旧ネーム (まさじぃ)です!

2019/1/28

イノシシのジャンプ・・  有害鳥獣

イノシシが浄円寺池堰堤の2m下敷地をうろついている写真
クリックすると元のサイズで表示します

イノシシが下の敷地より2m上の石垣法肩に飛び上がった瞬間
クリックすると元のサイズで表示します

この辺りを行動範囲にしている、いつものイノシシが

下の畑地から、飛び上がり堰堤ののり斜面を悠々と

次の目的地に向かって移動している動画!


残念ながら、飛び上がる瞬間は暗視カメラのタイムラグによって

撮影できなかった。


暗視カメラの撮影設定は、動く野生動物を検知後

写真を1枚撮影+数秒後に、20秒間の動画撮影

その後30秒間のインターバル(間隔)をおいて

次の撮影となる為、肝心な所が撮影できなかった。

写真のみ撮影又は動画のみの撮影と

動画は最大120秒まで設定可能なので

次回は色々と工夫をしてみよう。

下は、写真に続いて撮影した動画を2つ繋ぎ合わせたもの。

1

2018/11/7

魔のスペース・・  有害鳥獣

クリックすると元のサイズで表示します

イノシシが暗視カメラに写った・・

等と悠長な事を言っている場合ではなかった。

イノシシのけた外れのパワーで、金網を突破されてしまった。


この金網柵の外側は1.5m位敷地が下がっている石垣

しかも下の段に横に這わしている大竹と地面との隙間は20cm

金網は10cmマスとした為に、弱冠細いとはいえ

足元はL型に折って曲がりにくく加工していた。

それが簡単に押し曲げられて通過されてしまった。


中途半端な事は、通用しない事が判った。

地面との接点にもう一本大竹を這わして

バン線でくくって仮の処置をしておいた。


それより残酷なのが下の写真のジャガイモ畑。

わずかのスペースですが、夏はタヌキにサツマイモを盗られ

秋はイノシシにジャガイモを盗られる結果となった。

根もの野菜が植えられない魔のスペースと化してしまった・・・・

クリックすると元のサイズで表示します
0

2018/11/6

暗視カメラの映像・・  有害鳥獣

クリックすると元のサイズで表示します

しばらく表れていなかった奴が戻ってきて

赤外線暗視カメラに最初に、姿を撮影されるようになったのは

10月29日午後9時22分・・

それ以降、毎日のようにカメラに姿を見せるようになってきた。


その奴とは? もちろんイノシシである。

最初映像を見た時は、体毛の少ないブタのように見えたが

映像をコンピューターで解析して拡大してみると

イノシシ特有の荒い体毛が確認できる。

間違いなくイノシシである。

さて、有害獣の侵入経路は潰してきた筈だが

問題は何処から入って来るか?

広島市維持課が管理する、浄円寺池の止水堤防の

土手の2m位ある石垣の上部から飛び降りてくるしか経路は無い。

下の民間地から4mの高さのフェンスは建てられないし

さて、どうしたものか・・

クリックすると元のサイズで表示します
0

2018/11/4

おとり用の餌が無くなる・・  有害鳥獣

クリックすると元のサイズで表示します

まだ、鳥獣の狩猟は解禁になっていないが

狩猟高等技能者の常とう手段を真似して

狩猟期間前に箱わなを稼働させないようにして

餌をおいて、おびき寄せ慣れさせておく手法を試してみた。

10月27日に仕掛けて、柿の実をえさとして

放り投げておいたが、警戒してか

なかなか餌が無くならなかった。

10月3日、周囲の里道が掘り起こされ

餌が無くなっていた。

何者かが現れ、箱わなの中に入り

餌をせしめて行ったようだ。


次の餌を仕掛けておいた。

数回、柿やカボチャの腐りかけを餌として

少しづつ箱わなの奥に向かって置いていく予定だ。

0

2018/10/28

動物監視カメラに土堀音の録音・・  有害鳥獣

あっちこっち場所を変えながら設置していた

赤外線夜間動物監視カメラの20秒間動画に

夜間、手で土を掘る連続音が記録されていた

しかし、残念ながら場所が遠くて

肝心の動物は確認できなかった。
0

2018/10/27

箱わなの設置・・  有害鳥獣

クリックすると元のサイズで表示します

まだ、鳥獣狩猟解禁前なので

稼働しないように加工して

箱わなを置いておく

柿の実をひとつおびき寄せの餌として

置いておいた。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ