旧ネーム (まさじぃ)です!
冬至を告げる花・・リコリス??  花・植物・野菜日記

クリックすると元のサイズで表示します

冬咲きのピンク リコリスが裏庭で咲いています。

リコリスと言えば、ヒガンバナの一種です。

秋口にあぜ道などに、真っ赤なジュウタンを敷いたように

咲き拡がるヒガンバナは、冬の間は葉を落とし、球根だけに

なってしまいますが、多年草で春になると葉っぱを伸ばし始め

夏には花茎を伸ばし始める。

学名で言うと

・ヒガンバナ科ヒガンバナ亜科ヒガンバナ連ヒガンバナ属ヒガンバナ種

・・なんとも、ヒガンバナだらけになってしまう((苦笑


しかし、我が家に咲いているのは、冬咲きのもの

一番暑い頃の秋口のヒガンバナの花は、わずか一週間程度で

消滅してしまいますが、この花は、気温が低いせいか一ヶ月

くらい咲き続けています。


昨日が、暦では冬至だという、昼の時間が一番短い日

今から、段々昼の日照時間が伸びてくる。

我が家では、これから毎年冬至を告げる花になるかもね。

クリックすると元のサイズで表示します
1

菊芋掘り 最強軍団・・  花・植物・野菜日記

クリックすると元のサイズで表示します

うららかな日曜日

五歳の男の子は、体より大きなスコップを使って

菊芋掘りに奮闘中・・

負けじと三歳の男の子もスコップを持たせてもらって

参戦かと思ったら・・

おじいちゃん! 手伝ってだって・・

クリックすると元のサイズで表示します
1

葉ボタン ブラックパール・・  花・植物・野菜日記

クリックすると元のサイズで表示します

葉ボタン ブラックパール

黒っぽい葉っぱに芯が赤く光る。

某ホームセンターで、目についたので購入した。

しかし、いいネーミングですね。

お馴染みの紅白の葉ボタンや、白一色の葉ボタンは

寄せ植えして有るが、また違った雰囲気を漂わせています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
1

赤い季節・・  花・植物・野菜日記

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

某ホームセンターで、鮮やかな真っ赤の

ポインセチアやシクラメンが展示されている。

一方、正月を飾る、紅白の葉ボタンも

クリックすると元のサイズで表示します

カウンター付近のショーケースの中にも少し赤いものが・・

何かと思ったら、サンタさんが隠れていて

万歳してくれる。

もうすぐ、クリスマスだ。

クリックすると元のサイズで表示します
1

スイセンロード・・  花・植物・野菜日記

クリックすると元のサイズで表示します

遊休地で水仙が花を開き始めた。

家内が狭い下の畑に咲いていた水仙を

ウエーブで歩道状にした縁に点々と植え付けた。

秋口に一帯全部を草刈り機で刈り取った時には

その水仙の葉っぱも刈り取ってしまっていたが

それにめげず、葉と茎を伸ばして来たようだ。


家内が「ほら私の言ったとおりでしょ」と自慢する。

「雑草と一緒に刈っても水仙は伸びてくる」

『うんそうだね! ついでに雑草も一緒に伸びているようだが・・』

遠くまで、スイセンロードのウエーブが見えてきた。

スイセンの中でも、一番ノーマルな花なので

二ホンズイセンでしようね。

家内の自慢のロードにしておきましょうか・・

クリックすると元のサイズで表示します
1

温室ハウスとキウイの想い出・・  花・植物・野菜日記

クリックすると元のサイズで表示します

毎年、洋ランや熱帯性植物の置場に困っていた。

使っていない自宅の部屋を、洋ランの冬越し避難場所として

いたが、子供達が帰省して帰ってきた時には、部屋を移し替え

なければならない。

そこで今年は、遊休地のキウイの棚下を利用して

ビニール温室を創ることにした。

1.4m角の大きさ、これなら洋ランと熱帯植物が全部収まるだろう。


すると家内が、「キウイが実ったら取りにくくなる」という

実は、隣に見えるキウイのツルは、この遊休地を借り受ける

時から、この土地に定着していたもの。

広い範囲で芽を吹きだしていたので1K×4Kのパイプ柵を創って

大事に育てていたが、5~6か所の根から芽を出して2年目

一つぐらいはメス木が有るだろうと花を調べてみると

なんと、全部役立たずの オス木・・


キウイの苗木を買うと、必ず接ぎ木で販売されている。

その接ぎ木の台木は、接ぎ木された木がオス・メスに

関わらず、必ずオス木の木に継がれるという。

オス木の方が根が力強く、活着しやすいからだという。

という事は、キウイを手入れをしないで長年放置していると

台木のオス木が伸び放題になって、メス木はいつしか衰弱して

消滅してしまう・・


まさに、役立たずのオス木ばかりが残ってしまうという訳。

    ↑失礼、いつも家内から言われているもので((笑い

慌てて、メス木を購入して植えても、イノシシに掘りあげられて

しまったりで、なかなか育たない。

メス木が弱いという事を、つくづく痛感してしまった。

でっ! そのキウイは、ツルは大きく伸びているが

遊休地を管理し始めて4年経つが、いまだ、実は実ったことが無い。

『実が収穫しにくいという事は、実が成ってから考えよう』

獲らぬ狸の皮算用をしても仕方ない((笑い


ところで、先日二匹目のイタチを捕まえたが

残念ながら、畑は荒らされ続いている。

イタチの残党か? もしくは、以前「やおう やってぇやあ」

と、ご挨拶に訪れた「タヌキチ君家族か?

獲らぬ狸の、野獣との闘いは続く・・

1

北海道特産豆 「黒千石」・・  花・植物・野菜日記

クリックすると元のサイズで表示します

せっかくの休日、居間のテーブル付近でゆったりしていると

家内が、目の前のテーブルにバサッと何かを置いた。

小さな豆だという事は判るが、果たして名前は?

知人から貰った少量の種豆を、畑に植えていた物が

収穫できたから、皮をむいて中の豆を出してくれという。

豆の名前は、貰った本人に聞いても、判らないという返事が返ってきた。

という理由で、2時間ぐらい掛って皮をむくことに・・

クリックすると元のサイズで表示します

極小粒の黒い豆がさやの中に納まっている。

全く先の見えない作業が、やっと完了

二時間掛ってこれだけの量か??

という感じ・・ 皮をむく途中、豆が飛び跳ねて

居間の床は黒豆だらけ・・


名前が判らなくちゃ、料理の仕方も判らない。

という事で、ネットで検索してみた。

どうやら、北海道特産の「黒千石」という極小粒の黒豆らしい。

ふやかす事無く、そのまま炊飯器に仕掛ければ豆ごはんが出来る

その他、通常の煮豆料理?? 小さいだけに鍋で炊く時間が

かなり、少なくて済むとか?

早速、家内が一握りの豆を使って、豆ごはんを焚いてくれた。

赤飯のような赤系統のご飯ではなく、青紫系統の神秘的で

美味しそうなご飯に炊きあがった。

手間は全く掛からず、美味しい豆ごはんだ。


しかし、食材等の物余り、飽食時代のこの頃

貴重な、食材の確保の体験をさせてもらって

ありがたや ありがたや・・((嫌み?


いいや、いまCMでしきりに流れている

現代版 おむすびころりん

毎日、全国で1億個のおむすびが捨てられている?

めっそうも無い! 食材は絶対無駄にしません!!

クリックすると元のサイズで表示します
1

我が家の紅葉・・  花・植物・野菜日記

クリックすると元のサイズで表示します

毎年、よく登山していた庄原と山陰の県境にある

吾妻山は、今年は登ろうと思っていた日が丁度

雨天になってしまって、登山の機会を逃してしまった。

吾妻山は紅葉が早いから、もう紅葉は終わってしまったん

でしょうね。

二日前に、吾妻山ロッジの営業を終了したという

ニュースが流れていた。

トイレが無くなれば、女性達も登山は難しくなるでしょうね。


先日、三次に行って紅葉を堪能してきたが

気が付けば、我が家の庭でも紅葉が始まっていた。

上はブルーベーリー、下は柏葉アジサイ

クリックすると元のサイズで表示します
1

チコリの里 阿戸・・  花・植物・野菜日記

クリックすると元のサイズで表示します

チコリという野菜をご存知だろうか?

イタリアやフランスで大人気のハーブの王様と言われている野菜

白菜の皮を外側から剥いて行って内に残った芯のような

外観だが、多少苦みの効いた食感はフレンチには最高。

サラダ食材の受けに使えば、見栄えと共に食欲が増す

パーティ用としての飾り付けが出来る。

クリックすると元のサイズで表示します

まだまだ日本では、栽培している地域は少ないが

広島で、大規模な生産にチャレンジしようとしている施設が有る。

その施設は「チコリの里 阿戸」

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

二棟の大型温室ハウス内に、冷暖房設備を完備して

年中内部の室温は一定に管理され

水耕栽培の水も水温や肥料分を管理された水が循環している。


今年の夏は、高温と長雨によって野菜の高騰が続く時期が有った

が、気候に左右されない、安定した新鮮な葉野菜の供給体制が

始まる。

お買い求めは、JA元気市や各地区のスーパーで

来年は、チコリ人気が爆発するかもね!

クリックすると元のサイズで表示します
1

三次 尾関山公園 紅葉の見ごろ・・  花・植物・野菜日記

クリックすると元のサイズで表示します

広島市内を抜け、山陽道を西に走り、そして中国道を

東に向かって進む。

千代田を抜けるあたりから山々の色がガラッと変わってきて

道路周辺の木々も鮮やかな紅葉を見せ始める。


そして、到着したところ

三次 尾関山公園は今が紅葉の見どころ

赤や黄色の紅葉が鮮やかに目を楽しませてくれる。

駐車場はいっぱいで、高齢の方達が多くみられる。


また、そこここでカメラの三脚を据えて写真を撮ってる

アマチュアカメラマンの姿が見られる。

スマホカメラでは捉えきれない、このきらめきを

少しでもレンズを通して、自らの物にしたいという執念が

垣間見られるようだ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
1




AutoPage最新お知らせ