B2/P.I.L

前岡和之のきわめて個人的な雑記  ※文字のサイズ小で最適化

 

D A T E

2021年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

P R O F



マエオカ カズユキ

飲食店プロデュース会社勤務

川口〜渋谷チャリ通勤
フィクスドギア
LEADER725TR
HELMZ
ゼーガペイン GUNHED
三池崇史 平沢進


ブログランキング・にほんブログ村へ
参加中
ポチっと押して下さると嬉しいっす




COUNTER

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:前岡 和之
やや矢野屋さん>

このコメントを書いて下さったのは、どなただろう?…
無記名の拍手コメントがどうにも気になり、
そして逆リン辿って、ツイッターに同様の発言を見つけ
あなたと、silver_copperさんに出会えた。

拍手コメントでは、相変わらず僕は叩かれてます。
でも、この機能を外す気持ちにならないのは、
こうして出会えるアクセス権を、くだらん輩のために
放棄するのは癪だからですよ。


どうお答えしてよいのか、正直わからないのですが、
とにかく吉祥寺に新しいお客様が来て下されば良いなあと。
そのお手伝いはできたように思います。

いずれ僕が書きたいと思っていることのひとつに
「13文字の戦い」というものがあります。

あれはひとつの象徴的な事件でした。

送り手側と、受け手側を隔てるあまりにも大きく、
そして虚しい壁があったことは、
僕が感じたままのことを書いておきたい。

奇妙に思うのは、ついて回る「尽力」という言葉です。

おかしいでしょう、僕らは客ですよ?
商品を買ってる客ですよ。

その客がなぜ尽力と称されるほどの力を使うのか。
その奇妙さを感じて欲しいのですよ。

このチラシのコピーライトの下の一文。
この一文を奇妙なこと、おかしなことだと思わないと
僕ら客はずっとなめられたままなんだと思う。
投稿者:やや矢野屋
他館での上映はまだ続きますが、前岡さんとしては一区切りといったところでしょうか。
本当にお疲れさまです。
ネットで拝見していても、MAGネットでの特集やバウスシアターでの公開が梃子の支点となり、これまでとはまた違った形で「マイマイ新子」が人々の中に広がりつつあるのを感じます。
いろんな方のご尽力があったからこその動きだと思いますが、前岡さんが提示なさったビジュアルが、闇に飛んだ火花のように新たな可能性を照らし出したのではないかと感じています。
これからも、一人でも多くの方がこの映画に出会い、素晴らしく濃密な90分を過ごされるよう願ってやみません。
私が申し上げるのも変だとは思いますが、敢えて言わせてください。
ありがとうございました。

http://pixiv.cc/yayaya-no-ya/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ