旧ネーム (まさじぃ)です!

2019/11/7

吾妻山から見える風景・・  登山

吾妻山ロッジの方向から吾妻山方面を眺める。
写真の吾妻山稜線の真ん中辺りが頂上となる。
クリックすると元のサイズで表示します


草を短く刈り込まれたなだらかな斜面には、山羊が一頭放牧。
のどかな風景だ。
クリックすると元のサイズで表示します


吾妻山登山途中で高野町方面を振り返る。
緑に見える所が吾妻山ロッジに隣接する緑地、左にはロッジも見える。
クリックすると元のサイズで表示します


吾妻山頂上の標識 1239m
クリックすると元のサイズで表示します


吾妻山頂上から山陰方向を見渡す。左方向には大山が見える。
クリックすると元のサイズで表示します


再度頂上から高野町方面を振り返る。深い峡谷が続く。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2019/11/1

四回目の吾妻山登山・・  登山

クリックすると元のサイズで表示します

昨年に続いて、庄原市比和町森脇にある

吾妻山に登山してきました。

インターネットで吾妻山の紅葉の見ごろは10月28日と

なっていたので、出来るだけ直近の日にと思い

10月31日を選んだ。


昨年、吾妻山を登山したのは11月8日、残念ながら

吾妻山の紅葉は終わり、山は真っ黒となっていた。

しかしながら、吾妻山より麓の里山は目を見張るほどの

美しい紅葉を見せていた。


今年は、まあまあの紅葉を拝むことが出来た。

麓は、真っ青な里山だったが。


吾妻山に登ったのは今回を含めて、四回。

初回は2007年11月3日、素晴らしい紅葉を眺める事が出来た。

二回目は2015年10月10日、最初から紅葉はまだ早いだろうとは

覚悟して行ったが、当然青葉の吾妻山登山となった。


初回にあまりにも偶然に美しい紅葉を見たばかりに

なかなか、その記憶が抜けず、最近では毎度失意の登山と

なってしまう。

しかし、紅葉というものは一日、いや半日で色を変える

ものかも知れないね。

毎日通いつめれば、最高の紅葉に出会えるかもしれないが

それは、無理な相談なので、現状で良し!としなければね。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2018/11/13

天空のメッセージ・・  登山

クリックすると元のサイズで表示します

休暇村 吾妻山ロッジの駐車場から

建物の方に上がっていく階段を、昇っていると

素朴だけど、しゃれた石のメッセージが出迎えてくれる。



 〜あと ちょっとよ
クリックすると元のサイズで表示します

 〜どっから きたん?
クリックすると元のサイズで表示します

 〜ゆっくり しんさいよ
クリックすると元のサイズで表示します

 〜天空のテントウムシ
クリックすると元のサイズで表示します

 〜天空のもぐら と
 〜きをつけて かえりんさいよ
クリックすると元のサイズで表示します

 あなたはどれだけ見つけられるかな?
0

2018/11/13

天空のバス停・・  登山

クリックすると元のサイズで表示します

広島県庄原市比和町森脇の

休暇村 吾妻山ロッジの正面玄関わきには

古びたバス停が立っている。


近寄ってみると・・

「天空のバス停」

 〜1000mへようこそ

  と添え書きがしてある。


 トトロ が出てきそうな雰囲気ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2018/11/13

水芭蕉池の岸辺の花・・  登山

クリックすると元のサイズで表示します

休暇村 吾妻山ロッジから

吾妻山登山道を登り始めると右側に水芭蕉池がある

その岸辺にアヤメのような花が咲いていた。

クリックすると元のサイズで表示します


吾妻山ロッジから見上げた

吾妻山登山道を背景に

小さな池と巨木の景色・・

クリックすると元のサイズで表示します
0

2018/11/12

吾妻山山頂からの景色・・  登山

クリックすると元のサイズで表示します

広島県庄原市比和町森脇

吾妻山山頂付近からの

広島県・島根県の山々の景色・・


休暇村 吾妻山ロッジ


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2018/11/11

登山道から振り返った吾妻山ロッジ・・  登山

クリックすると元のサイズで表示します

吾妻山登山道から振り返った、吾妻山ロッジ

クリックすると元のサイズで表示します

吾妻山周辺の紅葉

クリックすると元のサイズで表示します

比和町の紅葉と土壁の古納谷

クリックすると元のサイズで表示します

0

2018/11/10

吾妻山のススキ・・  登山

クリックすると元のサイズで表示します

吾妻山1239m山頂からの眺め

ススキが綺麗だった。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2018/11/8

吾妻山 三年ぶりの登頂・・  登山

クリックすると元のサイズで表示します

紅葉の時期に登ると、見事な山並みを拝見する事が出来る

広島県と島根県の県境、吾妻山ですが

残念ながら、現在は落葉の終了でした。

山は、真っ黒な状態。

帰り道は綺麗に落葉した、落ち葉の道を踏みながらの下山でした。


注、テレビなどでは、まだ紅葉の見ごろと報じているが、それは誤り

ただし、松江道の高野ICを降りて、平地からの両側に見える

山並みは、県の南部では見られない見事な紅葉に染まっている。


もう少し早い季節に登りたかったのですが

三年前の貧血・過呼吸事件が、どうしても頭に残り

体調を万全に整えていたらこの時期になってしまった。

三年前の事件投稿 → 


しかし、その時は単なる「貧血による過呼吸」と思っていたが

今で思えば、昨年入院・治療した「静脈瘤血栓」の

血栓が肺に達し、肺の酸素交換機能障害を起こし

脳に送る酸素不足を起していたのではないか。

考えてみれば恐ろしい経験だった。


その時の経験がいまだにトラウマとなっていたが

1239m無事、頂上に立ちました。

吾妻山ロッジからの登頂所要時間は、ほぼ1時間。

通常の健全者程度の所要時間だったと思う。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2015/10/12

広島庄原 吾妻山・・山頂  登山

クリックすると元のサイズで表示します

庄原市比和町の吾妻山で

高山病とはいかなくても

1000mを超える標高の低酸素と

貧血症状の為、軽い過呼吸器障害に陥ちいり

5m程度を移動しながら、その都度休まないと

上に進めないという状態になり

もう断念して、下山しようかと思った矢先

親切?(おせっかい?)な登山者に元気付けられ

また、牛歩を始めた私だったが



しばらく、牛歩を続けていると

一足先に山頂に登った家内が降りてきた。

頂上は? もう少しだというが・・

低酸素でフラフラになっている私には

まだ随分上に見える・・

しかし、何とか家内に見守られながら

山頂に到着することができた。

ロッジを出発して2時間が経過していた。

一般登山者の3倍の時間を費やしてしまった。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、おせっかいな登山者と

※実は大感謝ものだが!!

(あの人から声が掛からなかったら途中で降りてたでしょうね)

元気な家内に感謝しながら

死ぬ思いの吾妻山登山は達成した。



帰り道に自生のリンドウにも出会うことが出来た。

やはり、先日投稿したように

我が家のリンドウのように、花を開かないエゾリンドウと

きっちり花を開いているササリンドウの

二種類が有るのを確認した。



しかし、下り道は今までの登りの苦労は

何だったのかと思うくらい

足がきちんと進み、一気に下山・・

登山は、登るときよりも降りるときの方が

足や関節を痛めやすいというのに・・

やはり、酸素の摂取量の問題だったんだね。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ