旧ネーム (まさじぃ)です!
ホウネンエビ・・  自然

クリックすると元のサイズで表示します

若い女性が田んぼを覗き込んでいるのは?

どうやら、田んぼの水の中にホウネンエビ(豊年蝦)が多数

発生しているらしい。


尻尾の先が二本赤く、そして胴体は緑色。

その緑色の胴体部分に、エラ状の多数の足が有り

胴体が透明で上から足を動かして移動したり、餌をかき集めたりする。

水中で体を仰向けにして足を上にして泳ぎ回る。

稲の田んぼに良く発生するが、稲には危害を与えず

逆にこのエビが多数発生した時は、コメの豊作と言われ

その由来で、古来から豊年蝦と呼ばれ、農家にとっては

歓迎されているようだ。

成虫は一ヶ月半程度しか田んぼに生きていないので

オタマジャクシをすくっていた小さい子供達に

親はエビだけは逃がしてあげなさいと言っていた。


我々が育った田舎では、毎年すごい数のホウネンエビが

元気に田んぼを泳ぎ回っていたが、最近ではあまり見る機会も

無くなっていた。

農薬を使うようになって、その数は減ってきているという。

しかし、やはり子孫は残してきているのかと思うと

自然の摂理の凄さを感じる。

クリックすると元のサイズで表示します
2

クワガタ待ち・・  自然

クリックすると元のサイズで表示します

6月に入って、気温も暖かくなった。

もう一ヶ月すると、子供達は待ちに待った夏休みだ。

野に山に、川に海にと繰り出す・・

昆虫採集に大忙しだ。


そんな中、孫達の住むアパートの玄関扉に、クワガタ虫の来訪者が

有ったという・・

「飛んで灯にいる、梅雨の虫」という訳か?

それ以降、我が家の樹木のあちこちに、クワガタの餌が置かれ

おびき出し作戦が始まった。

しかし、今は蟻んこの餌にしかなっていないが・・
1




AutoPage最新お知らせ