旧ネーム (まさじぃ)です!
防災日記 竹の根株・・小さな沈砂ダム  防災日記

クリックすると元のサイズで表示します

2021年2月4日、排水溝の掘削は終わったが、途中放り投げていた

溝の中に立ち上がった竹の根株の、どうしても取れない部分を

再チャレンジして、三か所の根株をとうとう掘り上げた。


溝全体に根を張って踏ん張っている根株だったが

片側の壁面をツルハシやマサカリを駆使して撤去し

わずかの隙間を開けて、木製大ハンマーで左右、前後と叩く

三株でほぼ半日仕事だった。


掘り上げた切り株をすぐ捨てようかと思ったが

或る考えが浮かび、踏みとどまった。

垂直方向の排水溝は、延長60m、勾配落差は4~5mは有るか?

本当の豪雨時に、上流からどんどん水量が増えて流されて

くると、最下流で水量と勢いで思いもかけぬ惨状に

なるかもしれない。

この切り株は、丁度ピタッと溝にはまるので

流量調整の水止めにしばらく置いておこうかと思う。

都合の良い事に、自重があり、かなりの水圧でも耐えられ

かつ、必要な場所に移動できるという利点がある。


数年前の豪雨による、安佐北区、安佐南区の危険個所の

沈砂ダム建設は、一通り建設が終了したという。

これも一種の沈砂ダムかな?

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
1

2期排水溝堀上終了し 全体完了  防災日記

横配置(2期)排水管西端
クリックすると元のサイズで表示します

2021年2月2日 二期工事排水溝堀上げ完了

少しづつ進めていた、横配置排水溝の堀上げが

ついに目的地まで到達し、堀上げ完了した。

第二期工事の延長は、電気ドラムコードで簡単に計測してみると

55m前後の長さだった。

第1期工事60mと合わせると115mとなる。


昨年の12月10日から開始した、二期工事の排水溝堀上げは

金網柵の移動を伴っていたので

当初、一期工事と同じく半年程度掛かるかと思っていたが

予想に反して、2箇月弱で完了してくれた。

私としての一大イベントは全て完了した。

ほっとすると同時に、やっと、我が家の畑が整備できる

というのが本音だ。

しかし、この排水溝は、これで終わりではない。

雑木や竹藪に接している為、落ち葉は散乱し放題で

年間数回の監視と環境整備の為の掃除をしていかなくては

いけない。

山の管理って、大変だね。

山の持ち主が高齢の為、当分は私がおせっかいを焼くことになるが

一億年も経たずに、もし人類が自らの環境破壊によって

この地球に存在しなくなっても

山に降る雨水は何億、いや何兆年もの間休まず流れ続ける。


↓2期開始時の記録
「防災日記 二期工事・・金網垣の移設と排水溝の掃除」


ちなみに、豪雨による近接地の石垣崩壊によって排水溝を

復活させようと、取り組んだのが2020年7月23日で

↓1期開始時の記録
「終わりの無い排水整備・・」

里道横の縦方向U字側溝の第1期堀上を完成したのが

2020年12月3日と5ヶ月を要した。

↓1期終了時の記録
「防災日記  中間点に到達・・」


横配置(2期)排水管中間点
クリックすると元のサイズで表示します

横配置(2期)排水管東端
クリックすると元のサイズで表示します

縦配置(1期)排水管上端
クリックすると元のサイズで表示します

縦配置(1期)排水管中間 大曲り部分
クリックすると元のサイズで表示します

縦配置(1期)排水管下端 堀上げ開始部分
クリックすると元のサイズで表示します

1

二期工事 溝の堀上げ45m・・進みにビックリ!  防災日記

クリックすると元のサイズで表示します

2021年1月31日、1月最終日の日曜日

今まで排水溝の堀上げは、一日5m程度しか進まなかったものの

驚いた事に、一気に20m程度掘り進んだ。

振り返ると、掘削開始地点がはるか先に霞んで見える。


えっ! 霞んで見えるのは写真がぶれているせい?

失礼しました((笑い


しかし、とにかく20m程度掘削は進んだ。

原因は、竹の繁茂密度が薄くなり作業しやすかった事と

排水溝の中の地下茎本数が2~3本に減った事。

通常、5~6本有る元気の良い地下茎は切断するのに時間が掛る

なぜかU字排水の端~端に成長しているので電気ソーでも

切断しにくい。

まるで、学校で生き延びる術を、お勉強しているみたいだ。

おまけに、排水溝から立ち上がった生竹の切り株処理には

余計時間が掛る。

後半部分から、イノシシ侵入防止の溶接金網を

U字側溝から離して設置し始めたのも功を奏したようだ。


地下茎の本数が減ってくると、場所によっては

電気ソーを使わなくても上からツルハシでぶっ叩くだけで

切断できるので、掘り上げがスイスイ進む。

先を見ると、金網で仕切られた最終目的地が

すぐ近くに見えてきた。

後10m程度だろう。

最後になって、これだけ進むとは思わなかった。

クリックすると元のサイズで表示します
1

二期工事 溝堀上げ25m・・  防災日記

クリックすると元のサイズで表示します

2021年1月30日、排水溝の堀上げがまた5m程度進んだ。

二期工事を掘り始めて、ほぼ25m程度か?

二本目を継ぎ足した30mドラムにもう巻が少なくなった。

下の写真の反対側(目的最終地)を振り向いても

まだ端は見えてこない。


竹を切り倒しながら、しかし排水溝に根が食い込んでいない

竹は残しながら、右側は溶接金網の柵、左側は切り残した竹

の狭い空間を電気ソーやツルハシ、斧、スコップ等を

使分けながら、少しづつ進んで行く。


毎日〜、同じような風景をブログに書き込んでいるのは

溝堀を完成して、後から他人が見た場合

雑作も無く、簡単に、綺麗になったと思うだろう。

豪雨による、氾濫崩壊防止の努力もはた目から見ると

全く洞察する事は出来ないであろう。


その為に自分自身が納得する為の記録となる。

クリックすると元のサイズで表示します
1

排水溝二期工事・・掘削20m  防災日記

クリックすると元のサイズで表示します

2021年1月28日、イノシシに金網柵をぶっ壊されながら

その修復と共に、防災排水路の竹の地下茎堀上げが

約5m程進んだ。

水を流さなくなって、もう50年位手入れを放置された排水溝

には、下の写真のように竹の地下茎とその根がビッシリと

充填されている。

特に、下の二枚目の写真の溝から生えあがった生竹の真下は

根が密集し、撤去するのは尋常な事ではない。

しかも、それがこの先何本も存在する。


しかし、何とかここまで進んできた。

目測で20mは掘り起こしたろうか?

しかも、昨日わずかに降った雨でも排水溝に雨が10cm程度

溜まっている。

梅雨時の豪雨になれば、去年まではその全部が下の畑に

流れ込み低い所を辿って石垣の崩壊につながったとみられる。

排水溝の位置で、溝伝いに排水が出来れば

危険は排除できるはずだ。

これこそが、苦労して排水溝を掘り上げている

危険排除の実証だ。


まだ、先は全く見えないが

わずかづつでも進むしかない・・

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
1

二期排水溝掘削 15mと竹伐採・・  防災日記

2021年1月21日、防災日記 覚書  生竹の切り倒し完了


第二期排水溝堀上げ作業が、排水溝から立ち上がった

生竹の切り株二本の堀上げと共に、5m程進んだ。

この先は、排水溝の中から立ち上がっている竹が

林立している為、一旦中断し、先に生竹の立ち上がりを

先行して切り倒していくことにした。

合計10本位のぶっとい竹を切り倒した。


畑に倒れ込んだ、高さ15mも有る切り倒した竹の一団は

そのままでは、畑がどうにもならないので

枝を全部払っていき、笹は垣の中に投入し

竹は邪魔にならない場所に移動していく。

これだけで、ほぼ半日を潰してしまった。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
1

二期排水溝掘削一休み 一期の整備・・   防災日記

2021年1月17日、60cm角の排水桝に竹の地下茎が根鉢のように

ぐるぐる伸び放題だった部分の切除と、土の堀上げ作業を

行った。

わずか30cm程度の深さだったが、電動シャーで切っては

周辺の土の堀上げを繰り返し、ほぼ上から土が見えない位の

地下茎の集団を堀上げ、所要時間は2時間もかかってしまった。


続いて、排水溝の中に残ってしまった竹の切り株5か所の

一掃を試みたが、取り除き出来たのは1か所だけ・・

他の4か所は、掘り上げるのをあきらめて、排水溝の片側に

幅10cm程度のV字カットを設け、水を流せるように工夫した。


防災日記・・枯渇処理の検証


竹の切り株は除草剤の原液を流し込んで、2ヶ月位経過したが

びくとも弱っていない。こちらがすっかり弱ってしまった((苦笑
0

防災日記 取り残した仮設柵の撤去・・  防災日記

2021年1月10日、防災日記覚書 

隣接竹藪に残っていた仮設柵の撤去

隣接竹藪に残されていて、前回仕舞が付いていなかった

10m程度の仮設柵の撤去を行い溶接金網等を

遊休地敷地に搬入。

移設した柵の補強点検を行った。
0

防災日記・・金網柵の移動完了  防災日記

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

新型コロナウイルスの感染者増加で、東京都と周辺三県が

国に緊急事態宣言を出すように要請したという。

広島市も政令指定都市としては、市民の10万人当りの感染者数は

全国でダントツトップを走る不名誉な記録を引きずっており

湯崎知事は、日本の他都道府県に先んじて、厳しい政策を

県民に要請している。

という事で、県民はいつもとは違う新年をお迎えの事だろう。

家族の帰郷はままならぬ、外出は出来ない。

普通の家庭では、家に居てもテレビを見る事くらいしか

やる事は無いだろう。


しかし、我が家では幸いな事に、やる事はいくらでもあるが

追っつかない状況が続いている。

元旦こそ動かなかったが、年末から年明けまで、丸一日

竹藪の傍で過ごした。

年末までに、積み上げた竹・木の廃材を堀上げ

年明けから、木杭を打ちながら、骨組みの農業用Rパイプと

溶接金網を一旦解体した後、水平方向に50cm程度

移動させていく。

U字排水溝を金網柵の外側、竹藪側に出していく作業だ。

今日、やっと100m位ある柵の移動に区切りがついた。

密かに、ビールで乾杯した。


12月29日撮影 柵移設前
山に積み上げていた竹・木材の廃材を整理し根元まで掘り下げた。

クリックすると元のサイズで表示します

1

防災日記・・竹の残材垣の整備  防災日記

クリックすると元のサイズで表示します

5アールも有る、元農地だった場所の竹藪を伐採

うず高く積まれた竹の切断残材を果たしてどうするか

迷った結果に創った、野獣防護兼用の柵。

火を付けて燃やしてしまえば、一番手っ取り早いが

近くにも竹藪が有るので燃え広がって山火事になっては困る。

という事で、積み上げるしかなかったのだが・・

クリックすると元のサイズで表示します

当時は、五里霧中で切り残した竹を利用したりして

垣を創った。

しかし、今で考えてみると少し垣の位置がデコボコしている。

外側の排水管を出す為の垣の移動にも支障が出るので

排水管の掘削を途中中断して、垣の整備に着手することにした。

都合よく、知人から貰った手ごろな木杭が多量にあったので

打ち込みながら通り直しをしていった。

下の写真は、通り直しを行った後の アフター

あまり変わり映えしていないが、通りは良くなった。

クリックすると元のサイズで表示します
1




AutoPage最新お知らせ