2008/2/12

剣岳・点の記  

新田次郎作 「剣岳・点の記」読み終えました。
2009年映画化と言うことで読んでみました。
当時の(今もそうかも知れないが)
測量士の仕事は、
大変なものだったのですね。

昨年、一昨年と続けて行った、
剣岳、黒部下の廊下が思い出されて、
ワクワクでした。

今度行ったときには、
山岳博物館に寄って、
錫丈を見てこようと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

スクリーンに大写しされる、
剣岳を見るのが楽しみです。
0
タグ:  



2008/2/17  9:18

投稿者:沢Day

むむ!コメント難しいです。私も読めばいいのですけど。本といえばM・豊田さんが本を2册作ったと言ってました。「命耀ける毎日」「いま伝えたい大切なこと」旧姓M・太田で出ているそうです。

ケープタウン・やはり森さん心配ですね。

2008/2/12  17:17

投稿者:aka

お久しぶりでございます^−^
『新田次郎/剣岳・点の記』はお借りした
DVDでちょっと見ましたよ!
当時の測量は命がけでかなり大変なようでしたね…そこまで頑張ったんだから3,000mにしちゃっても良かったんじゃないかなーと!

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ