2013/9/24

信倉沢  

ずっと前から行ってみたいと温めていた、
六郷湯田から岩手沢内下前に抜ける沢道、信倉沢に
かつて炭を背負い、生活の道として使っていた地元の方を
ガイドにお願いして行ってきました。

湯田沢との合流、橋のかかる道をゆくと、
芹田ときのこ栽培地が広がる
クリックすると元のサイズで表示します

何故か、刈りはらわれている旧道から入渓
クリックすると元のサイズで表示します

思ったより川幅が広く水量も多く明るい
ちょっとしたゴルジェもあったりする。
クリックすると元のサイズで表示します

途中にあると言われていた大滝に到着
思っていたより高さも幅も水量も立ちあがり具合もかなり立派
30mはある
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

一段目は登れそうな所に流れが集まっていてはじかれそうなので巻く
二段目は何故か太いワイヤーがかかっており掴って登れる。
クリックすると元のサイズで表示します
上部は傾斜が緩くなりナメ状の廊下となる
ここから地図上の取り付きまで1時間
ここからが難儀でした、
籔をこいで稜線まで出てもかつての道は見当たらず
岩手の沢筋が見えるようになる。
結局県境のピークには出れず、湯田神社への道をあきらめ
来た沢を降りることに、
あの大滝を懸垂しているところで雨も降りだし散々
でも楽しかった、
もしかすると湯田マタギのガイドで
正岡子規も通ったのかもしれない、と思うと感慨深い。
3



2013/9/27  8:12

投稿者:カブ主

久し振りの沢姿、カッコイイです。
地図で見ると、点線がくるりと回って白糸の滝まで、
また、新しいルートを見せてもらいました。

2013/9/25  18:49

投稿者:おさむっち

今日もシャワークライミングでもしたい暑い日でした
くろつうさんのヘルメット姿久しぶりに見ました、いいかんじです。
まだ、滝とかゴルジュとか聞くとわくわくします。

2013/9/25  8:49

投稿者:ハッシー

なんねぶりかの沢登り
地元にこんな素晴らしい滝(沢)が有るとは感激ー
後日 体が痛かった、でも楽しい いい経験しました
また誘ってください

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ