旧ネーム (まさじぃ)です!

2020/11/26

尾関山公園 三次市街地の一望・・  自然

クリックすると元のサイズで表示します

紅葉に囲まれた、三次市 尾関山公園の展望台から見下ろすと

三次市市内が一望できる。

目を北東方向の山筋に向けると、同じ高さくらいの山の中腹に

ポツンと大きな建物が見える。

ビハーラ花の里病院だろうと、案内してくれた地元の人が

教えてくれた。

そちらからも、三次市内が一望できる絶好の環境に見える。


そういえば、三次には「霧の海通信・ふるさとの風景」

というブログを発信されている人がいる。

今では、三次の名物となった霧の雲海の紹介者だ。

高谷山と言えば、その病院からは真反対の方向

尾関山公園からは、おそらく南西に向かう方向だろう

この展望台からは、どうやら見えない様だ。

しかし、その病院と同じような山の中腹に

お住まいなのだろうと推測する。

三次のふるさとの風景を継続して発信される事を祈念する。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2020/11/5

全集中の呼吸 鎹鴉・・  自然

クリックすると元のサイズで表示します

仕事からの帰り道、某JR駅のプラットホームから

辺りを見回してみると

カラスが一羽、電柱のトップの弱電線に止まって

鳴いているのを見つけた。

ガァ ガァ ガァ ガァ

ガァ ガァ ガァ ガァ

定期的な等間隔で、繰り返し鳴いている。

何気なく、その姿を見ていると

鳴き声を発する度に尻尾を低く下げてバランスをうまく

取っているのが判る。

野生の本能で、バランスの取り方を知っているのか?


はたまた、鬼殺隊本部からの伝令を伝える鎹鴉(かすがいがらす)

のように、炭治郎より先に「全集中の呼吸」をマスター

しているのか((笑い


カー・ラー・スー なぜ鳴くの♪

鴉の勝手でしょ・・

クリックすると元のサイズで表示します
1

2020/9/14

カワズゆったり なぎ波紋・・  自然

クリックすると元のサイズで表示します

みずおけや


  カワズゆったり


   なぎ波紋



〜畑の野菜水やり用に置いている

古いプラボックスにカワズが一匹、ゆったりと手足を伸ばして

浮かんでいる

水面には、小さなみず波紋が沢山拡がっている


最初はカワズがゆったりリラックスしているのかと思ったが

どうやら、カワズは水が有るのを見て飛び込んだのは良いが

この高さのプラボックスの縁を、よじ登れなかったと見える。

力尽きて、棒のように水面に浮かんでいるようだ。

傍に有ったひしゃくで、外に逃がしてやった。

もう飛び込むんじゃないぞ!

クリックすると元のサイズで表示します
1

2020/9/9

とうとう ウンカが・・  自然

クリックすると元のサイズで表示します

残念ながら、ウンカの被害に遇った農家さんで

収穫の見込みのない若稲の刈取りが始まった。

いつも機械刈取りを行うはずの農家さんが

少人数で手刈りをされていた。

少し前までは、坪枯れ状態だったが

いつしか、全体枯れとなってしまった。

ウンカの被害に遇った稲と、まだわずかながら

健全な稲とを分けておこうという配慮かも知れない。

クリックすると元のサイズで表示します

通常の稲の生育は、下の写真の上と下の段に挟まれた

真ん中の細長い田んぼの状態だ。

やっと、稲の穂が黄金色に代わり始めたばかり

まだまだ、収穫期には程遠い・・

しかし、今年は早く刈り取るしか方法が無いでしょうね。

クリックすると元のサイズで表示します

ちなみに、稲に悪影響を及ぼす、トビイロウンカやセジロウンカは

日本では、越冬は出来ない。

年毎に死滅してしまうが、6~7月の梅雨時期に中国の南部から

東シナ海で発生する南西風(ジェット気流)に乗って

飛ばされて来て、落ちた所が西日本という厄介な事を繰り返す。


中国さんからは、今年の新型コロナウイルスに限らず

PM2.5であったり、ウンカであったり、そのうち今、食糧危機の

問題になっているイナゴまで大量に飛んでくるかもしれない。

なんとか、ならんもんかねぇ〜〜
3

2020/9/3

ウンカ停まりし オニの手が・・  自然

椅子の背に


 ウンカ停まりし


  オニの手が



〜昼間から、周辺の田んぼでウンカの被害が激しいと

家内と話をしていたが

夕飯の食卓を夫婦二人で囲んでいた時に

そのウンカが一匹、家内の隣の椅子の背もたれに

ふと、とまったのが見えた。

「ウンカがとまった!」と家内に告げると

その小さな緑色の胴体に

両手で、絶対逃がさんぞと身構える

鬼のような形相をした家内の顔が見えた。

ウンカは、かくしてお陀仏となった訳だが・・


外では、何万羽という繁殖を謳歌しているウンカが

よりによって我が家に迷い込み・・

しかし、たかが小さな個体のウンカ一匹に

恐ろしい人だなぁ〜 と、つくづく・・
1

2020/8/21

晴天一転  雷豪雨・・  自然

クリックすると元のサイズで表示します

今日、仕事帰りに通勤に使っているJRを降り

愛車に乗ってエンジンを掛け、カラッカラッの晴天の外気温を

確認してみると、とうとう40℃という数字が表示された。

しかし、途中買い物に寄ってスーパーを出た途端

凄く激しい雷と豪雨に出会った。

何ちゅう天候だ!!!


しかし、暑さしのぎになり

何より、畑の野菜達には良い恵みの雨となった。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2020/7/19

太田川の漂流ゴミ・・  自然

クリックすると元のサイズで表示します

過去の安佐南・安佐北豪雨の最大降水量を超えたと言われる

今年の豪雨・・

まだ来週も、もう少し降雨が続くと言われているが・・


中島から八木に向かって太田川をまたぐ

旧太田川橋の外側に併設されている歩道橋から

下を眺めると、普段は水が流れる筈もない河川敷に

多量のゴミが堆積している。

大雨で、太田川の水量が増し、両岸の河川土手いっぱいに

水が流れ、そして漂流堆積してしまったものと思われる。


この川幅いっぱいに濁った水が流れている様は

見るからに恐ろしさが募る・・
1

2020/7/17

野生めだか鉢・・  自然

クリックすると元のサイズで表示します

早朝の玄関先

メダカを入れているメダカ鉢の周囲の床が濡れている。

子供が水遊びをした後ではないのだ。

今日、家内が朝の出掛けに偶然見つけたらしい。

野生の鳥が来て水浴びをしていたと・・

その後、まだ家の中にいた私に、来てみろと家内が手招きをする。

水浴びをした後のその鳥が、相当の時間、梅の枝に停まって

羽根を拡げて乾かすしぐさをしているのを目撃した。

グレーというよりも少し紺色がかった

モズよりも、かなり体長のある鳥だった。


夏に掛けては、カエルが勝手に侵入して卵を産み付け

今の時期は、野鳥が水浴びをする。

全くの野生鉢だなぁ〜

人家の玄関先なのに・・

クリックすると元のサイズで表示します
2

2020/7/13

まむしの断末魔・・  自然

クリックすると元のサイズで表示します

おやっ? こんな所に!


ひどい豪雨があがった翌日の日曜日

右手のアパートには若い家族が住んでいて

時々、小学生くらいの子供がセメントののり面を

駆け上がったり、駆け下りたりしているのを見たことが有る。

そんな、田んぼとの区画に一つの大きな石が座っている。

降雨の被害の見回りをしていて、偶然その下側を覗いた途端・・

ややっ・・

この模様は、まさしく ま・む・し ではないか!!

餌のカエルが食べ放題の環境で丸々と太っている。

クリックすると元のサイズで表示します

長らく雨が降り続き、巣穴の中が締めっぽくなったのだろう

外に出て、とぐろを巻いてまむしの甲羅干し??

100mくらい自宅まで歩いて帰って、武器を持って帰って来たが

まだ、そのままの位置でじっとしている。

長柄の筋掘りクワで外に引っ張り出し

頭を叩き切った。


胴体と頭が離れる間際

まむしは弱弱しく口をフワッと開き、断末魔のように

何かつぶやいたように見えた。

「僕は何もしてないのに、なぜこんな目に・・」


『まむし君すまん! 人間は君に生きていられると

非常に恐怖を感じるんだ!!』

その後、口は閉じられ真っ赤な鮮血と共に

頭と胴体が切り離された・・

クリックすると元のサイズで表示します
2

2020/6/23

孫のペット・・モリアオガエル  自然

クリックすると元のサイズで表示します

裏の果樹園の水桶の縁に

丸々と太ったモリアオガエルがうずくまっていた。

今から斑点が体中に出る前の個体らしい。


孫がやってきて、喜んで捕まえていたが

まるでペットのように、逃げ回ることなく捕まっていた。

帰りには、ちゃんと逃がしてやってくれていた。

我が家の池上の梅の木で、オタマジャクシから育った

カエルだから・・

クリックすると元のサイズで表示します
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ