創作日誌

通りすがりの釣り人か
はたまた児童文学作家か?
ひでじぃ渾身の随筆(笑)気まぐれ更新

 

カレンダー

2022年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

QRコード

過去ログ

記事カテゴリ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ワカナ
追伸です
風馬さまに、「喜びも苦しみも共有するのが仲間です」という素敵な言葉をいただき、ようやくこちらにおじゃましました。風馬さま、ありがとうございました!(ばらしてごめんなさい。だって、嬉しかったんだもん!)
投稿者:ワカナ
hideoさま
やっと、こちらにおじゃまする精神状態になりましたσ(^_^;)アセアセ...。掲載の喜びのあまり宇宙まで飛んでって、そのあとズシーンと「どうしよう、あの作品が・・」と恥ずかしさのあまり地下までもぐって・・。その繰り返しでとても忙しかったです(笑)hideoさまの「投稿しましょうコール」がなければ書き上げる力はなかったと思います。本当に本当にありがとうございました。hideoさまの作品にまたお目にかかれるのが、とても嬉しいです。貧乏物語?どんなお話でしょうか。
楽しみにして春号、待っています!
敦子さまのグ○ムのお作品、拝読しました。とっても素敵です。是非是非のんのさまとご一緒に!
のんのさま、はじめまして。
すみません、HNの怖いところで、どなたかわからず、もし失礼なことを・・・。と気にしてご挨拶できずにおりました。(hideoさまを師匠とお呼びするすごいお方なのであろう・・と)のんのさま、敦子さま、四月の季節風、掲載させていただけるようになりました。私のものすごーく未熟な作品ですが、子どもたちへの応援の気持ちだけは入っているはず(?)なので、お時間ありましたら、どうかよろしくおねがいいたします。

長々、失礼いたしましたペコリ(o_ _)o))
投稿者:hideo
のんのさま
昨日はごくろうさまでした。やっぱりぼけていまして、頼んでおいてよかったです。「なまくら」は「月夜のバス」なんかよりはるかに名作です。うれしいことあまり……いってください。敦子さまの受賞は私も知っておりましたが、もし間違っていたらと思いいえずじまいでした。秋田っていいとこですよね。稲庭うどんを食いにいったことがあります。でもまだ、グリムの里にはいってないのです。7月頃、会で行きますか、敦子さまに会いに。
敦子さま
ヤマメ一匹をうらやましがってくださってありがとうございます。秋田では解禁は四月ですか、待ち遠しいですね。フライフィッシングは難しいのでしょう。私はいちばん楽な餌釣りです。しかもこの間は、車を停めた五メートル前くらいで、ウエダ―もはかず、ふつうのブーツでやっていました。一平になんかしれると、そんないい加減な釣りは止めろといわれそうです。すごくいい加減な釣りをしています。そうそう、一平の名作も読んでくださいね。私のバイブルです。四月の季節風にも私の作品が載ることになりました。たまには貧乏物語もいいかもしれませんよ。あとで、敦子さまの作品をのんのさまと探して読むことにします。すぐまたお会いできますように。
投稿者:敦子
ひでじぃさま。
ほんっとに、失礼をばいたしました。
今日一日、「ああ、あたしって、なんて奴なんだろ、
バカバカ」って、うつむいてました。
落ち込むと、昔の日記を読むことにしています。
「あ…こんだけ失敗繰り返しても今元気でいる自分っ
て」と、自分のアホさ加減をあらためて認識し、皆々
様の懐の深さに感謝し、やっと元気が出てきました。
また、たびたびこのような阿呆をやるかもしれませ
ん。
おわびは、「ヤマメ○尾釣った」の釣果報告くらいしか
できませぬが、お許しください。

でも、ひでじぃさま、解禁日にしっかりヤマメを釣ら
れたんですね!
うらやましいですぅ。ヤマメちゃんのあのなまめかし
さが、目の前にちらついて。
うちのほうは、成魚放流はないので、解禁日に釣る
(しかもドライフライ)のは至難の業。
四月の声を聞かないと今年の一尾は無理かもしれませ
ん。
ひでじぃさま、私のぶんまで、たくさん釣ってくださ
いませ。

のんのさま。
ええっ、あのグ○○の館のお近くにお住まいなんです
か!
住宅地の中にそびえたつ西洋館。
近くにお墓なんかもあって、不思議な場所でした。
雪の秋田から行ったものだから、突然の春にとまどっ
たり喜んだり。
私はまだ、児童書の「定番」さえ読破しきれていない
未熟者です。
これからいっぱい読んで書いていたしますので、のん
のさま、よろしくお願いいたします。

投稿者:のんの
敦子様
はじめまして。
私の中のジグソーパズルが、ぴたっ!
以前どなたかが敦子さん、ある賞をとられた方ですって書いてらしたでしょう?
それはグ○○童話賞だったりして?
1月か2月の朝日新聞栃木版で読みました。
姪と同じ名前なので、記憶に残っています。
その方(?)もお医者さんでした。
勘違いでは定評のあるわたくしですから、ぜ〜んぜ〜ん違っていたりして・・・。
そのときは笑って許してください。
ちなみにグ○○の館、家から車で15分くらいのところです。

師匠、「なまくら」読みました。
師匠の「月夜のバス」と同じくらいよかったです。たくさんの中学生・高校生に読んで欲しい本ですね。
私は「どろん」が一番好きです。

投稿者:hideo
敦子様
「ゴミ屋敷」読んで下さってありがとうございました。なるほど釣竿は出てきません。ところで昨日が解禁で、早起きして行きました。ところが現地は雪、体力の限界もあって、一匹のヤマメ、一時間半で帰ってきてしまいました。でも、久々のヤマメの感触最高でした。一匹だと、最上一平に笑われそうなので、内緒にして置いてください。そうそう、次の季節風にも作品が載ることになりました。もう三十数作目、誰も敗れない記録になりました。四月に届けられると思いますので、読んでみてください。解禁頑張って下さい。
投稿者:敦子
ご、ごめんなさい。またやってしまいました。
「釣竿」っていうのは、風馬さんのお話でした。
そのままひきずってました。
私の頭の中が、すでにゴミ屋敷でした。申し訳ありま
せん。
「ぼくの家はゴミ屋敷!?」は、いま、小児科外来に
あります。
子どもたちが手にとってくれるとうれしいな。
投稿者:敦子
季節風のお仕事、お忙しいことと思います。
解禁も迫ってきました。が、はやる心を抑えて、つい
にご本を読むことができました。
ひでじぃさまの「ぼくの家はゴミ屋敷!?」。
主人公が「釣竿」欲しくてというところで落ちまし
た。
高いところから遠くを見渡した場面、よかったです。
木登りが好きなので、なおのこと。
読んで自分の机のまわりを見回す子、多いんじゃない
かなぁ。
(私も見回して、はっと我に返りました)
うちの息子たちが小さい頃、こんなご本があったら
なぁ。
「季節風」の「ねえやん」は、せつないお話でした。
「ねえやん」みたいな子、子どもの頃の友だちにいま
した。
北朝鮮の方で、つましすぎる暮らしをして。
うちも貧乏だったけど、彼女を見ると、自分は甘いと
思いました。
いろんなお話を書かれるひでじぃさま。
また季節風で、ひでじぃさまのお話が読めるのをたの
しみにしています。
「定期購読ありがとうございます」の直筆を、サイン
がわりに「ぼくの家はゴミ屋敷!?」にはりつけてし
まいました、ごめんなさい。

http://child.cside5.com/blog/
投稿者:hideo
内田麟太郎さま
一冊いただけるんですか。うれしいです。あのサインに出会えるのが楽しみです。私のところに何冊あっても大事にします。サイン本を持って、小学校に読み聞かせに行きます。サインを自慢してきます。
昨日は前夜に飲んだピップ内服液のせいで眠れず、徹夜状態をやってしまいました。翌日は頭朦朧、やっと生原稿三作読めた状態。いけないのは日頃の運動不足に尽きます。麟太郎さん、運動だけは続けてください。変調をきたします。気をつけて、ずっと書き続けてください。
投稿者:内田麟太郎
はやはや。もう齢だと書いてあったからびっくりしたら、まだ五十代じゃないですか。でも健康第一。作品第五。女性‥‥はにほへと。のんびり待っています。「おでんさむらい」一冊贈呈します。二冊は買わないでください。今日やっと狂言「蝸牛」の初稿を起こしました。強盗的力でやりました。古典にこてんと転がされたら狂言にもなりません。それでは、また会う日まで。バイ、バイー


http://www.max.hi-ho.ne.jp/rintaro/home.htm
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ