旧ネーム (まさじぃ)です!

2016/10/30

49日法要に黒猫のお告げ・・  母親の覚書

クリックすると元のサイズで表示します

母親の七七日(49日)法要が無事終了しました。

法要終了後、参列してくれた、みんなが帰った後に

法要が行われた本堂の階段の右前に黒猫が登場して

しゃがみ込み、仏は無事極楽に行かれましたと

伝えてくれました。



黒猫は一般的には不吉の象徴と言われているが

逆に幸せを呼ぶ福猫と崇拝する国もある。

どちらを信じるか・・信じるものは救われる!!
0

2016/10/26

むなぬか・・  母親の覚書

クリックすると元のサイズで表示します

母親の六七日(むなぬか)の日です。

初七日の秦広王の裁きから始まって

各七日毎に色々な大王に裁きを受け

五七日の閻魔大王の裁きに続いて

一週間後に、変成大王の天秤による裁きの日・・



49日の最後の裁きの泰山王になるまでの

大事な裁きで、現世に残ったものは

しっかり拝んで、故人が間違っても地獄に落とされない様

応援しなければなりません。
0

2016/10/19

ごなのか・・  母親の覚書

クリックすると元のサイズで表示します

母親が亡くなって、五七日を迎えました。

もう早くも、ひと月を過ぎたんですね。
1

2016/10/12

よなのか・・  母親の覚書

クリックすると元のサイズで表示します

母親が亡くなって

よなのか(四7日)です。

静かに手を合せました。



初七日のお寺で法要した際に

お寺さんからの説教で

「時々遺影の写真や遺骨まで持って来られる方が

いらっしゃるが、本尊様に対して失礼極まりない」

拝む対象が違う!

という、話を聞いた。



葬儀後、遺骨や遺影などを持ち帰り

自宅の仏壇の横に

後飾り壇を設置して49日まで

置いておくものだが

納骨までに法要が有れば

つい、持って行かなくてはいけないのかと気になるところだ。



先にこっそりお寺さんの奥さんに聞いておいて良かった((笑い

恥をかくところだった。

「遺影はただの写真だから

拝んでも仕方ない! 仏壇を拝みなさい!!」

と説教されたけれど・・

現実はどうしても写真の方を拝んでしまう・・

広島ブログ

0

2016/10/5

みなのか・・  母親の覚書

クリックすると元のサイズで表示します

母親の 三七日

亡くなって21日目です。

仏壇に向かって

静かに手を合わせました。
1

2016/9/28

ふたなのか・・  母親の覚書

クリックすると元のサイズで表示します

母親の二七日(ふたなのか)法要を

自宅でしめやかに行いました。
0

2016/9/22

初七日法要・・  母親の覚書

クリックすると元のサイズで表示します

広島寺町の先祖代々のお寺で

母親 釋恵心の

初七日法要を行いました。
1

2016/9/16


クリックすると元のサイズで表示します

母親が、昨日

永く幸せな人生の幕を閉じました。

クリックすると元のサイズで表示します
2

2016/7/27

母親の覚書・・輸血  母親の覚書

やっとの事で、市民病院での支払が済み

再び呉の会社に戻ろうかどうしようかと迷っていた所

家内から一本の電話が掛かった。

母親の事で先生がお呼びだと・・

広島市民病院から、N病院にハシゴをする事になった。



先日から、N病院に行く度に

身内代表として誓約書にサインしていたが

この度は、母親が入院以降ヘモグロビンの数値が

下がり続け、もう限界だという・・

その解消の為、輸血をするかどうかの判断だった。



ヘモグロビン(Hgb)の値が下がると言うことは

血液が何処かで漏れているという状態が考えられる。

いま、推測出来る事はガンが発生している

胃の内壁から出血が続いていると考えられる。

と、なると・・輸血をしてもまた出血?

輸血・・出血の繰り返しになる可能性もある。



意識の戻らない病人に対して

それが適切なものであるかどうかだが・・

とりあえずは、輸血治療をして頂こうとお願いした。

その後は、経過待ちとすることにした。
0

2016/7/6

母親の覚え書き・・脳外科医との面会  母親の覚書

今日は母親の脳外科医との面談の日

広島で動く時には、今まで二の次にしていた

自分自身の病院の受診もしなければならない。

セカンドオピニオンの主治医から指示された

眼科の検査を朝一番からして

昼前には脳外科医との面談を計画していた。



しかし、そんなに長くは掛からないだろうと思っていた

眼科の検査が二時間経っても終わらない・・

検査を途中で打ち切って

昼時間になってしまったが

脳外科医と面談して

再度Uターンして眼科の検査の残りをやることになった。



母親の容態は、やはり以前、目を開けたり声を出したのは

たまたまだったようで

今日は以前の何の反応もない母親に戻っていた。

脳外科の担任の先生と母親の転院の打合せをして

後、脳外科の処理の方は

当日の退院手続きと新しい病院への入院の付き添いだけになった。



新しい病院では、ひとまずは急性期病棟に入院となるが

慢性期病棟の療養型施設も併設しているので

今までの脳外科のようにバタバタと

動かないといけない事は無いであろう・・



脳外科の面談が済んで

再び眼科に戻って検査をしていると

終わったのは、もう三時過ぎだ・・



昼から呉に行くつもりだったが

今日は予定を変更して

以前から、延ばし延ばしにしていた

広島の用事を片付けよう・・
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ