蟻道

 アリ飼育日記と自然観察、その他。

 
この記事にはコメントを投稿できません
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:スラダケ
羽が小さく一瞬クサアリに見えました。
近づいて見てその形にびっくり!
すぐにサムライだと分かりました。
サムライの寄生も興味深そうですね。

http://red.ap.teacup.com/arido-/
投稿者:南柯太守
サムライアリのアンバランスな体形は、
一目でサムライとわかる形してますよね。
サムライの寄生は、トゲアリ等とは、全く
違うもののようですから、一度、女王有の
コロニーで寄生をさせてみたいんだけど
なぁ。
投稿者:スラダケ
総ワーカー数の倍ですか・・。
最後まで面倒を見る自信がありません。
そもそも飼う気はなかったのに、女王を見たら・・

http://red.ap.teacup.com/arido-/
投稿者:土生
アカヤマも奴隷狩りをしますが、サムライとはやり方が少し違います。
アカヤマはサムライのように徒党を組んで一気に行くのではなく
行列になって何度も巣を往復し、繭をさらっていくんです。
おおよその見当では、どちらもコロニー総ワーカー数の倍くらいの奴隷が必要みたい。
つまり、飼育するなら毎年そのくらいずつ繭の導入が必要になるというわけ。
野外にいくつもクロヤマのコロニーの在り処を知っていて
なおかつ、繭を採集してこなくちゃいけませんので
相応の努力をしないと飼育できませんね。
初期の頃だけならいいんですけど・・・。
投稿者:スラダケ
この翅と体はアンバランスですね。
飛行能力はどれぐらいなんでしょう・・

奴隷狩りも本種の魅力なわけですが、
飼育下で繭を導入するのは手間がかかりそうですね。
飼育はしてみたいんだけどな〜

http://red.ap.teacup.com/arido-/
投稿者:土生
サムライのコロニー密度はどうなんだろう・・と、去年も話題になりました。
うちの近所にもコロニーを3つ見つけてありますが
サムライのコロニー同士は、あまり傍にはないみたい。
ということは、有翅個体の飛行距離はどうなんだろうという疑問になります。
翅が小さくて、なんか重そうな体型してますよね。
飛行での分散はそこそこで、あとは歩いて寄主を探すんでしょう。
羽蟻の生産量もそれほど多くないようです。
寄生種ですから、最初はクロヤマのコロニーに入り込むわけで
やはり簡単にはコロニー乗っ取りは成功しないのが多くない一番の理由な気がしています。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ