旧ネーム (まさじぃ)です!

2019/6/15

フランス べルサイユ宮殿 だまし絵?  イタリア・フランス旅行

クリックすると元のサイズで表示します

パリに到着して、その日直後の観光は

きらびやかな黄金に彩られた べルサイユ宮殿


池田理代子作の漫画や、宝塚歌劇団の舞台等で

すっかり有名になった ベルサイユのバラ

悲劇の女王 マリー・アントワネットの生涯を

実話にした物語だ。


しかし、悲劇の象徴として知られるマリー アントワネットも

国民の食べる物が無い時代に、自分で創ったものでは無いにしろ

こんな立派な建物で、贅沢三昧に暮らしていれば

国民の妬みもかって当然だろう。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ベルサイユ宮殿に入場する前に

ひと際目立つ建物がある。

円形状の外壁に全面巨大な絵画を描いたものだが

下の写真を見て判るだろうか

凸状の外壁に遠近法を活用して、凹状の建物内部の絵が描かれている。

しかも、見ていて全く違和感を感じさせない。

よっぽど卓越した画法を習得していなければ

このような絵は描けなかっただろう。

当時の壁画の技術に感嘆せざるを得ない。

クリックすると元のサイズで表示します


一級建築士が行く フランス パリの旅

広島ブログ
0

2019/6/13

リキュール リモンチェッロ・・  イタリア・フランス旅行

クリックすると元のサイズで表示します

おっとと・・

今芸能界で非常に話題になっている

女性へのハイヒール・パンプス着用の強制問題では有りません。

よく見てください

イタリアと書いてあるでしょ・・

地中海に突き出したイタリアの国をかたどった

リキュール リモンチェッロのお土産です。

レモンの果皮で造られたお酒らしいです。


ふう― なんでお土産品を紹介するのに

こんなに、苦労する? KUTOOの 石川優実さん!


一級建築士が行く イタリア ローマの旅

広島ブログ
0

2019/6/12

フライト・・  イタリア・フランス旅行

クリックすると元のサイズで表示します

今回のイタリア・フランス旅行は

日本の成田空港から出発し

KLMオランダ航空で、七時間のフライトの後

アムステルダムのスキポール空港に着く

そこでヨーロッパEU諸国の入国審査が行われ

その後はEU諸国内での移動は、審査なしでの移動となる。


スキポール空港で、一時間半程度の時間待ちをして

エールフランスに乗り換え、約二時間のフライトで

イタリア ローマのフィゥミチーノ空港に着いた。


その後、二日間のイタリア観光を行い

再び、フィウチーノ空港からエールフランスにて

フランス パリのシャルルドゴール空港に着いた。


日本からオランダ、イタリア、フランスへのフライトだったが

オランダ航空、エールフランスと

日本やアジア周辺の航空会社では大きく違う点が有った。

日本ではキャビンアテンダントは間違いなく

女性の客室乗務員だが

オランダ航空、エールフランスでは、約半数が男性乗務員。

男性と言ってもユニークで陽気な人が多く

楽しい空の旅を過ごす事が出来た。


飛行中の電子機器の使用については

少し勘違いをしていたことが有ったようだ。

フライト中は、カメラも携帯電話も一切使用は禁止と

思っていたが、機器の電波の発する行為は禁止という事だ。

専用カメラは全く電波は飛ばさないので規制外

携帯電話も電源は落とさなくても、機内モードにするだけで

電波は飛ばさないので、使用してもOKという事に

今回気が付いた。

飛行中は写真を撮ってはいけないと、ずっと思っていたが

全くの勘違いだった。


一級建築士が行く イタリア ローマの旅

広島ブログ
0

2019/6/7

ローマ 市内散策最終章・・  イタリア・フランス旅行

クリックすると元のサイズで表示します

イタリア滞在三日目のローマ市内を散策し

ナポレオーネ通りの坂道を上がり切り

ローマ三越で若干の買い物をして

※日本の百貨店のように様々なお土産が買えるとは思わない方が良い。

面白いお土産を買うのなら、近くの地元の人も良くいくスーパーの

方が品揃えが良い。


そして、共和国広場を横目にテルミー駅に行ってみる。

ローマ市内でただ一か所地下鉄の駅となっており

ちょっと遠出したり、ホテルに帰るのには便利だとか。


しかし、私たちはまだ帰る訳にはいかない。

添乗員さんお勧めのパスタのお店で夕食。

日本人の経営で安心というだけに量が多い。

先に着いて料理を注文していた同行カップルさんに教えられて

二人でパスタとサラダを一人前注文する。

それを二人で分ければ夕食としては十分だ((笑い


ちなみに、麺のようだがパスタ。

イタリアのパスタはいろんな形が有って棒状の物はロングパスタ

マカロニのような形状のものはショートパスタという。

その全てをパスタと呼称して、スパゲティーはパスタの一種類となる。

クリックすると元のサイズで表示します

夕食後、タクシーを呼んでもらって

ローマで三日間宿泊した

Best Westem Hotel Presidentに到着した。

イタリア最後の日、翌日はフランスに旅立つ・・

クリックすると元のサイズで表示します
一級建築士が行く イタリア ローマの旅

広島ブログ
0

2019/6/7

ローマ ナポレオーネ通り・・  イタリア・フランス旅行

クリックすると元のサイズで表示します

イタリアローマのヴェネティア広場からコロッセオを経由して

ナポレオーネ大通りの傾斜道路を北上し

共和国広場を目指して歩く・・

かなりの傾斜路で、先にも言った事が有るが

ローマ市内の道路は全て石敷きの道路。

それはバス路線であろうが同じこと。

さすがに、重量バスが頻繁に通る大通りともなれば

下の写真の通り、凹凸が激しい。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

場所も判らないローマ市内の傾斜道路を

やみくもに地図を頼りにひた歩くが

大きな建物が眼前を通り過ぎていく

後で調べてみるとサン・ヴィターレ大聖堂だったのだろう。

やっと目的地の共和国広場に近づきつつある。

ローマ三越の有る所だ。

クリックすると元のサイズで表示します



一級建築士が行く イタリア ローマの旅

広島ブログ
0

2019/6/6

ローマ 真実の口・・  イタリア・フランス旅行

クリックすると元のサイズで表示します

ローマのサンタ・マリア・イン・コスメディン教会の

真実の口

映画ローマの休日で、主演の新聞記者グレゴリー・ペックが

手を入れて抜けなくなったふりをして

オードリー・ヘプバーンが泣き出したという名シーンで

すっかり世界的に有名になった場所。


えっ? 周囲が明るすぎて、それって 本物の真実の口??

嘘ついてない?

嘘をつくと手が抜けなくなると言われる真実の口

ちゃんと家内の手は抜けたようです((笑い

嘘じゃない??





ほんとはローマ三越のレプリカコーナーだったりして・・



一級建築士が行く イタリア ローマの旅

広島ブログ
0

2019/6/6

ローマ 遺跡採掘保存地区・・  イタリア・フランス旅行

クリックすると元のサイズで表示します

コロッセオ周辺に有る、遺跡採掘保存地区。

遺跡の採掘状況がよく見えるように

道路側に仮設の通路を設け、見物席のようなステージが

設けられています。

古代の遺跡を大切にするイタリアならではの光景だ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

何百年も前に造られたであろう日干し煉瓦のアーチ。

緻密な作業で組み上げられた様子が見て取れる。

クリックすると元のサイズで表示します



一級建築士が行く イタリア ローマの旅

広島ブログ
0

2019/6/5

ローマ コロッセオ・・  イタリア・フランス旅行

クリックすると元のサイズで表示します

ヴェネツィア広場から少し東寄りに歩き始めると

もう、コロッセオが見え始める。

しかし、コロッセオにたどり着くまでに

数々の古代遺跡の採掘跡が整備され

道路から眺められるようになっている。

イタリアは歴史を大切にし、誇りを持っている国だという事が

良く判る。


さて、コロッセオは

古代ローマ帝国時代につくられた円形閣議場で

建造された当初の正式名称は

フラウイウス閣議場と呼ばれるものらしい。

鉄骨を全く使わないローマンコンクリート(火山灰のコンクリート)

で壊れやすい構造ながら、円形の外形で

座席も斜めに外側に向かってせりあがっており

構造的に安定したものであったに違いない。


頑丈に造られたコロッセオも

現在は半分そぎ落とされた形で残されているが

なぜか、コロッセオだけは完成した当時の無傷の姿は似合わない。

この現状の姿こそ、後世まで残されるべきものであろう。

クリックすると元のサイズで表示します

コロッセオに到着するまでに見られる遺跡群
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



一級建築士が行く イタリア ローマの旅

広島ブログ
0

2019/6/4

ローマ ヴェネツィア広場  イタリア・フランス旅行

クリックすると元のサイズで表示します

ローマ市内 自由散策にて・・


ヴェネツィア広場の正面に立つ

ヴィットリオ エマヌエーレ2世記念堂

ローマ市内には大通りの終点辺りに

それぞれ大きな広場が配置され散策ルートの目安となっている。

初めて歩いても、それぞれの広場を目当てに歩くと

目的地を廻れるようになっている。


昼食後に自由散策となった、スペイン広場からヴェネツィアを目指し

途中パルテノン宮殿に寄り道して

再び大通りに戻り、ヴェネツィア広場に到着した。

時間が有れば前面のフェンスから中に入って

広場をゆっくり散策する処だが

正面で記念撮影して通過・・

次の目的地に向かう。

クリックすると元のサイズで表示します



一級建築士が行く イタリア ローマの旅

広島ブログ
0

2019/6/4

ローマ パルテノン神殿・・  イタリア・フランス旅行

クリックすると元のサイズで表示します

午後からの自由散策でローマ市内の散策・・


近代的なローマ市内の建物群の中にいきなり現れる

パルテノン神殿

中に無料で入れるとの事だったが

周辺の美味しいコーヒーショップ探しに没頭していて

入るチャンスを逃してしまった((笑い

ガイドさんに教えてもらったおいしいコーヒーショップ

お客さんは多かったが、安くておいしいコーヒーで

歩き疲れを、ほっと一息・・

クリックすると元のサイズで表示します

その近くには危うく間違えそうになった

パルテノンと、よく似た石柱群の遺跡もあった。

クリックすると元のサイズで表示します



一級建築士が行く イタリア ローマの旅

広島ブログ
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ