旧ネーム (まさじぃ)です!

2019/7/6

タヌキの赤ちゃん・・  自然

クリックすると元のサイズで表示します

今朝、イノシシに囲いを破られていないか点検していたが

二匹の小動物が動く気配がした

一匹は少し大きく凄いスピードで小笹の中に飛び込んで

見えなくなった。

もう一匹は弱々しい動きで視界にとらえた。

小さなタヌキの赤ちゃんが金網囲いの向こうで

小さく固まってしまっている。

体長10cmくらいで、生まれて間もないという感じ

しばらく、じっと固まっていたが

金網を潜り抜けて、枯れ木を積んだ垣根の中に隠れてしまった。


以前から時々見かける野生のタヌキで

夜行性の筈なのに、昼間堂々と人前に出てくる。

その母親と赤ちゃんが散歩か何かしていて

人の気配がして母親は全速力で逃げたが

赤ちゃんは取り残されて固まっていた

という、構図だろう。


しばらくタヌキの赤ちゃんを正面から見させてもらったが

とっても可愛かった((笑い

しかし、大きくなって畑の作物を荒らすようになったら

困った存在になるのだが・・

とりあえず、先日墓に埋めた池の主を掘り出したのは

タヌキの母親だったのだろう・・

この赤ちゃんの食事になったのなら

許そうか((笑い

クリックすると元のサイズで表示します
0

2019/5/3

カエルたちの合唱に・・  自然

今年も家の周囲の田んぼに水が張られ

田植えの準備が整えられた。

そして、毎年の事ながら例の季節がやってきた・・





カエルたちが冬眠から目覚め

つがいを求めて合唱をする季節・・



電話が掛かってきて応対していると

こちらは一生懸命大きな声で応対しているのだけれども

「あんた! 周囲のカエルの声が大きすぎて

       何を言っているのか聞き取れないよ」

と、言われた事も有る。


カエルに電話の間だけは静かにしてくれなんて言えないし・・
1

2019/3/29

安佐北区で“ハロ”の確認・・  自然

クリックすると元のサイズで表示します

安佐北区で、3月29日 午後12~13時頃

薄雲の白昼の太陽の周りに円形の虹が発生する

ハロが発生した。


ハロは 、日暈(ひがさ)とも呼ばれ

太陽の光が、周囲の薄い雲の中の氷の粒に反射して屈折し

円形の虹が掛ったように見える現象。

七色に光り輝く円形の虹が、太陽の周囲に確認された。


きっと、広島カープの開幕戦勝利を

先駆けて、知らせてくれたものだろう。

広島カープ、巨人との開幕戦完封勝利

おめでとうございます。
0

2019/3/18

梅にウグイス 練習中・・  自然

クリックすると元のサイズで表示します

我が家の玄関先から見る裏山


梅にウグイス ホ〜〜 ホケキョ♪

と昔の歌人に歌われているが

我が家の庭では、梅はすでに花びらが散ってしまっているが

ウグイスは、まだ鳴き方の練習中・・


ホキョ ホキョ ホキョ

ホ〜〜 ホキョ ホキョ


上の段の遊休地に、草が随分伸びてきたので

草刈機で半分くらいは刈り取った。

細いタケノコを二本見つけ収穫して

ゆがいてもらったが、随分堅かった。

収穫期を逃して伸ばし過ぎたらしい。


今から、本格的に太いタケノコが土の中から顔を出すはず

収穫期を逃さない様にしなくちゃね。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2019/2/11

謎の鳥・・アオバト  自然

クリックすると元のサイズで表示します

アオバト・・日本国内の泊鳥として、日本でしか繁殖しないが

渡り鳥として中国や台湾にも飛来していく事も有る。

生態はあまり知られていない謎の鳥。


狩猟試験の時に捕獲してはいけない鳥として問題に出てくるので

一体どんな貴重な鳥だろうと興味深かった。


その鳥が二羽ツガイで我が家の庭に訪れ

サンシュの赤い実をついばんでいることが判った。

体長30cmを超え、普通の山鳥よりは大きめだ。


数カ月前に最初に見つけたのは家内だった。

鶯色で大きな鳥が裏庭のサンシュの所にとまっていると
(サンシュ:春先に黄色い花が咲き、夏過ぎに真っ赤な実をつける木)

何回か聞いたが、私が見つける事は出来なかった。

しかし、今日はっきり見る事が出来た。

いろいろと鳥類図鑑をひっくり返してみたが

アオバトしか該当する鳥はない様だ。

どうやら「オーアーオー」と独特の鳴き方をするらしいが

以前自宅の周囲で、その鳴き声を聞いた記憶が有る。

美しい鳥なので、そのまま元気に成長してほしいものだ。
0

2019/1/27

竹さわぐ・・  自然

クリックすると元のサイズで表示します

 さわさわと


  ゆきどけ朝や


   竹さわぐ



 〜昨日、雪が降り積もった翌日の早朝

  裏山に朝の太陽が降り注ぐと

  竹の葉に降り積もった雪が解けて

  しずくとなって落ちて行く音が

  ちょうど、さわさわさわさわと

  小川のせせらぎのように鳴り響く

  いつもは静寂な裏の竹山も

  今日だけは賑やかだった。
0

2018/12/19

河岸道路のイノシシ・・  自然

クリックすると元のサイズで表示します

国道54号線が太田川をまたぐ

安佐北区八木と中島をつなぐ太田川橋から下流に向かい

遥か彼方に見えるJR可部線が横切っている

太田川右岸道路のアスファルト道路の境部分に

気になる所が有る。

アスファルト舗装の端の部分がえぐられているのだ。

国土交通省の管理地なので清掃作業に入った?

いいや!国の管理で有ればこんな中途半端な事はしない。


イノシシがアスファルトにかぶった土を掘り返しているのだ。

河岸道路の右側には写真のように住宅が密集する。

この人家の近くでさえイノシシは平気で出没する。

クリックすると元のサイズで表示します

イノシシの掘り返し跡は河岸道路を延々と続き

JR下のくぐり道路を抜けて

JR線の裏側の元は畑で有ったろう荒れ地へと続く

この三角荒れ地の周囲は、野菜が作られているので

頑丈にネット囲いが施されている。

イノシシに進入されると大変という事で防御策だ。

クリックすると元のサイズで表示します

河岸道路から顔を上げてみると

JR可部線の線路越しに数年前の大雨災害で

大変な被害を出し、そして着々と災害対策が進む

阿武山が見える。

その阿武山から餌を求めてイノシシが降りてくるのだろう。

いや、むしろ土砂を止める為の砂防工事が

樹木の切り倒し等によって

イノシシを追い出すという結果になっているのかも知れない。

本来の活動場所からこんなに離れた所まで・・

自然とは、難しいものですね。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2018/12/10

瞬時に燃える山・・  自然

クリックすると元のサイズで表示します

今日、仕事が終わっての夕方、JR中島駅で

帰りの電車を待合の椅子でぼんやりと待っていたが

ふと何かが違う事に気が付いた。

ビルとビルの間にわずかに見える山あい・・


夕焼けの赤い光に山の頂上が赤く燃えている。

クリックすると元のサイズで表示します

興奮もつかの間、わずか2分経過しただけで

下の写真のように、山は以前の状態に戻った

クリックすると元のサイズで表示します
0

2018/10/3

武田山を背景とした夜景・・  自然

クリックすると元のサイズで表示します

まだ太陽が沈み切らない夕方六時過ぎ

イオンモール祇園の中央、リバーコート入口付近から

広島経済大学方面を眺めると

美しい夜景を見られることに気が付いた。

まだ沈み切っていない太陽が、武田山の稜線をくっきり映し出し

山の中腹には広島経済大学の大型施設が並んでいます。

下の写真はそれより少し西側にカメラを向けた所。

太陽が沈んでいった山の稜線が他よりも

赤く光って見える。

クリックすると元のサイズで表示します


イオンモール祇園 リバーコート側入口
クリックすると元のサイズで表示します
0

2018/10/2

実りの秋・・強欲なものは?  自然

クリックすると元のサイズで表示します

我が家の前庭には、ロウバイ、椿、サザンカ、小でまり、

サンシュ、ザクロ、マンサク等、数々の木が植わっている。

そして実のなる木では柿の木も・・


そこで、普段昼間は誰もいない、我が家の庭は

スズメの社交場と相成っている。

たまに、昼間家に居るとスズメの鳴き声がうるさくてたまらない。

上の写真の左側のロウバイの木と

右の低木サザンカの小さな木には

数十羽のスズメがたむろしながらさえずっている。


いや、一番の被害者は写真の向こうに見える

田んぼの所有者だ。

下の写真の中央部分に黒い点々が見えるのは

スズメが稲穂をついばんでいる所。


我が家の庭木で休憩しながら

時折、団体で飛んで行って稲穂をご馳走になっているようだ。

田んぼの持ち主さん すみません!

我が家でスズメを飼っているようで・・

早く収穫しないと、稲穂全部食べられちゃいますよ。


・・と、言うのは冗談で

野生の鳥たちは本能として、必ず限度というものを

心得ているようだ。

いろいろ観察してみると、自分たちが毎日生きていく

最小限の餌しか摂取しない。

人間のように強欲に“食いだめ”なんてものはしない((笑い


稲穂を食べる場所も、常に場所を変えて稲自体が

本当のダメージを受けないようにしているらしい。

我が家の柿の木もいくつもある柿の実のうち

一番熟した柿一つしか狙わない。

ひまわりが数十本も咲いた裏庭の遊休地の

花後の種を食べるのも、一本の木に集中している。


こうしてみると、一番強欲で厄介な動物は 人間達か?

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ