れないと、足の踏み場もないくらい

草木が繁茂する。

その出てきた枯葉等を、燃やす事は出来ないので、コンパネで

囲いを創って、腐葉土に出来ないかと施設を創った。

もう、三年間位草木を放り込んでいるが、放り込んだ量の

1/3位に圧縮され、足元ではいい具合の腐葉土が作出されている

事だろう。


しかし、最近その中から里芋の葉っぱが大きく育ってきたことが

判った。

もちろん、植えた記憶も無い。

放り込んだ、中に種芋となるものが有ったのだろう。


家内が、引き抜いてちゃんとした畑に植替えようとしたが

根が絡み合って抜けないという・・

このまま、育つのを待つしかないか((笑い

さぞ、腐葉土を肥料にして立派な里芋が出来る事であろう。
1

ゴミ箱に捨てられた余剰食材に思う・・  安佐北区

クリックすると元のサイズで表示します

今日は、見てあまり気持ちの良くない物を見てしまった。

いつもの仕事帰り、JR可部線での帰り道、直近で乗れば

中島駅が近いが、一駅歩いて上八木駅まで歩いて乗ることにしている。

その道中、某農家が連なる道を歩いていると、ゴミ箱が見えた。

中には、ゴミには見えない塊が置いて有る。

クリックすると元のサイズで表示します

立派に収穫された玉ねぎとジャガイモのようだ。

我が家の畑で収穫された玉ねぎよりも立派な物だ。

想像するに、家で消費出来ない老農家の人が、邪魔になって

燃えるごみの日前日にゴミ箱に入れたか?

近くに設置してあったゴミの日程表を見ても、燃えるごみの

前日だという事が判る。

クリックすると元のサイズで表示します

新型コロナウイルスの猛威によって、子供食堂もあまり盛大には

出来ない。

余剰食材として、子供食堂等に持込みすれば、まだまだ活用できる

はずだが・・

考えてみると、新型コロナウイルスは、何もかも人類の絆を切断する

人類の歴史最大の悪役となるのか??
1




AutoPage最新お知らせ