BIKE BIND自転車日記ブログ

おりゃあ馬鹿だなあ。と自身を思う、自転車馬鹿・bikebindのブログ。

 

TIME

カレンダー

2021年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Rakuten

かしこい旅、エクスペディア

NINJA

過去ログ

最近のトラックバック

 

天気

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

管理人

HN:bikebind
自転車が構成成分の80%を占める自転車野郎。残りは動物とロボ。 あちゃらこちゃらを徘徊し、自転車情報をこのブログに書き記すのがライフワークになりつつある。 ただし体調により更新がつまずくことも。
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:?
世界中どこでも人件費が一番掛かるので、ヒュンダイの考え方は間違ってないですよ。

安い人件費で分散化されるのは○です。

それで経営が成り立つのであるならば。
投稿者:XIT29
こんにちは。
いつもながら面白いですね。

ただ、会社の経営と「日本のものずくり」みたいなことは分けて考えるべきではないかと思います。

自分はT社の工場で働いたことがあります。
そのらく日本の自動車メーカーはどこも同じだと思いますが、ラインで働いている現場の作業員は「使い捨て」です。
期間工か派遣社員がほとんどです。
しかも作業(ライン)によってはかなり過酷です。
何かあっってラインを止めようものなら、周囲からのプレッシャーがすごいですし。そのプレッシャー故、トイレにもいけずに「おもらし」してしまうひとも。
派遣社員でも期間工でも脱走者や脱落者が結構います。
そういう現実あるもあることもお忘れなく。
「カイゼン」と言われる活動も、自分の部署ではかなり適当でした。ネタを探して発表だけみたいな。
メディアで得られる情報は限られてます。
新聞ひとつ見ても自動車メーカーの広告がない新聞ってありませんし。

また、世界の大多数の人は充分な教育を受けられない方々がほとんどです。そういった方々に労働を提供し、生活を向上させる、という観点からすれば決して否定されるやり方ではないと思いす。
また、今の日本の工場で、現場で行われていることが、世界で通用するとも思えませんが。

日本のほとんどの会社は(日本の社会)世界を知らなさすぎます。




Big

amazon

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ