2007/11/4

へそから足の裏の穴へ  子育て日記

息子(3歳)と、笑点を見ていた。
マギー四郎の手品、
「右の耳からチリ紙を入れたら、左の耳から出てきた。」
という、超古典的な手のひらにチリ紙を隠して行う手品。
息子、驚きで目玉がまんまるになる。
家事をしていた嫁様に、
耳に通す真似を自分の耳でジェスチャーで、説明する。
息子、不思議そう。

そこで試しにわしも、その手品の真似をしてみる。
息子、わしのエセ手品に驚く。
で、自分でもすると言い出し、
わしの耳にチリ紙を突っ込む、無理やりグイグイ、痛い。
他人の耳に突っ込みだしたらヤバイので、
へそに突っ込んで足の裏から出してみた。
息子、信じる。
もうどこからチリ紙を入れても出しても信じる。
嫁様も、面白がってやる。
当然信じる。

騙されるのうちの子だけだったらヤバイな…



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ