2008/12/10

朝日新聞ととらのあな難波店とか  漫画

前回、シブイ新聞に載ったこと書いてたら
12月7日の朝日新聞でとろける鉄工所が書評されていたと、
翌日聞きました…
即新聞屋に嫁が電話してくれて買えました。

朝日の書評にとろける鉄工所の題名について、
「妻の愛にとろけるという意味も含まれとるに違いない」
と、書かれてるんですが、ほんとうにごめんなさい…
そういう意味も含まれとることに今からしても全く問題はありませんので、
そういう事にしといてください。ってので手を打ちましょうか…

(恥ずかしいとサブイが同居しとる題名の意になりそうですが…)

最初、20個くらい題名考えてて、選んでもらったんですが、
僕が一番恥ずかしいなぁと思ってたのが「とろける鉄工所」でした…
今は、ほんとにこれで良かったと思ってるんですがね、
当時の僕の一押しは「来世はデスクワーク」

今の仕事はもうしみこんで辞めれんけど、
来世はデスクワークでクーラーにあたりながら働きたいな、という、
おっさんが実際に発した言葉です。
これが選ばれとったら単行本出んかったかもしれんな…


と、とらのあな なんば店さんから写真を頂いたので、
この力の入れ具合を、無茶苦茶ヒマでたまらんかったらご覧ください。
仏様のような扱いです。ほんとに申し訳ない…
ありがとうございます!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

真ん中の色紙のまわりにあるのが、
超きちゃないサイン本の中身です。
自分で紹介するのとか、無茶苦茶恥ずかしいんですが、
気になる方もおられるとおもうので、
罰ゲーム的に戒めも含めてのっけておきます。

これはほんと上手く描けとる方で、
東京で最初のころ描いてたのは、ひどかったです。
すんません。

色紙も10種類くらいネタが違うのを描いとるのですが、
東京のより大阪のほうが、ネタも進化しとるし、
きれいに描けております…

あ、広島の紀伊国屋本店(そごうのところ)
と、紀伊国屋ゆめタウン店(猫田体育館の横に最近できたらしい)
と、香川の紀伊国屋丸亀店に
色紙とポップを描いて送りました。

本屋で偶然見かけたら、「けっ!高いところからなんや!!」
と、突っ込んでもろうてけっこうです。

2008/12/7

日刊工業新聞さんにいらん事を話しました…  漫画

日刊工業新聞さんに金曜日、取材を受けました。
正月号に載るらしいです。
ものづくりがテーマの話だったんですが、
マンガも鉄工所でのものづくりも
ほんと同じだとおもっとるんで、
そういう類の事を話しました。
と、記者さんが気さくで楽しい方で、
ついマンガに描けないようなこともいっぱい話してしまいました…
大丈夫かいな…

記事になると、えらそげに語っとるようになりそうで怖いです。

他の人にも取材されてて、その中の一人だということだったんで、
きっと隅っこにちょこちょこっと載るんだと思いますが、
逆取材もできておもろかったです!
記者様、長々とまとまりの無い話してすんません!

さて、
日刊工業新聞、高知新聞、溶接ニュース、
今まで取材を受けたラインナップ。
ぶちシブイです。


2008/12/4

書店さんから写真を頂きました!  日記

まずは余談から。

うちの息子が突然「鼠先輩」にはまりました…
新曲の方です。

僕ら夫婦は「鼠先輩」の事をほとんどしらず、
前の歌もまともに聞いたことないんですが
こないだなぜか嫁が「ヘイヘイヘイ」を録画していて、
それに「鼠先輩」が出てたんですが、
その歌に息子が一発撃沈…

「先輩見せて」と、息子は暇になったら連呼するようになりました…
一緒に歌い踊ります…
何度も同じ歌を繰り返してみます。
何で好きなん?って聞いたら
「メガネがねぇ、かわいいのよー」
と、言いました…

ただ、僕も嫁も実は「鼠先輩」の新曲には無茶苦茶感銘をうけてしまいました。
なんちゅうか、ね、エンターテイナーとして素晴らしいなと。
すごく客観的に物事をみてるんだろうなぁ、と。
勉強になりました。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
本題、この写真、書店さんにいただきました!
上がジュンク堂書店難波店さんで、下が丸善お茶の水店さんです。
大々的にスペースをとってまで商業的にチャレンジャーな本を飾っていただき
ありがとうございます!
ポップとか沢山かいていただきほんとにありがとうございます!!
見切りは鋭くお願いします…



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ