旧ネーム (まさじぃ)です!

2019/12/11

シクラメンの花盛り・・  花・植物

クリックすると元のサイズで表示します

ジュンテンドー某店では、年末に向けて

色とりどりのシクラメンが

お客さんを待っている。

それにしても、シクラメンって

こんなに花の種類が有ったのか((唖然

クリックすると元のサイズで表示します
1

2019/11/30

厳寒のハイビスカス・・  花・植物

クリックすると元のサイズで表示します

厳寒のハイビスカス


夏の盛りには真っ赤な花を咲かせるが

やはり、この寒い季節には黄色に近い花色となって

咲いている、我が家のハイビスカス。

花弁の根元がかろうじて本来の赤い花色を残しているが

よう咲いてくんさった。

今年最後の頑張りですね。
0

2019/11/26

南米果実のアビウ 日本最北端栽培・・  花・植物

クリックすると元のサイズで表示します

先日、家内が友達と行った、鹿児島旅行で買ってきたもの

アビウという南米原産の果物らしい。

海外の暖かい気候の地で良く育っているが

日本の沖縄や九州南部でも栽培できるという



形は、ちょうどソフトボールのような大きさの円形の果物で

半分に割ってスプーンですくって頂くらしい。

食べてみると甘さを抑えた、洋梨、ラ・フランスや

ヤシの実のジュースを飲んで

殻を割って内側の白い果肉部分を食べている感触。

森のコラーゲンと言われているらしく

乳白状の果肉がたっぷり

コラーゲン不足の方々は、どうぞお召し上がりください。


しかし、実の中には1~2個、特大の種が入っている。

まるで二枚貝のような種だ。

土中に植えたら芽は出しそうですね。

ひょっとして、日本でのアビウの最北端栽培地に

なるかもしれない((笑い

チャレンジしてみようかな・・


アビウ 果物歳時記

クリックすると元のサイズで表示します
0

2019/11/22

我が家の紅葉・・  花・植物

クリックすると元のサイズで表示します

庄原市の吾妻山では、もうすでに10月末には

山が真っ赤な紅葉を迎えていたが

やっと我が家の庭にも紅葉がやってきた。

毎年、綺麗な紅葉を見せてくれる

柏葉アジサイの木・・
0

2019/11/13

ハイビスカスの盛り・・  花・植物

クリックすると元のサイズで表示します

もう立冬は過ぎ去って、冬は始まっている筈だが

我が家の玄関先には

真っ赤なハイビスカスが咲き誇っている。

我が家の主人のごとく

ちと、季節感狂わせているか((苦笑


後日、花は落ちてしまっても

蕾がたくさん付いている。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2019/10/30

エンジェルストランペットの二面性・・  花・植物

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

今は、あちこちでエンジェルストランペットと呼ばれる

キダチチョウセンアサガオが花盛りだ。

数種類の花色が有り、白い清楚な花はまさに天使のトランペット

そのものですが、花言葉は、愛敬、偽りの魅力、変装、愛嬌。

と、二面性を持っているようだ。

偽りの魅力、変装とは、花木自体が全て毒性を持っている事に

関連しての、注意喚起の言葉だろう。

葉や花にも毒性を持っているが、特に地下茎の部分には

聴覚性幻覚・急性痴呆・行動異状を引き起こすほどの

強力な毒性を持っているらしい。

見た目の美しさからは似ても似つかぬ特性が有るという事だ。


いゃ! 誰かに似てるとは、口が裂けても言えませんが((笑い
0

2019/10/17

柿の実収穫作戦??  花・植物

クリックすると元のサイズで表示します

或る朝、家内が息せき切って玄関に飛び込んできた。

「お父さん! いいものが有る!!」

私が聞き返す『何?』

「柿、柿」と・・

上の写真でパッと見つけられたら、非常に良い目をしている。


裏山の竹やぶに覆いかぶせられるように

電柱が立っている、その遙か上方に

言われてみれば、オレンジ色の果実のようなものが

いくつか固まって見える。

電柱の高さが15mくらいあるだろうか

その上になるので、地上からは20mは有る。

柿の木も、周囲の竹や樫の木に邪魔されて

あそこまで背丈を伸ばさなければ

太陽の恵みを得て結実させることは出来なかったか? 

ちょっと憐れみを感じる所だが・・


その柿を収穫してくれという・・

20mの高さなんて高枝ばさみでも届きっこない。

しかし、木というものは必ず地上から生えて伸びているものだ

と、家内が講釈を垂れる。

つまり、幹部分から切ったらどうか?という訳だ。


おりしも、中国電力の電柱が枝に覆われて

いつ、電線が切れるか判らない。

しょっちゅう中国電力に電話を掛けても、五年に一回しか

手を掛けませんと、つれない返事しかもらっていない。

実際に枝が伸びて断線したり、ショート事故を起こしたら

どういう形で責任を取ってくれるのか?

全く対処してもらえないので、電柱に掛からない部分は

里道の周辺の木を切り倒していっている最中だ。


しかし、電柱に近い部分は万が一電線に支障が

有ってはいけないと思い手を付けてない。

どうやら、このカキの木はギリギリの位置になるらしい。

家内と二人の監視体制で、柿の木伐採作戦を開始することになった。

いや、正確に言うと柿の実収穫作戦?

運よく、電線に支障なく伐採に成功した。

クリックすると元のサイズで表示します

苦労して、木を伐採し収穫した柿だったが

地上に降ろしてみると渋柿の豆柿だった。

家内は喜んで焼酎を振りかけて渋抜きをしていたが

危険度に比較して、報われんなぁ〜

クリックすると元のサイズで表示します
0

2019/10/6

お米の八十八日め・・  花・植物

クリックすると元のサイズで表示します

あちこちで稲刈りの作業が忙しい。

農家の人が、八十八日手を掛けた稲が黄金色に実っている。

米という字を解体してみると八十八になる。

ちょうど、田植えをしてから収穫するまでに八十八日くらい

掛ることから、よく言われている。

田んぼの水の管理をしたり、草を取ったり、虫の防除をしたり

農家の人は稲を収穫するのに、多大な苦労をしている訳だ。


しかし、今年は台風や雨が多かったせいか

あちこちの田んぼで部分的に茶色く枯れてしまった稲穂が

多く見受けられる。

虫のせいであればこれだけでは済まないので

おそらく気候の影響でしょうね。

風で倒されてしまって生育不良になった?


枯れてしまった部分を、そのまま刈り取ってJAに

供出すると、全体のモミの品質が下がってしまうので

上手にコンバインを運転して枯れた部分を残しながら

運転しておられる。

自分も以前は田植えから収穫まで、機械を使っていたのが

懐かしく思い起こされる。
0

2019/9/30

ミニ水仙咲く・・  花・植物

クリックすると元のサイズで表示します

今年八月の池の改修と同時に新しく

植え付けたばかりのミニ水仙の花が咲いてくれた。

家内が「久しぶりだね」

と感動とも、嫌みともつかない言葉を発する。

まあ、花が綺麗だからいいか((笑い

クリックすると元のサイズで表示します

午前中咲いて夕方にはひとまず額が閉じるんですね。

また、明日の開花の為に・・

クリックすると元のサイズで表示します

0

2019/9/28

黄花コスモスとオオキンケイギクの違い・・  花・植物

クリックすると元のサイズで表示します

安佐北区を歩いていて見つけた

イエロー(黄花)コスモス

葉っぱが菊状の小さく分かれた形状をしています。

これは日本古来の植物で、移植をしても増やしても

何も、とがめられる事はありませんが


先日アップした、下の写真の川土手の植物は

似た花をしていますが

特定外来種のオオキンケイギク

葉っぱの形状が全く違います。

こちらはススキのような細長い葉がシュンシュンと伸びています。

オオキンケイギクは、根の付いた茎を移動させても

販売・増殖させても違反を問われて

捕まってしまいます。

くれぐれもご注意を!!

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ