蟻道

 アリ飼育日記と自然観察、その他。

 
この記事にはコメントを投稿できません
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:スラダケ
かずきさん、ようこそ。
僕はオオハリアリを上手く飼育できたことはありません。
ケースに登ってこないので、餌やりは楽ですが、かなり飼いやすいかは?ですよ。
ちなみに、このブログは現在更新していないので、せっかくコメントを下さっても確認が遅れてしまいます。
新しいブログへお越し下さい。

http://aridaisuki.net/
投稿者:かずき
私も、最近オオハリアリをかいはじめました。このありは、ケースをのぼってにげるしんぱいがないのでかなりかいやすいしゅるいですね。だが、わたしは、おおはりありのじょおうがいるか、さっぱりわからないのでいまこまっています。
すみませんがパソコンのちょうしがわるくてかんじになおすことができません。
投稿者:スラダケ
シロアリを与えてみましたが、女王アリも積極的に出てきてました。女王と言うよりは、産卵する働きアリと言っても良いような。
卵巣も他種に比べると発達していないように見えますね。
今まで見てきたアリとはまた違う物を楽しめそうです。

http://red.ap.teacup.com/arido-/
投稿者:土生
普通、新女王が最初の子育てをするときは
翅を動かす筋肉を唾液に溶かして幼虫に与えるんだそうですから
そういう面では胸部が大きく腹部は小さくてもいいわけで
むしろ、腹部が大きいのは飲まず食わずの子育てをするために
自分が生存するためのエネルギー(脂肪など)が蓄えられているのと
卵巣の発達が考えられますね。
何で読んだか忘れてしまいましたが
オオハリは新女王でも積極的に狩りをするんだそうです。
ハリアリの女王の腹部は細いですから、その蓄えが少ないため
子育て中であっても狩りをして食料を補給する必要があるんじゃないかと考えてみました。
オオハリ、こっちには少ないみたいで、地元では見かけたことがありません。
2月に真鶴で初めてみました。
トゲズネハリアリを飼育してて思ったんですが、ハリアリの飼育は面白いですね。
狩りをするときが特に興奮ものです。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ