2016/8/21

佐藤家蔵見学  

菻沢歳時記の著者の生家の蔵ということで行ってきました。

歳時記によるとに人夫数人に藁束を担がせ黒森山山頂で焼いて雨ごいをしたとのことです。
金沢西根から人夫を使って黒森山まで藁を担いで藁焼きをするとは、相当暮らした(裕福な)家庭だと思っていましたが、かなりの篤志家でした、蔵も柱間隔が狭く、梁も立派で漆もきれいでした。

そして、外へ出て山のほうを見ると、真昼岳や女神山は遙かに遠く、黒森山は真正面にすごく近くに見えハート形に回り込んだ南北の尾根と左右に長峰が張っていて、いかにも祈りの山のようです。正面が金沢ダム周辺と思われるので金沢からの山道を使っての参拝だと思います。

金沢西根菻沢周辺からの黒森山の景観をお楽しみください。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ