B2/P.I.L

前岡和之のきわめて個人的な雑記  ※文字のサイズ小で最適化

 

D A T E

2021年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

P R O F



マエオカ カズユキ

飲食店プロデュース会社勤務

川口〜渋谷チャリ通勤
フィクスドギア
LEADER725TR
HELMZ
ゼーガペイン GUNHED
三池崇史 平沢進


ブログランキング・にほんブログ村へ
参加中
ポチっと押して下さると嬉しいっす




COUNTER

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:前岡 和之
osakaさん>
はーいどもども!
わー、こちらこそ是非是非。

大勢の人間とつるむのは、気を遣ってしまって大変だし、普段そういう中にいるものだから、
自転車漕いでる時くらいは、自分になりたい、自分でいたいというかね…。
僕にとっては動く自分の居場所みたいなもんなんですよ、自転車って。
ですんで、僕もひとりみたいなもんですw。
もう少しお天気などが安定したら、是非遊んで下さいです!

てか、osakaさんのバイク見たいもの!!

後ほどメールしときますねー!!
投稿者:前岡 和之
ニケさん>
SEEDが最初なのねー!
あの作品、結構80年代ガンダムをいろんな意味で焼き直してるので
SEEDから最初のガンダムに戻って見てみると、面白い発見あるんじゃないのかな。

空山基氏の絵って、恐らく今ならCGで描写してしまうようなメタリックな表現を、
当時、リアルイラストレーションと言えば、猫も杓子もエアブラシなんて時代に、
エアブラシでの表現は、単なるスパイス程度で、
ほぼ面相筆で描いてる、その技法がすごいのですよ。
僕も当時は真似して、数種の面相筆を使い分けて絵を描いてました。
投稿者:osaka
前岡さん
 ご承諾ありがとうございます!!早速マネマネしまっす。
 自分は一人ぼっちのピスト乗り(笑)で初心者なので、こちらこそ色々と教えてくださいね!

同じ東京なので、いつかお逢いして一緒に走りたいですね!その時はよろしくお願いいたします!

 ありがとうございました!!今後ともよろしくお願いいたします!! 

http://ameblo.jp/dragon-tattoo/
投稿者:二ケ
僕もガンダム好きなんですが、初めて見たのが「機動戦士ガンダムSEED」だったんです。

けど、80年代ガンダムの方が好きです。

初めて初代ガンダムを見た時に
うわ、何コレ、スゲー!!って衝撃が走りました。

そしてこの絵を見て、また衝撃が走りました!


投稿者:前岡 和之
osakaさん>
どもどもー!
マネも何もそんなこと、どぞどぞというのも、変な話ですけど、でも、どぞどぞw。

ブログ拝見してますよー!
おお、ラムカーボンのシートステー、新しいのかっちょいいーとかw

NOKONは使い方次第で面白いと思うんですよ。
実際、いわゆる樹脂製のアウターよりも、フレキシブルですし、
まとめ方によってはケーブル自体が見せ場になるし。
いろんな色ありますし、是非インストしてみて下さい!

ブログの更新楽しみにしています!
わざわざ、コメントしに来て下ってありがとう!

僕もまだ、フィクスドギア車に乗り出して1年未満、
いろいろ勉強させて下さい!
こちらの方こそ、よろしくです!!!
投稿者:osaka
初めまして。MASH×Chinelli×dragon tattooってブログ書いているOSAKAです。ブログ楽しく拝見させてもらってます。

 突然ですが、前岡さんのピストのNOKONのブレーキとコラムスペーサーの色の配所をマネさせてもらってもイイですか??

 見た瞬間に衝撃が走りました。メチャクチャかっこいいです! 素晴らしいセンスです!

 だから自分のピストにも装着したいので、マネさせてください。

 ネタ違いの所に書き込みご迷惑をお掛けしてすいませんです。

 よろしくお願いいたします!!

http://ameblo.jp/dragon-tattoo/
投稿者:前岡 和之
廣田さんへ>

さすが!!!!

>ガンダムのリアリティが、
>ガンプラのリアリティにとって替わられる以前の
時代ですね。

これの意味が本当に大きいと思うんですよ。
この当時、いわゆる「公式の絵」って、
大河原氏や安彦氏のイラストだったり、いわゆる
設定資料の絵だったりする訳じゃないですか。

で、空山画伯のこの絵も、安彦氏がクリンナップした設定資料の後姿を、
割と忠実にトレースしながら空山氏の解釈で、
ミキシングビルドしてるのが、スゴイと思うんです。

そう、で、シド・ミードのことも書こうと思ったけれど、あれはもはや文脈すら違うので。


あと、僕ね、例の一連のことを経験して、
なんかクリエイター呼ばわりされるなら、
ビルダーでありたいなって思えて来たの。

ここ一連のエントリーは、廣田さんに対するプレゼンのつもり。
イメージフラッシュみたいなもんだと思ってくり!
投稿者:廣田
ガンダムのリアリティが、
ガンプラのリアリティにとって替わられる以前の
時代ですね。82年ごろの絵でしたっけ。

これが『Zガンダム』の時代になると、シド・ミードが
ポスターを描くことになります。

異文化と交合して、最先端の、さらに先へ飛ぼうと
もがいていたのだと思います。
一矢報いる、という感じですね。

ところで、ビルダーって言葉、いいですね。
フル・スクラッチ・ビルドって言葉も好きです。

http://mega80s.txt-nifty.com/meganikki/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ