創作日誌

通りすがりの釣り人か
はたまた児童文学作家か?
ひでじぃ渾身の随筆(笑)気まぐれ更新

 

カレンダー

2019年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

QRコード

過去ログ

記事カテゴリ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:りえ子
拙著をご紹介下さり、ありがとうございます〜〜
拙ブログへのコメントも嬉しかったです。
歴史上の人物の魂から目をはなさいで書きたいと、思っています。
新選組はたかが140年ほど前、ついこの間です。きっと戊辰の魂はまだそこここにいらっしゃるような気がします。そう思うと、いつも身も引き締まるような思いです。


http://d.hatena.ne.jp/rieko-k/
投稿者:ぽんた
26日に「幸子の庭」の話題をありがとうございました。
季節風大会の準備に追われ、ついうっかりこちらを見のがしていました。お許しください。
ひでじいさまのお散歩コースの生垣でしょうか。いいですね。
江戸時代は日本のどこにもブロック塀はなく、手作りの生垣ばかりだったと思います。
そんな生活風景はいいなあと思います。
しかし、そうするとひでじいさまが、壁を壊す楽しみを奪われてしまいます。
うまくいかないものです。
みなさま、これからは『戸越少年記』も、どうかよろしくお願いいたします。
投稿者:絵本の河
中野中央図書館の「作家・阪田寛夫」の展示には、小峰書店さんの本が多くならんでいました。秀雄さんの作品も小峰書店さんから出されているので、つい親近感を覚えてしまう出版社となりました。「11日ちょこっと飲みましょう」の書き込みが気になります。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ