2009/4/10

看護助手のナナちゃんというマンガ  漫画

すんごい、ここに書こうか悩んでいた報告があります。

えー、うちの嫁様がマンガ家デビューすることになりました。
で、12日発売の「ビックコミックオリジナル増刊号5月号」
に載ります。(11日から売ってるかもしれんみたいです…)
題名は「看護助手のナナちゃん」です。

何でここで書くのを悩んだかというと、
僕がどうのこうの書くと、実力でマンガが評価されてのデビューなのに、
「とろけの作者の嫁」といういらん代名詞が付きそうで嫌だったからです。
嫁の担当編集さんにも、そのことが気になったので相談して、
ここに書くことにしました。

オリジナルの編集さんたちは、
嫁の旦那が漫画家だってことを全く知りませんでした。
ただ、黙っておくと、変に邪推されるし、
高知新聞で僕の嫁様デビューの記事も載ったので、
「嫁様のデビューは純粋にマンガが評価されただけなんですよ!」
ってのを伝えたくて書くことにしました。


いや、これほんと、ありえんくらい凄いことなんですよ。
その経緯を書いてみます。



始まりは去年の高知新聞マンガ賞受賞まんがを描いたところから。

嫁は僕のマンガの「トーン貼り」の手伝いをしておりまして、
僕が「ベタ塗ってみる?」って言ったら、
「怖くて塗れません」と帰ってきたので、
「じゃったら練習ついでにマンガ描いてみて高知新聞に送れ」

と、マンガを描き、見事高知新聞の準大賞を受賞…

息子が大きくなった時に伝えたい事を描いたらしいです。
正直、僕のマンガよりもおもろいと思いました、こん時。


で、時は流れて、
こないだ、3月中旬頃。
いきなりビックコミックオリジナルのお偉いさんからうちに電話が…
小学館がインターネットでマンガを集めてるページがあってhttp://www.dreamtribe.jp/
ここに嫁の高知新聞のときのマンガも載ってるんですが、
それをお偉いさんが見たらしく
とにかく「嫁に会って話したい」とのこと…

で、いきなり載ると…
話では次回の増刊号にものせてもらえるらしいです。

ね、すごいですよね…


オリジナル…イブニングの何倍も売れてる雑誌らしいです…
しかも殿方向けの雑誌に嫁のかわいらしいほわんほわんしたマンガ…

技術やマンガの知識では全くど素人の作品じゃし、
僕の方がすんごい心配してます。(全く人の事言えませんが…)

ただ、おもろいですよ!

今度、嫁にとろけのネタ考えてもらおっかな…


もし時間にゆとりがあって、ここで見た事を偶然にでも思い出されたら、
見てやって下さい。
オリジナルの「増刊号」の方です。

(ちなみにこの日記を書いたことは嫁は知りません…嫁は気を使う方なので、不適切な言葉などあればこの日記消します。)















teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ