旧ネーム (まさじぃ)です!

2019/2/26

ちゅらパックシーサー・・  旅行

クリックすると元のサイズで表示します

家内が沖縄土産として買ってきた

美ら(ちゅら)パックシーサー

フェイスパックたおる


このタオルをお湯に浸して軽く絞り

温めたままのタオルを顔に当てると

毛穴が開き、溜まった老廃物が取り除けるそうです。

コラーゲン成分を配合した生地で作ったこのタオルで

思わず、にこやかなシーサーのような顔になれるそうです((笑い


信じられないという人は、まず試してみてほ シーサー

0

2019/2/24

首里の古酒・・シュリのクース  旅行

クリックすると元のサイズで表示します

広島は寒い寒いと言いながら

沖縄旅行から家内と泡盛が帰って来た。


寒いのは当然だと誰もが思う。

沖縄の昨日の最高気温は24度、最低でも18度という・・

広島の最高気温でも、沖縄の最低気温に届かない((笑い

持っていく着る物の選定を間違えたという

向こうは一日半袖だけで過ごせるらしい。

羨ましい限りだ。

5月のフランス・イタリア旅行の当地の気温を

良く調べて行かなくては? という・・

おいおい! もう次の旅行の心配か?


ところで、家内が持ち帰った泡盛・・

首里の古酒(シュリのクース)は

江戸時代に活躍した漢学者の“新井白石”が

当時の著書に製法等を詳しく残していたらしい。

”首里の醸すところのもの最上品とす”

「密閉七年にして之を持ちふ」

当時から、古酒に関しては価値が高かったんでしょうね。


ところで、新井白石が活躍した年代を見て驚いた。

1657年〜1725年に江戸時代の漢学者で政治家でもあったという

江戸時代と言えば、武士全盛の時代・・

その中で現代でも通用するような

ハイカラな名前を付けた人がいらっしゃったんですね。
0

2019/2/23

沖縄万座毛・・象の鼻  旅行

クリックすると元のサイズで表示します

昨日から、家内は友達と一緒に、三回目の沖縄旅行に出掛けた。

朝JRで岩国に向かい

この度は岩国空港から飛行機での出発となったらしい。

車かリムジンバスでのアクセスに限られる

本郷の広島空港よりも、ずっと利便性は良さそうですね。


家内たちは、二日目も元気に遊び回っているらしい

万座毛の景勝地”象の鼻”の写真を

早速送って来た・・
1

2019/1/11

子供のように喜んでいる者は??  旅行

クリックすると元のサイズで表示します

小さなお子さんが喜びそうな

東京デイズ二―リゾートの

ビニール袋の中に入っているものは、何?



先日出掛けて行った

JTBカウンターで

家内と久しぶりに

二人で出掛ける事にした、某海外旅行の旅程表だった。



いや、子供以上に喜んでいる者が

約一名いたな・・
0

2018/7/23

愛媛県に岡山??  旅行

クリックすると元のサイズで表示します

四国東予へのバス観光ツアーで

山陽高速道を走り、そしてしまなみハイウエーへと

そのしまなみハイウエーを走り終わる頃

バスの添乗員さんがポツリとマイクで語った。

「ここは岡山県では有りません、愛媛県の今治市です」

添乗員さんの指差す方向の山の上には

寂しく何かの建物が有る。


そう、これが今東京の政治舞台を揺るがせている

岡山理科大学 獣医学部 加計学園だそうである。

しかし、何でこんな本州から島を渡った

寂しい山の中にひっそり、こんな大学が?

という感!十分である。

土佐の闘犬だけの為に大学が有る?((笑い


最後に添乗員さんが「私は何も判りませんので・・」

と、この景色の話題から離れた。


そうですとも、これは政治の世界の七不思議で

一般国民が図り知ってはいけないばかりでなく

決して触れてはいけない事ですから・・

クリックすると元のサイズで表示します
0

2018/7/21

四国への日帰り大人旅・・  旅行

クリックすると元のサイズで表示します

かねてから旅行社を通じて申し込んでおいた

日帰りバスツアーに参加してみた。

目的地は四国の新居浜近辺、東予と呼ばれるところ


私も新しい職場にも少し慣れ

家内も数十年勤務した職場を退職して

かねてからの念願だった

我々夫婦二人の記念すべき平日の“大人旅第一号”だった。


しかし、我々には第一号の大人旅も

バスの座席の周囲を見回すと

同年代の旅慣れた夫婦がかなり見受けられる。

旅行途中、話を聞いてみると、毎月一度は二人で旅行している

というつわもの夫婦も存在した。


但し、今回の旅行は微妙な時期になってしまった。

西日本豪雨の復興が、途中段階だ。

バスの搭乗員の説明によると

当初、48人の参加予定者が、震災に影響か

結果的には、キャンセルが相次ぎ22人での出発となったとか?

我々はてっきり旅行社が災害事情で今回の旅行は中止という

連絡が来るものとばかり思っていたが・・


おまけに、日帰り旅行の行程で早朝の出発となり

出勤時間帯と重なってしまい、開通したばかりの

山陽高速道で事故渋滞が発生していて

バスがのろのろとしか走らない

渋滞でのスタートとなった。

しかし、それも志和辺りで解消し

バスは快調に走りだした。

第一号旅行の成功を祈る。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
1

2017/11/1

VR落下体験・・  旅行

クリックすると元のサイズで表示します

道秋の

 仮想体験

  落とすなよ



〜この人達は、今から

劇団“四季”の ―オペラ座の怪人―

に出演しようとしているのではないのだ。

地上23mの足場の上に立っているのだ。


もちろん、VR(仮想現実)の世界での話しだが

欠陥のある足場の上から23m下に落っこちるという

途方もない経験にチャレンジしているのである。

北海道札幌での「全国建設業労働災害防止大会」の

体験コーナーでの実演。


実際は広い床に3cmくらいの厚みの板がひいてあって

怪我をするはずも無いのだが・・

私は、ショックで心臓麻痺になってはいけないので

2mの脚立の上という設定にさせてもらった。

しかし、2mの脚立に上がっただけで頭がクラクラする。

手すりの無い脚立の端に寄らせて

その少し向こうの物を取らせようとさせる。

しかし、下を見ればもう足先が半分床からはみだしている。

『もうちょっと右に寄ってボールを取ってください!』

『もうちょっと右・・』

と、何べんも後ろから声が掛かるが

もう足がはみだしていて、落ちるのが判るので

自分では体が動かない!!


とうとう、しびれを切らして後ろから誰かがそっと腰を押した。

その途端に2m上から下に落ちたが・・・

殺人者か! お前は!!
1

2017/2/23

ギネスブックの・・下関漁港閘門  旅行

クリックすると元のサイズで表示します

中国地方の本土最南端

山口県下関市の一番南端は

本土にくっついているように見えますが

じつは彦島という島になっています。

と云う事は、下関市と彦島の間には

日本海と瀬戸内海をつなぐ海が有ると云う事。

クリックすると元のサイズで表示します

そこで、昨日書いた海峡ゆめタワーの記事を

想いだしてもらいたい。

下関市にはギネスブックに記録された

世界一の物が有るという話・・

↓それが下の写真

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

えっ! これが世界一?

そうです! ただし世界一と言っても大きいとは言っていない。

世界一最小のパナマ運河式水門

「下関漁港閘門」(しものせきぎょこうこうもん)なのである。

幅はわずか8mで長さは20mしかない。

そこを横断している道路には通行制限時間が有って

↓下の時間しか通行できない。

その他の時間帯には踏み切りの遮断機のような物が

降りて来て通行止めになり

そして、橋は上に吊り上げられ

その下を船舶が航行する。

クリックすると元のサイズで表示します

その時には、下の写真のような状態になるらしい。

道路に掛かった橋が吊り上げられ

その下を待機していた船舶が航行していく・・


今回の旅行でこれが一番面白かったね((笑い

絶対に、旅行雑誌に載っていない穴場・・

残念ながら、時間の関係で橋が上がる所は

見られなかったが・・

次回来るときは、時間表を調べて

橋が上がる時間に来たいものだ・・

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
↓クリックをお願いします。
広島ブログ
1

2017/2/22

下関 唐戸市場  旅行

クリックすると元のサイズで表示します

日曜日の昼前の下関唐戸市場は

買い物客でごった返す

昼食の食材を買っても

食べるスペースがない。


そういう時は1階の室内でうろうろせず

外の芝生の上で座って食べるか

二階のキャットウォークや廊下を

歩いてみればいいですね。

意外と人が少なく

椅子が空いている場合が多い。

クリックすると元のサイズで表示します


↓クリックをお願いします。
広島ブログ
0

2017/2/21

川棚温泉・・瓦そば  旅行

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

下関市豊浦町にある川棚温泉のメインホテル

川棚グランドホテル

温泉地としては名高いが

宿泊旅館・ホテルとしては6軒程度しかない。

到着した川棚グランドホテルの部屋から

周囲を見回しても

温泉施設らしい建物は点々としか見えない。

湧き湯量の多い温泉地のように

周囲を見回すと白い湯気が立ち上りながら

温泉旅館が林立している光景とは

ちょっと、趣が違う。

クリックすると元のサイズで表示します

とりあえず、お風呂に入って

夕食でくつろぐ事に・・

家内が、ふくのフルコースを蹴ってまで頼んだ

当地名物の瓦そば

そばが載っている瓦は

本物の家の瓦に使われるものらしい。

中国道の某サービスエリアのレストランで出る

作り物の瓦に似せたお皿ではない。

さすが、本家本元の貫禄か・・

黒い瓦に載せられた

そばと具がカラフルで食欲をそそります。

クリックすると元のサイズで表示します

川棚温泉の周囲・・見渡す限り、民家しか見当たらない。

クリックすると元のサイズで表示します


↓クリックをお願いします。
広島ブログ
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ