旧ネーム (まさじぃ)です!

2019/9/14

映画 「引越し大名!」・・  映画

クリックすると元のサイズで表示します

天和2年(1682年)、徳川家康の血を引く譜代大名の松平直矩は

姫路城主として15万石の領地を治めていたが

参勤交代で幕府に上がった際、ちょっとしたことで

幕府の重鎮に嫌われ、7万石に減石されたうえ

九州の豊後日田藩に国替えを命じられた。

国替えとは、定期的に領地から幕府まで行列を作って顔出しをする

参勤交代とは違い、家臣の家族が全員揃って居を移す為

莫大な人数の移動と費用を掛けなければならない。


特に松平直矩は、中央の幕府の受けが悪く、しょっちゅう国替えを

命じられ、藩の財政もなく、引っ越しの指揮を執る家臣も

激務の為、亡くなっていた。

減石の為、家臣を減らし、家財を減らし、財政が無い為

商人から金を借りなければ国替えは実行できない。

失敗をすれば、即刻切腹が待っている時代では

誰も引越しの指揮役にはなりたくない。


家老から、引越し奉行の打診を受けた、武芸の達人では有ったが

知恵の無い、鷹村源右衛門は代わりにうってつけの者がいますと

即刻、辞退する。

そのうってつけの者とは、書庫番で普段から書庫にこもりっきり

で、人と話すのも苦手という、周囲の武士からカタツムリと

あだ名が付けられている、片桐春之助。

彼は、家老や家臣達が集まっている城内に呼び出され

出来る筈もないと拒絶するも、切腹か引き受けるか

どちらかを選べと脅迫され、引き受けざるを得なかった。


片桐は、全く何をやればいいのか見当もつかない。

そこで、協力するという約束の鷹村から、前引越し奉行をやっていた

前任者に娘がいるので相談するしかないとアドバイスをもらう。

早速、片桐はその娘お蘭にお願いしに家に向かうが

実は、お蘭は一生懸命務めた父をしり目に、手柄を独り占めに

して、結果的に父を死に追いやった、家臣に対して

ひどく腹を立てており、片桐は門前払いに合った。

しかし、そんなお蘭も一人静かに父の墓参りをしている

片桐の誠実さを偶然見つけ、心を動かせる。


さて、数日過ぎて片桐に城内での引っ越し準備の説明の日が来た。

準備の説明が出来なければ、即刻切腹が命じられる。

片桐には、家老に聞かれても何も答えられる策は無かった。

家老から、切腹の命が下された、片桐が助けを求める鷹村は

介錯役なので助ける事は出来ない。

その時、お蘭が駆けつけてきた。

父が作った引越し御用帳を持ちこみ

すでに片桐様とは打合せ済みだと・・


お蘭主導で引越しの準備が始まりだした。

片桐には、もう一人財政役の役人中西堅物という

助っ人も加わり、商人への借金も何とか乗り切った。

家臣の家財見切り処分も機転や、お蘭達の助けで乗り切った。

後は、一番難局の家臣の人減らしだ。

片桐は、一人一人に武士をやめて農民になってくれと

誠意を込めて訴える。

藩が増石になれば必ず呼び戻すという約束で・・

全員の説得を終えた、片桐は全力を出し切り

廃人のようになって、お蘭の家の雨戸を叩く

そして、お蘭の胸で泣きじゃくる片桐の姿を、幼いお蘭の息子は

じっと、見つめている。


やっと、引越しの準備が整った・・

片桐は、鷹村に皆の引っ越し行列の指揮を頼み

自身は家老と共に城引き渡しの重責を果たす。

そして、その晩再びお蘭の所に、父が亡くなった以上藩とは

縁もゆかりもない立場、私はここに残りますというお蘭に対し

「一緒に暮らしたい」という、言葉しか言えない片桐に

突如お蘭は「じゃ!結婚しましょう」と、片桐には思いも

かけなかったハッピーな返事が・・

晴れて夫婦になった二人は、晴れやかな足取りで

先行の行列に追いつく。


途中、裏切り者の仕業で政府の隠密の待ち伏せに合うが

鷹村の奮闘で何とか乗り切り、日田に到着し国替え

は終了する。





その後、二度目の国替えを経て、松平直矩は15万石に増石し

姫路に残した以前の家臣を迎えに行く、片桐春之助の姿が有った。

その家臣たちが武士に戻り、城に戻ってきた時

松平直矩は、片桐春之助に家老をやってくれと依頼する。

「若輩者です」と一度は辞退する春之助に、鷹村は

「お前に従わない者はこの家臣にはいないよ」と諭す。

松平直矩の前に二つの布で覆った物が有った。

片桐春之助がどうぞ見てくださいと布を外す。

一つは、姫路城を離れて15年間で命を落とした人々の石碑。

もう一つは、武士をやめて農民になって生きると決意した

した人達の刀!

「これで全員揃いました!」 と、片桐春之助の誇らしい声が響く



〜引っ込み思案の小心者の春之助が、家老まで駆け上がった

実録の出世物語〜

配役

松平 直矩    及川 光博   城主

本村 三右衛門  松重 豊    家老

藤原 修三    西村まさ彦   次席家老 裏切り者

片桐 春之助   星野 源    引越奉行

鷹村源右衛門   高橋 一生   春之助の手助け

お蘭       高畑 充希   前奉行の娘 

クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ